伊籍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伊籍
蜀漢
昭文将軍
出生 生年不詳
兗州山陽郡高平県
拼音 Yī Jí
機伯
主君 劉表劉備
テンプレートを表示

伊 籍(い せき、生没年不詳)は、中国後漢末期の政治家。機伯兗州山陽郡高平県(現・山東省済寧市金郷県)の人。

事績[編集]

荊州刺史劉表と同郷であり、若い頃から劉表に仕えていた。劉表の在世時から劉備に接近し[1]、劉表の死後は劉備に仕えた。

劉備の益州侵攻に随行し、益州平定後に左将軍従事中郎に任命された。これは簡雍孫乾らに次ぐ待遇であった。

に使者として赴いた際、孫権は伊籍の弁舌の才を知っていたので、逆に言い負かしてやろう考えた。伊籍が入ってきて拝礼したところで、孫権は「無道の主君に仕えて苦労しているのか?」と言った。伊籍は「一度拝礼して一度起つのを苦労とは言いません」と暗に孫権を非難した。伊籍の機智は全てこのようであったので、孫権はたいそう見事だと感心したという。

後に昭文将軍に昇進し、諸葛亮法正劉巴李厳と共に蜀の法律である蜀科を起草した。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』では、劉備の乗馬が凶馬的盧であると指摘したり、蔡瑁による劉備暗殺計画を伝えるなど、劉備に好意的な人物として描かれている。また、馬良馬謖兄弟を推挙している。

脚注[編集]

  1. ^ 劉備を殺そうとする蔡瑁から何度も劉備を救ったという。『蜀書』「先主伝」の注に引く『魏晋世語』では、蔡瑁と蒯越が共に劉備の命を狙ったという記述があるが、東晋孫盛も批判するように真偽は不明である。

参考文献[編集]