秦宓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秦宓
成都武侯祠の秦宓塑像
蜀漢
大司農
出生 生年不詳
益州広漢郡綿竹県
死去 建興4年(226年
拼音 Qín Mì
子勅
主君 劉備劉禅
テンプレートを表示

秦 宓(しん ひつ、? - 226年)は、中国後漢末期から三国時代の学者・政治家。子勅益州広漢郡綿竹県の人。

生涯[編集]

若い頃から文才や弁論に優れており、州や郡からたびたび招聘されたが、病と称して出仕することはなかった。劉焉の招聘を受けた際にも辞退したものの、湯王伊尹何武と襲勝・襲舎の故事を引いて同郷の任安を推薦している。後年、諸葛亮が任安の優れた点を秦宓に尋ねると、「人の善事を記憶し、過失を忘れるところです」と答えた。

劉璋の時代にも、同郷の治中従事王商からの出仕の誘いを断っている。

劉備が益州を平定したのち、広漢太守の夏侯纂は秦宓を五官掾・師友祭酒に任命して仲父と呼んだが、秦宓は病と称して出仕しなかった。夏侯纂は功曹の古朴・主簿の王普を伴い、食膳を持ち運んで秦宓の邸を訪れ語り合ったが、秦宓が自邸から出ることはなかった。夏侯纂は秦宓を招聘しようと三度その邸宅を訪れたという(『太平寰宇記』巻七十三が引く『益州記』)。

その後、劉備に召し出されて従事祭酒となった。劉備が関羽の敵討ちのためを攻めようとした際に諌言し、一時投獄されている。

224年、諸葛亮が益州になったとき、秦宓を抜擢して別駕とし、続いて左中郎将・長水校尉とした。また、の使者として張温がやって来たときに彼と弁論したが、張温は秦宓の博識ぶりを賞賛している。大司農まで昇ったが、226年に死去した。

陳寿は秦宓について「世俗から離れることを良しとしながら、愚人のふりをして世を避けようとはしなかった。しかし、受け答えには余裕があり文章は壮麗であった。一代の才士と言えよう」と評している。

人物[編集]

同郷の彭羕は傲慢な性格で他人を軽侮することが多かったが、秦宓だけは敬っていたという。

王商が荘遵(字は君平)と李弘のために祠を立てたとき、秦宓は手紙を送って司馬相如も祀るように要請した。

五帝の系譜、また皇・帝・王・覇について語り、その論は非常に筋道立っていた。譙周は若い頃に何度も秦宓を訪ねて質問し、その言葉を『春秋然否論』の中に記録している。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』では、劉璋配下として登場する。劉璋が劉備を益州に迎えようとした際は反対した。劉備軍の簡雍が降伏勧告に来たときには、簡雍が取った傲慢な態度を一喝している。