陸績

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
陸績
怀桔遗亲.JPG
陸績像
後漢
偏将軍・鬱林太守
出生 中平5年(188年
死去 建安24年(219年
交州鬱林郡
拼音 Gōng Jì
公紀
主君 孫策孫権

陸 績(りく せき、188年 - 219年)は、中国後漢末期の政治家学者武将公紀(こうき)。呉郡呉県(現在の江蘇省蘇州市)の人。陸褒の孫。陸康の子。陸儁の弟。陸遜陸尚徐夫人の前夫)の年下の従父。呉の名門である呉郡陸氏の一人。

生涯[編集]

父の陸康は後漢末期に廬江(現在の安徽省廬江県)の太守を務めていたが、寿春(現在の安徽省六安市寿県)に勢力を張った袁術への対応を迫られることとなった。六歳の時(193年)、父について袁術を訪ねに行く、食事として出された蜜柑を母親に食べさせたいと思い、隠して持ち帰ろうとし、それを知った袁術が陸績の親孝行さに感嘆したという逸話がある(二十四孝)。 一年後に陸康は袁術と対立し、袁術の部将であった孫策に攻められた。長期の攻城戦で一族の多くが死亡する被害を受け、自身も降伏した直後、その心労から病死した。この前に、陸績は呉県に帰って避難する。

陸氏の家督を継いだ。やがて食客として江東を席捲した孫策に仕えるようになった。幼少のため張昭張紘秦松といった幕僚たちの末席に位置したが、それでも孫策に堂々と意見をしたため、張昭に感心された。このとき、年上の甥である顧邵と名声を等しくし、陸遜・張敦・卜静よりも名声が勝ると評価された。

長じて、堂々たる体躯、博学多才の読書家で知識が広く、中でも天文と暦学に通じており、清廉な性格で、年長である虞翻とも堂々と交際した。200年孫権に招かれて奏曹掾となった。孫権に対しても正しいと思うことは何でも諫言したことから、孫権に畏敬された。

210年龐統が呉に周瑜の棺桶を届け喪を弔いに来た、陸績は顧邵・全琮と共に龐統と親交を結び、龐統から 『駑馬有逸足之力(走るのが速いの駄馬)』と評価された。

この後、足疾のために家督を辞退した。孫権の交州平定後、鬱林太守(現在の広西チワン族自治区)と偏将軍に遷され、2千の兵を率いる立場となった。陸績は足が不自由で学者としての仕事を望み、『渾天図』を作り『周易』『太玄』に注をつけるなど、著述活動に励んだ。

219年に33歳で死去した。自らの死ぬ日を予測し、自分で自分の辞を作った。その中で、自分の死の60年後に中国大陸が統一される事を予言していた。

天文と暦学に通じていた陸績は、孫権の命によって当時最新の暦を作った。これによって、よりも精確な暦を使用することができ、同時にこれは、魏に対する牽制ともなった(暦の作成は皇帝のみ保有する権利であったため)。

陸績には宏・叡という男子と鬱生という女がいた。陸宏会稽南部都尉陸叡は長水校尉となった。陸鬱生は陸績が鬱林へ赴任した後に生まれ、13歳で張温の弟の張白に嫁いだ。聡明な慎み深い女性で、後に張白が政争に巻き込まれて配流された後も、3カ月で亡くなり、未亡人となる。毅然と夫への貞操を守り抜き、決して再婚しようとしなかったという、夫の姉妹を育てた。孫権は彼女を称賛した。号は「義姑」(姑は、少女の汎称)。

小説『三国志演義』では、孫権の時代に集まった人材の一人として名が挙がる。赤壁の戦いでは降伏派の家臣の一人として登場し、諸葛亮が孫権を曹操と戦わせるため、説得の使者として訪れた際、多くの降伏派の群臣達と彼に論戦を挑むものの、諸葛亮に袁術の前で蜜柑を盗んだ過去をからかわれた上で論破されている。

家系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸続
 
陸褒
 
陸紆
 
陸駿
 
陸遜
 
陸延
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸抗
 
陸晏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸景
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸玄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸機
 
陸蔚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸雲
 
 
陸夏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸耽
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸瑁
 
陸喜
 
陸育
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸英
 
陸曄
 
陸諶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸嘏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸玩
 
陸始
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸納
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸康[ft 1]
 
陸儁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸績[ft 2]
 
陸宏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸叡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸凱[ft 3]
 
陸禕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸胤
 
陸式
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  1. ^ 三国志巻58に「遜少孤,隨從祖廬江太守康在官」とある。
  2. ^ 三国志巻57に「瑁從父績」とある。
  3. ^ 三国志巻61に「丞相遜族子也」とある。