文公 (西周)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

文公(ぶんこう、生没年不詳)は、中国戦国時代周朝西周五代目にして最後の君主。姓は、名は[1]。父は西周の武公。

経歴[編集]

紀元前256年、東方各国と合従して対の軍を出そうとするも、失敗。侵攻してきた楊摎の率いる秦軍に降伏して文公は秦に赴き、謝罪した上領土を献上した。この為、周王室最後の王赧王は秦の保護下に入ったものの同年崩御し、程なく文公も死去した。文公が死去すると西周の民は堰を切ったように東周に逃散し、秦は九鼎と周王室の宝物を接収し、文公の子を移した。こうして、秦が王畿を占拠したことで、西周と周王室本家は滅亡することとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 史記 周本紀 戦国策 東周策に公子咎と記載