閼与の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

閼与の戦い(あつよのたたかい)は、中国戦国時代紀元前269年との間で行われた戦い。

紀元前269年、秦はを討とうとして、公孫胡昜に軍を率いさせて、閼与(現在の山西省晋中市和順県)に布陣した。趙王は廉頗楽乗に韓を救援してやるべきかと質問したが両者とも「道が険しくて難しい」と言った[1]。王は趙奢を呼んで訪ねた。趙奢は「道は険しいが、例えて言えば二匹のネズミが穴の中で戦うようなもの。将の勇敢なほうが勝つでしょう」と言った。趙王は趙奢を指揮官として救援に向かわせた。

趙奢は邯鄲から30里の地に塁壁を築いて進軍を止めた[2]。秦軍は武安の西に陣を敷いて趙軍を待ち構えた。ある日、趙軍の陣にスパイが入り込んだが、趙奢はスパイをもてなして帰してやった。趙軍は塁壁を築いていて進軍を止めている、というスパイの報告を聞いた秦の将軍は大いに喜んだ。趙奢はスパイを帰らせた後、軍勢を急行させ、閼与から五十里離れた所に陣地を築いた。これを聞いた秦軍は全兵力を趙軍に向けてきた。趙奢は許歴の意見を聞き入れ、厚い陣形をしいて、1万人を北の山上に登らせた。秦軍は遅れてやってきて、山を奪取しようとしたが登ることができなかった。趙奢は待機していた軍勢を繰り出して秦軍を大破した。

秦軍に勝利した趙奢は趙王から馬服君の称号を賜わり、許歴は国尉の称号を得た。

脚注[編集]

  1. ^ 史記
  2. ^ 史記

参考文献[編集]

史記〈上〉春秋戦国篇 (朝日選書): 田中 謙二, 一海 知義