劉放

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

劉 放(りゅう ほう、? - 250年)は、中国後漢末期から三国時代にかけての政治家の重臣。子棄涿郡の人。『魏書』に独立した伝がある。

生涯[編集]

前漢武帝の第三子である刺(らつ)王劉旦の末裔である。その直祖は刺王の玄孫である西郷侯の劉宏(劉容)で、その後裔にあたる。

郡の綱紀になり孝廉となったが、戦乱の世となると漁陽郡(河北省南部)の豪族の王松を頼った。曹操官渡の戦い袁紹に大勝し河北に進出すると、王松を説得し曹操に味方するよう説いた。丁度その時、曹操から王松へ帰順を促す手紙が届いたため、王松は曹操への帰順を決意し、劉放に手紙を書かせた。それが曹操の目にとまり、以前の王松への進言の話を聞いた曹操は劉放の才能を買い、参司空軍事に取り立てた。以後、主簿記室となり、数箇所の県令職などを務めた。

曹丕(文帝)が献帝より禅譲を受け帝位に就き、魏を建国すると、秘書郎を経て中書監(秘書郎の長官)に就き、給事令・関内侯を与えられ、孫資と共に政治の機密を担った。曹叡(明帝)の代になると、皇帝からの信任は一層強まり、散騎常侍・西郷侯を与えられた。

太和年間より遼東をめぐり魏とが敵対した際、呉を牽制するため、手に入れた孫権の文書を改変し、蜀漢諸葛亮にそれをわざと手に入れさせ、呉と蜀を離間させようとした。まもなく侍中光禄大夫に昇った。238年に、司馬懿が遼東で燕王を自称した公孫淵を討伐し、遼東の争乱が一段落すると、献策を提供した功績で孫資とともに功賞され、方城侯に封じられた。

239年に明帝が危篤状態になると、孫資と共に緊急に召し出され、皇太子で養子曹芳の後見役には誰が良いか問われた。当時、明帝はその時、曹宇曹肇夏侯献秦朗に後事を託そうとしていたが、曹宇に固辞されていた。劉放は「曹宇が固辞するのは、大任を果たせない事を自覚しているからだ」と言い、曹宇に代えて曹爽を登用すべきだと勧め、さらにその補佐として司馬懿を当たらせるよう進言した。曹肇らの反対もあり[1]、明帝の意思は二転三転したが、結局曹爽と司馬懿に後事が託され、曹宇らは免職となった。

曹芳(斉王)が即位すると、劉放は三百戸の加増を受け、千百戸の所領を持つようになり、子たちも爵位や官位を与えられた。240年に光禄大夫となり、金印紫綬を下賜され儀同三司を与えられた。245年驃騎将軍を与えられた。まもなく老年で孫資と共に官を退き、特進の待遇を得た。

250年に他界した。諡号は、敬侯。没後に五階級の爵位制度が導入されると、功績が評価され、方城子を贈られた。

彼は達筆で、文書の構成に巧みだった事でしばしば功績を挙げた。曹操から曹叡(明帝)までの曹氏三代に亘る文書や布令文の多くは、劉放の手によるものであった。

陳寿の評では、孫資に対しては才能や策謀では上であったが、品性では劣っていたとある。

子孫[編集]

[編集]

  • 劉正
  • 劉許
  • 劉熈
  • 女子(張華妻)

脚注[編集]

  1. ^ 裴松之が注に引く『世語』によると、劉放、孫資が長年政治の機密を預かっていたため、曹肇達とは対立していた。劉放はしり込みする曹爽の足を踏み、耳打ちしてけしかけている。