任安 (後漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

任安(じん あん、124年 - 202年)は、中国後漢末期の学者。字は定祖。益州広漢綿竹県の人。『書(正史三国志)』秦宓伝・『後漢書』儒林伝に記述がある。

太学において儒学を修める一方、同郷の在野の学者であった楊厚に師事し図識(としん、天文による予知のこと)を学びこれを究めたという。郡や州の役人を務めたこともあるが長続きせず下野し、さらに朝廷から車を差し向けられた上で仕官を呼びかけられたものの、これも拒絶した。

同郷の学者であった秦宓と親交があり、秦宓は劉焉に働きかけ任安を朝廷に再び推挙させたが、このときは戦乱のために召命が下されなかった。

その後、秦宓は劉備に仕えるようになってから、諸葛亮に対し任安の長所を語っている。 任安と同門の学者に董扶周舒がおり、弟子には杜微杜瓊何宗がいた。