曹鑑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

曹 鑒(そう かん、生年不詳 - 225年)は、中国三国時代の皇族。字は不明。父は曹丕(文帝)。母は朱淑媛。

黄初6年(225年)、東武陽王に封じられた。しかし、同年の内に子が無いまま死去した。

青龍3年(235年)、諡号を与えられた。