穆侯 (晋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
穆侯 姫費王
王朝
在位期間 紀元前812年 - 紀元前785年
都城
姓・諱 姫費王
姫弗生
姫㵒生
諡号 穆侯
没年 紀元前785年
献侯
后妃 斉女姜氏

穆侯(ぼくこう、生年不詳 - 紀元前785年)は、中国西周時代のの君主。姓は姫、名は費王[1]北趙晋侯墓地64号墓出土銘文の「晋侯邦父」に相当する人物と推測されている[2]

生涯[編集]

晋の献侯の子として生まれた。紀元前812年、献侯が死去すると、後を嗣いで穆侯が晋侯として即位した。紀元前808年、斉の公女を迎えて夫人とした。紀元前805年、条を攻撃した。太子仇が生まれた。紀元前802年、千畝を攻撃して戦果を挙げた。末子が生まれ、名を成師といった。晋人の師服は穆侯のふたりの息子の命名を不吉なものとみなし、禍乱を予言した。紀元前785年、穆侯は死去し、弟の殤叔が晋侯として即位した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 史記』晋世家による。同書十二諸侯年表は名を弗生とする。『史記索隠』晋世家所引鄒誕本は、名を弗生、あるいは㵒王とする。
  2. ^ 徐天進「晋侯墓地的発現与研究現状」
  3. ^ 史記』晋世家
先代:
献侯
君主
前812年 - 前785年
次代:
殤叔