春秋五覇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

春秋五覇(しゅんじゅうごは)は、中国春秋時代王朝に代わって天下の事を取り仕切った覇者を5人挙げたものである。たんに五覇(ごは)ともいう。

誰を以て五覇とするかは文献によって違いがある。

覇者として認められる条件は

  • 他国を圧倒する強大な国力を持つ。
  • 諸侯を召集して会盟の会頭を務め、天下の事を取り決める。
  • 小国を守り、滅ぼされた国の復興などをする。
  • 夷狄を討ち、中原諸国の安寧に貢献する。

などがある。

五覇とされる人物[編集]

「五覇」という言葉は、『孟子』告子下に見えるが、孟子は桓公以外の具体的な名前をあげていない。後漢趙岐注では

の5人を挙げている。応劭風俗通義』五伯篇[1]、『史記』十二諸侯年表につけられた司馬貞史記索隠』も同様である[2]

これに対して、『荀子』王覇篇では、秦の穆公・宋の襄公がなく、それにかえて

の2人をあげている[3]

他の書物も大体この7人のうちから5人を挙げている。ただし、『漢書』諸王侯表につけられた顔師古注は闔閭ではなく夫差を含めている[4]

全祖望は以上の説を非とし、斉の桓公以外はすべて晋の人物であるとして、文公・襄公景公悼公を覇者とした[5]

斉の桓公と晋の文公は必ず入るので春秋五覇の代表として斉桓晋文と言う。 春秋五覇の組合せは以下のようになる。○は五覇に含まれる人、×は含まれない人を示す。

春秋五覇の組合せ
覇者 史記索隠 荀子』王覇 白虎通』号篇 [6] 四子講徳論[7] 漢書』注 全祖望 辞通
荘公 × × × × × ×
桓公
穆公 × ×
襄公 × × × × ×
文公
襄公 × × × × × ×
景公 × × × × × ×
悼公 × × × × × ×
荘王 × ×
闔閭 × × × × ×
夫差 × × × × × ×
勾践 × × × × ×

春秋時代以外の五覇[編集]

春秋時代だけでなく、夏・殷・周全体で覇者を五人とすることもある。『春秋左氏伝』成公2年「五伯之覇也」に対して杜預は「夏伯昆吾、商伯大彭・豕韋、周伯斉桓・晋文。」と言っている。この五覇は『白虎通』や『風俗通』にも見える。

脚注[編集]

  1. ^ 『風俗通義』五伯「春秋説、斉桓・晋文・秦繆・宋襄・楚荘、是五伯也。」
  2. ^ 『史記』十二諸侯年表「以討伐為会盟主、政由五伯。」の索隠に「伯音覇。五覇者、斉桓公・晋文公・秦穆公・宋襄公・楚荘王也。」という
  3. ^ 『荀子』王覇「雖在僻陋之国、威動天下、五伯是也。(中略)故斉桓・晋文・楚荘・呉闔閭・越勾踐、是皆僻陋之国也、威動天下、彊殆中国、無它故焉、略信也。」
  4. ^ 『漢書』諸侯王表「衰則五伯扶其弱、与共守。」注「師古曰:伯読曰覇。此五覇謂斉桓・宋襄・晋文・秦穆・呉夫差也。」
  5. ^ 「春秋五覇失実論」『鮚崎亭集外編』巻19。
  6. ^ 『白虎通』号「或曰、五覇謂斉桓公・晋文公・秦繆公・楚荘王・呉王闔閭也。覇者伯也。行方伯之職、会諸侯、朝天子、不失人臣之義。」なお、これはさまざまな説をあげたうちのひとつである
  7. ^ 『文選』巻51・王褒「四子講徳論」に「三代以上、皆有師傅。五伯以下、各自取友。斉桓有管鮑隰寗、九合諸侯、一匡天下。晋文公有咎犯趙衰、取威定覇、以尊天子。秦穆有王由五羖、攘卻西戎、始開帝緒。楚荘有叔孫子反、兼定江淮、威震諸夏。勾踐有種蠡渫庸、剋滅彊呉、雪会稽之恥。」とある

外部リンク[編集]