張皇后 (劉禅)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

張皇后(ちょうこうごう、生没年不詳)は、三国時代の後主劉禅の2番目の皇后。父は張飛。母は夏侯覇の従妹。姉は敬哀皇后(劉禅の最初の皇后)。は伝わっていない。

生涯[編集]

200年建安5年)、張飛は薪取りをしていた夏侯覇の従妹を捕え、良家の娘と知り自分の妻にした。その後、次女として生まれる。

237年建興15年)、姉が亡くなると宮中に入って貴人に立てられ、翌238年(建興16年)に皇后となった。

263年炎興元年)に蜀が滅亡し、翌264年に劉禅が洛陽へ移送されることになると、それに随行した。いつ亡くなったかは記されていない。