顔師古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

顔 師古(がん しこ、581年 - 645年)は、中国・初の学者。、師古はである。本貫琅邪郡臨沂県

経歴・業績[編集]

顔師古は、『顔氏家訓』の著者として有名な顔之推の嫡孫である。もともとは諸葛亮と同じ土地を本籍地としていたが、顔之推の9世祖の顔含の時より江南にわたり、東晋の首都健康で暮らしたが、顔之推のとき、北朝に連れ去られて万年県(現在の陝西省西安市)に移住した。 学家に育ったため、師古も学識は広く、文辞にもすぐれていた。とりわけ、経典解釈に対して深く研鑽した。仁寿年間(601年 - 604年)に、安養県(現在の湖北省襄陽市穀城県)の県尉となったが、辞して都の長安に戻り、学究として10年を過ごした。

唐が建国される(618年)と仕官し、中書舎人などを歴任した。彼のものした詔勅文は、当代随一と賞された。太宗が即位する(626年)と、中書侍郎に就任し、琅邪県男に封ぜられた。630年貞観4年)、太宗の命により、五経の考定を行い、3年後に定本を上呈した。633年(貞観7年)、天下に頒布された。その後は、国家の渡渉を管理する秘書省の次官である秘書少監の任に就き、諸本を校勘した。

637年(貞観11年)、魏徴房玄齢等と共に五礼の撰定に与かり、『大唐儀礼』100巻を撰した。638年(貞観12年)、太宗は孔穎達らの学者たちに命じて、五経の解釈の統一と、その注釈の作成を命じた。642年(貞観16年)に完成し、五経正義と名づけられた。180巻。

このほか、顔師古は単著として、『匡謬正俗』や『急就篇』の注もある。しかし、顔師古の名を後世に残したのは皇太子の承乾の命により、『漢書』100巻の注釈を作成して、貞観15年に完成させたことにある。完成は、641年(貞観15年)である。最後は、秘書監・弘文館学士のままこの世を去った。 顔師古の『漢書』注の特徴の第一は、顔氏の家学の継承にある。祖父の顔之推が著した『顔氏家訓』の勉学篇と書証篇には『漢書』への言及があり、10か所の顔師古中に反映している。また、叔父の顔遊秦は『漢書決疑』12巻を著したが、『旧唐書』の顔師古伝は、顔師古の『漢書』注が多く『漢書決疑』に依拠していると明記する。 第2の特徴は漢魏の旧注の行っていた訓詁の学(文字の音と意味を解釈する学)を高く評価する点にある。[1]

筆跡[編集]

等慈寺碑[編集]

『等慈寺碑』(とうじじひ)は、637年から641年(貞観11年から15年)の間に書かれた。等慈寺は629年(貞観3年)、太宗の詔によって戦没将士の菩提を弔うために建てられたもので、河南省汜水県にある。碑高245cm、幅117cmの碑は、はじめ寺内にあったが、近年、壊されて残石となり、現在は鄭州市博物館にある。碑額は篆書陽文で、「大唐皇帝等慈寺之碑」と3行に刻され、本文は楷書32行、各行65字である。撰文も書も顔師古で、祖父の顔之推以来、学芸をもって北朝に歴任した家柄だけに、彼の書も鋭く力強く、北魏の書風を受け継いでいる。

伝記資料[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 渡邉義浩『はじめて学ぶ中国思想 思想家たちとの対話』ミネルヴァ書房(原著2018年4月20日)、初版、147頁。ISBN 9784623081066