襄公 (晋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

襄公(じょうこう、? - 紀元前621年8月15日)は、中国春秋時代の君主(在位:紀元前628年 - 紀元前621年)。(歓とも呼ばれる)。春秋五覇の一人に挙げられる第22代文公の子。

概要[編集]

即位後間もない紀元前627年、正卿先軫の献策で殽の戦い(zh)が起こった。孟明視(zh)率いる軍が攻め込んできたが、果敢な襄公は白い喪服を墨で黒く染めて出陣し、殽の地でこれを打ち破った。喪服を染めた理由はよく分からないが、父の喪中で喪服を脱ぐわけには行かないが、白い喪服のまま出陣するのは不吉であると思って黒く染めたものと思われる[1]。孟明視、西乞術(zh)、白乙丙(zh)という敵方三将を捕虜として捉えたが、母の諫言に従って逃がしたところ、先軫は大いに怒った。この戦いが秦晋の戦争の始まりであったと同時に、後の三晋(zh)の遠因ともなった。

紀元前626年彭衙の戦い

紀元前624年王官の戦い

紀元前623年新城の戦い

紀元前622年、晋大夫趙衰狐偃欒枝(zh)らが死んだ。

紀元前621年、即位後7年で没した。趙盾狐射姑との権力闘争に勝利し、正卿(摂政)となった。

脚注[編集]

  1. ^ 喪服に黒服を着る習慣はここから発生したという話があるが、俗説であり信用にたりない。その後も長きにわたって、中国や日本では喪服は白であり、それが黒になるのは近代以降である。