西周公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西周公(せいしゅうこう)は、戦国時代に現れたの諸侯。

紀元前440年、周の考王が弟の姫掲(桓公)を河南(王城)に封じたことにはじまる。これが西周である。紀元前367年東周(鞏)が成立すると、周王の領土(成周)も含めて周は3分されることとなって、周の弱体化はますます進んだ。紀元前256年の攻撃を受けて、西周の文公は降伏し、西周は滅んだ。

歴代君主[編集]

  1. 桓公(掲)
  2. 威公(竈)
  3. 恵公(朝)
  4. 武公
  5. 文公(咎)

参考文献[編集]