曹鑠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

曹 鑠(そう しゃく、生没年不詳)は、後漢末期の人。字は不明。曹操の第二子(次男)。生母は早世した劉夫人曹昂は同母兄で、末妹に清河長公主夏侯楙夫人)がいる。また、曹丕曹彰曹植曹熊曹彪曹沖曹林曹據曹宇曹袞らは異母弟に当たる。

母が若死したために兄と妹と共に嫡母の丁夫人に養育されたと思われる。 だが、彼は病弱のため正史には殆ど登場しない。結局20歳前後で若死したという。 なお、彼の没年が長兄の曹昂の戦死より前なのか後なのかは一切は全く不明である。 ただ、197年に継母の卞氏(曹丕らの生母)が父・曹操の正室に昇格したところを見ると、それ以前に亡くなったと思われる。

229年に甥の明帝・曹叡から相王に追封され、「」のが贈られ、相殤王と呼ばれる。翌230年に曹鑠の子の曹潜(相愍王)が相王となるが、233年に亡くなり、その子の曹偃が跡を継ぐが236年に没した。だが曹偃には嗣子が無く、曹鑠の家系はついに断絶して、相(おそらく付近の地方)は魏の直轄地に編入された。