趙衰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

趙 衰(ちょう し、? - 紀元前622年)は、中国春秋時代の政治家。子余趙成子とも呼ばれる。趙共孟の子。大夫であった趙夙中国語版の弟で、戦国七雄の祖。[1]

生涯[編集]

出奔[編集]

献公の公子のうち、占いで吉と出た重耳(後の文公)に仕えた。

紀元前653年驪姫の乱の策謀を避けて出奔した重耳に従い、その後19年にわたって諸国を放浪した。での亡命生活中に叔隗(重耳の妾となった季隗の姉)を妻とした。叔隗は後の趙の礎を築く趙盾を生んだ。

紀元前645年、晋で重耳の弟である恵公が即位した。恵公が声名のある重耳の帰国を恐れて刺客を送ってきたため、重耳とともにへ逃れた。

放浪[編集]

斉に向かう途中、を通過したが、衛の文公は歓迎しなかった。一行は食料が尽きてしまい、地元の農民に乞うた。これに対して、農民は器に土に盛って出した。重耳は激怒したが、趙衰が「土を得たということは、この土地を得るということです。拝して受けましょう」と言ったので、その通りにした[2]

放浪中の紀元前637年、重耳が成王に招かれたとき、成王は重耳の器量を認めて、自分と対等の者に対するをもってもてなした。重耳は典礼にはよく通じていなかったが、趙衰が側に付き添い、細かく指導したので恥をかかなかった。

同年、穆公が、重耳を迎え入れた。

帰国[編集]

紀元前636年、ようやく帰国した重耳は晋君として即位し、文公となった。趙衰は文公の娘の趙姫を娶り、新たに趙同趙括趙嬰斉の3人の子を儲けた。当然、趙姫が正妻となるはずであったが、趙姫自身の願いで、叔隗が正妻、趙盾が嫡子となった。

その後も文公の覇業を助け、紀元前635年、晋が襄王より原の地を賜った際には、その伯に任じられた。紀元前629年、上軍の佐である狐毛が没すると、後任に任じられた。紀元前625年には、中軍の佐に任じられた。

紀元前622年に死去した。死後、「」とされ、趙成子と呼ばれた。子の趙盾は晋の宰相となり、のち独立する趙の礎を築いた。

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 史記』「趙世家」。季勝中国語版—孟増—衡父—造父中国語版—叔觀—趙璋—趙登—爾成—趙高—奄父—趙叔帯中国語版—趙麟—子豐—趙射—趙壯—趙夙中国語版とする。
  2. ^ 史記』「晋世家」。『左伝』ではこの発言を狐偃としている。
先代:
趙夙
氏当主
初代
次代:
趙盾