徐盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

徐 盛(じょ せい、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代にかけての武将に仕えた。文嚮徐州瑯邪郡の人。子は徐楷。

生涯[編集]

世が乱れると、故郷を離れ呉郡に避難し、仮住まいするようになった。度胸と義に厚いことで知られるようになったという。孫権孫策の後を継ぐと別部司馬となり、兵士5百人を預かった。柴桑県長となり、江夏黄祖の侵攻を食い止める任務を与えられた。あるとき、子の黄射が数千人を率いて長江を下り、攻撃してきたことがあったが、徐盛は二百人に満たない数でこの侵攻を食い止め、黄射を徹底的に破ったため、黄射は二度と攻めて来ないようになった。この功績により、校尉となり、蕪湖県令になった。このとき、宣城に駐屯していた蒋欽の部下を処罰しようとしたが、蒋欽の功績を重んじた孫権に拒否された。蒋欽との関係も悪化したが、後に蒋欽の指揮下に付けられた時、蒋欽が私怨に捉われない態度を示したため、徐盛は感謝し蒋欽に心服した(「蒋欽伝」)。

臨城で、山越の不服従民を征伐して功績を挙げ中郎将となり、兵士の監督と選抜の任務にあたった。

曹操軍が濡須に攻め寄せると、徐盛も孫権の指揮下で戦った。曹操軍が横江に押し寄せた時、徐盛は他の部将達と迎撃したが、そのとき蒙衝(突撃船)が強風によって流され、諸将と共に敵中に孤立してしまった。味方の誰もが、敵に取り囲まれたことを知り恐怖に震え上がったが、それに対して徐盛は自ら敵中に突撃した。絶望に捉われていた者たちも、これを見て敵に突撃をかけたため、敵は多くの損害を受け引き返した。このため、徐盛達は天候が回復した後に堂々と帰還することができた。

あるとき、朱然達と共に周泰の指揮下に付けられたことがあった。徐盛達は周泰を軽く見て命令に従おうとしなかったが、孫権が周泰の功績を強調し厚遇する態度を示したため、徐盛達も周泰の下に付くことを納得するようになった(「周泰伝」)。

215年合肥の戦いでは、曹操軍の張遼の攻勢により負傷し、一時的に将軍の旗指し物を奪われたが、賀斉に救援されたという(「賀斉伝」)。

一時的にへ臣従していた221年には、孫権が呉王の位を与えられることになったため、使者の邢貞が訪れた。邢貞が孫権に対して傲慢な態度をとったため、張昭をはじめ群臣達は皆立腹したが、徐盛は堂々と一歩進み出て「我等が過去に劉備如きを併呑できなかったがため、今は魏如きと盟約を結ぶ事となってしまった。このような恥なことは無い」と言い放ち、号泣した。これを聞いた邢貞は甚く感服し、呉がいつまでも臣従しないであろうと随員達に語った。

徐盛は建武将軍となり、都亭侯に封じられた。さらに、廬江太守となり、臨城県を奉邑として与えられた。

蜀漢の劉備が西陵(夷陵)に攻め寄せると、陸遜達とともに迎撃の任にあたり(「陸遜伝」)、蜀軍の砦を奪取し、軍を進めるごとに手柄を立てた。永安に逃れた劉備を捕らえるために、潘璋宋謙達と挙って上奏したが、孫権は陸遜達の曹丕に備えるべきとする意見を取り上げた(「陸遜伝」)。

魏の曹休が洞口に攻め寄せると、呂範全琮とともに長江を渡って迎撃しようとしたが、暴風雨により多くの船や人員を失った。しかし結果的には残兵をかき集めて、寡兵で曹休の攻撃を防ぎきった。安東将軍・蕪湖侯となった。

224年、曹丕が自ら大軍を率い長江沿いに南下してきた。徐盛は、兵力で大きく劣る呉軍がまともに戦っても勝算は乏しいと踏み、沿岸数百里におよぶ偽の城壁を建造しようとした。諸将は無意味だと挙って反対したが、徐盛はこれを強行して偽の陣を築いた。曹丕は広陵まで来たところで、これを見て「彼(孫権)には未だ人材が多く、攻め取るのは難しい」と判断し、撤退した。

その後、黄武年間(222年-229年)に没したという。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』では、新たに呉の国主となった孫権が広く人材を求めたとき、招かれて家臣となった人物の一人として登場する。武勇があり猛将肌の人物として描かれている。当初は周瑜の側近武将として、丁奉とペアで行動することが多く、赤壁の戦いで東南の風を祈祷で呼び寄せた諸葛亮を殺す命令を受けるが失敗し、さらに孫夫人を連れて逃亡しようとする劉備を丁奉とともに抑留しようとするが、孫夫人に一喝されて取り逃がし、蒋欽や周泰から叱責されている。周瑜の死後も部将の一人として各場面で登場し、曹操との戦いで孫権が窮地に追い込まれたときは、孫権とともに敵中に取り残されるが、周泰の決死の働きで救われている。

正史にある、孫権が呉王に封じられた場面での言動や、曹丕を欺いた偽城のことは『演義』にも描かれており、これが徐盛の存在を際立たせている。曹丕との戦いは、正史における224年・225年の二度の広陵戦がモデルとなっている。孫権は陸遜を総大将にして迎撃しようとするが、荊州の守備があって駆けつけられない。そこで、徐盛が自ら志願して総大将となり、魏軍を迎え撃つこととなっている。副将として、丁奉の他に孫韶を付けられるが、孫韶が何度も意見を異にして命令にも逆らったため、やむなく処刑しようとする。孫権が割って入り孫韶は処刑を免れたものの、孫韶は反省を示すことなく、まもなく徐盛に無断で魏軍に奇襲をかけている。しかし、徐盛は丁奉に命じて孫韶を援助させるとともに、正史同様の偽城計を成功させ、魏軍を撤退させることになっている。さらに撤退する魏軍を孫韶や丁奉が奇襲し、徐盛も追撃をかけ大打撃を与え、最後は葦の生い茂った箇所を、魏の大船団が通過しようとしたところを火攻めにし、20万の大軍を粉砕している。因みにこの戦において魏軍が受けた被害は、赤壁の戦いに匹敵するものとして描かれている。