曹熊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

曹 熊(そう ゆう、生没年不詳)は、の皇族。父は曹操。母は卞氏。同母兄は曹丕曹彰曹植

早世した。221年に蕭懐公、ついで229年に蕭懐王のを追贈された。234年に子の曹炳が後を継いだが、239年に死去。後継ぎがいなかったため国を除かれた。

小説『三国志演義』では、曹操の死後、曹丕から葬儀に参列しなかったことを咎められたため、罪を恐れて自殺する。 なお、いわゆる嘉靖本の「三国志宗寮」ほか、一部の『演義』版本の首巻に掲載される人物紹介において、曹熊の字が子威と設定されている例がある。その典拠は不明である。