曹昂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

曹 昂(そう こう、? - 197年)は、中国後漢末期の武将。子脩曹昻とも表記される。父は曹操。同母弟は曹鑠。同母姉妹は清河長公主夏侯楙夫人)。異母弟は曹丕曹沖曹均ら。

生涯[編集]

生母の劉夫人が早くに亡くなったため、劉夫人の次に曹操の正室となった丁夫人に育てられた。20歳で孝廉に推挙された。

197年、曹操は張繍の降伏を受け容れたが、その際に張繍の叔父である張済の未亡人と密通した。これを知った張繍が激怒したため、曹操は密かに張繍殺害計画を立てた。しかし、それに気づいた張繍は先手を打って、にいた曹操に奇襲をかけてきた。襲撃された曹昂は父を無事に逃すため、自らの馬を差し出した(『三国志』魏書武帝紀注『世語』)。このため曹操は無事に逃れる事ができたといわれる。一方の曹昂は張繍軍の攻撃を受け、曹安民典韋らとともに戦死してしまった。

曹昂の死を知った丁氏(丁夫人)はこれを恨み、自ら離別して実家に戻った。曹操が丁氏に対し深く謝罪したが、丁氏は二度と曹操の下へ戻ろうとしなかった。

王朝成立後、豊の悼公とされた。

三国志』の注に引く『魏略』によれば、弟の曹丕(文帝)は即位後に「兄の子脩(曹昂)が生きていても限界があっただろうが、(天才的な才能の持ち主だったと言われる)弟の倉舒(曹沖)が生きていたなら、わしは主となって天下を治められなかっただろう」と語ったという。

後に豊の悼王、豊の愍王と諡を改められた。子がなかったので、甥の曹琬(曹均の子)がその後を継いだ。