杜微

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杜 微(と び、生没年不詳)は、中国後漢時代末期から三国時代にかけての政治家。字を国輔益州梓潼郡涪県(四川省綿陽市)の人。劉璋劉備に仕えた。

出来事 (年代順)[編集]

  • 若い頃、広漢郡の任安から学問を習う。
  • 劉璋が召し出し従事とするが、病気のため官を去る。
  • 劉備が益州を平定すると、聾(つんぼ)と称し、門を鎖し表へ出なかった。
  • 建興2年(224年)、蜀漢に出仕し、主簿となり、諌議大夫に任命された。

参考書籍[編集]