黄祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黄 祖(こう そ、? - 208年)は、中国後漢末期の武将。孫一族と長き抗争を続けた。子は黄射

生涯[編集]

劉表配下の大将。江夏太守であるが、任命時期は記録がない。

191年、袁術の命令で荊州に侵攻してきた孫堅を迎撃し、部下の呂公が孫堅を射殺した(襄陽の戦い)。

息子が連れて来た禰衡を最初は厚遇していたが、後に禰衡が傲慢になって黄祖を馬鹿にするようになったため、黄祖は怒って彼を殺害した。

199年孫策と交戦した劉勲の救援要請に応じ、黄射に水軍五千を与えて派遣したが、劉勲が兵を捨てて曹操に帰順したので、黄射は帰還した。劉勲の兵を吸収した孫策が夏口に進軍すると、劉表は劉虎韓晞ら五千を援軍に派遣したが、周瑜らの攻撃の前に大敗し、黄祖は身一つで逃亡した。

203年孫権に敗北して撤退した際、食客の甘寧凌操を射殺した。しかし黄祖は甘寧を軽視しており、都督蘇飛の計らいにより、甘寧は孫権に亡命した。

また、孫氏とのある戦いで徐琨を戦死させている。

208年、再び孫権が来襲し、先鋒凌統の猛攻によって江夏城は陥落した。黄祖配下の水軍都督陳就呂蒙に斬首され、陳就の死を知った黄祖は身一つで逃亡したが、孫権配下の騎兵である馮則に討ち取られて、その首級を挙げられた。

小説『三国志演義』では、部下だった甘寧に斬られたことにされている。

関連人物[編集]