曹礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

曹 礼(そう れい、? - 229年)は、中国三国時代の人物。の皇族。父は曹丕(文帝)。母は徐姫。

黄初2年(221年)、秦公に封じられ、京兆郡を領国とした。翌3年(222年)、領国はそのままで、京兆王に改められた。

三国志』明帝紀注引『魏略』によると、曹丕は郭皇后に養育されるのを喜ばない曹叡に替えて、曹礼を後継ぎにしようと考えたという。

同6年(225年)、元城王に改封された。

太和3年(229年)(『三国志』明帝紀によると夏4月)、死去。元城哀王とされた。

同5年(231年)、曹叡(明帝)の命を受け、曹悌(曹楷の子)が跡を継いだ。