凌操

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

凌 操(りょう そう、? - 203年)は、中国後漢末の武将、孫策孫権に仕えた。凌統の父。字は不明。呉郡余杭(浙江省杭州市余杭区)の人。

生涯[編集]

男伊達に富んで、剛毅果断な人物であり、武勇に秀でていたという。孫策が兵を興すと自身もそれに従い、常に孫策軍の先鋒を任された。

永平県の県長を務め、南の山越討伐などの功績により破賊校尉に昇進した。200年、亡くなった孫策の後を継いだ孫権に仕える。そして203年、孫権が黄祖討伐の軍を起こした際も先鋒を務めて活躍したが、当時黄祖の配下であった甘寧に迎え撃たれ、矢で射殺された(『呉書』甘寧伝)。また凌操は射殺ではなく、流れ矢に当たって戦死したという説もある(『呉書』凌統伝)。