周舒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

周 舒(しゅう じょ、生没年不詳)は、後漢末期の人物。叔布(しゅくふ)。子は周羣巴西郡閬中県(四川省閬中市)の人。

経歴[編集]

蜀書』杜周杜許孟来尹李譙郤伝 - 「周羣伝」には、

「若いころ、広漢の楊厚図讖の術を学び、董扶任安に次ぐ名声を博した。」

とある。

また、「春秋讖」における「漢に代わるものは当塗高(とうとこう)」。との表現の意味を聞かれ、「当塗高とはである。」と答えたと言われる。

参考文献[編集]

「正史 三国志 5 蜀書」 (陳寿 著、裴松之 注、井波律子 訳) ちくま学芸文庫 ISBN 4-480-08045-7