張嶷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
張嶷
成都武侯祠の張嶷塑像(中央)
成都武侯祠の張嶷塑像(中央)
後漢
関内侯・盪寇将軍
出生 生年不詳
益州巴西郡南充県(四川省南充市
死去 延熙17年(254年
拼音 Zhāng Ni
伯岐
主君 劉備劉禅

張 嶷(ちょう ぎょく、または ちょう ぎ、? - 254年)は、中国後漢末期から三国時代にかけての武将。蜀漢に仕えた。伯岐益州巴西郡南充県(四川省南充市)の人。子は張瑛・張護雄。孫は張奕。

生涯[編集]

貧家の生まれだったが、若い頃から士気勇壮な人物として知られた。

20歳の時に県の功曹となった。215年夏5月、劉備が益州を平定した時に山賊が県を襲った。県令が家族を捨て単独で逃亡したが、張嶷は自ら白刃をかい潜り県令の家族を助けて、これを避難させた。このことを劉備から高く評価され、州の従事に任じられた。数年後、広漢綿竹付近が山賊に襲われた時、張嶷は討伐の任に当たったが、山賊らが攻めても逃げ散ってしまったため、これをまともに討伐する事は不可能と判断した。そこで和睦と偽って賊を酒宴に招き、その場で自ら側近を率い山賊の首領ら50人余りを皆殺しにして、平和を取り戻した。

後に牙門将軍に任じられ、馬忠の副将として西南夷討伐と北伐などの遠征でチベット系族などの異民族を討伐したが、その勝利は彼の武勇・計略に拠るところが大きかった。また諸葛亮の死後も南中に駐屯し続けた。当時の越巂郡は異民族が勢力を拡大していたため、太守に任じられた者も恐れて郡内に入れず、郡として機能していなかった。張嶷は太守として赴任すると、恩徳と威信を示して多数の部族を投降させ、従わない部族は計略を持って撃ち破り、郡の機能を回復させた。その後、軍事・行政面において大いに功績を立て昇進を続け、盪寇将軍に任じられ、関内侯を賜った。異民族の統治に尽力し、彼らから大いに慕われた。張嶷が中央へ召還されることになった際には、異民族の民は車にすがり涙を流して悲しみ、また百余人もの部族の王が張嶷に従って蜀へ朝貢した。

晩年は重病で歩行も困難な状態に陥ったが、姜維が北伐を再開した254年、重病の身を押して従軍した。この戦いにおいても、狄道李簡の帰順を成功させるなど(後述)知略は衰えず、最後は徐質と戦って戦死したが、張嶷の部隊は味方の損害の倍以上の敵を殺傷し、徐質を戦死させた。恩顧を受けた多くの異民族は張嶷の陣没を聞き、涙を流して慟哭を繰り返し偲んだという。

また、最後の戦役の出立に際して、張嶷は劉禅に対し「臣は陛下の恩寵を受けながら、病によっていつ死ぬかわからぬ身となってしまいました。急に世を去りでもして、ご厚恩に背きはしないかといつも恐れておりましたが、今日こうして願いが叶い、軍事に参加する機会を得ました。仮に涼州を平定したならば、臣は外にあって逆賊を防ぐ守将となりましょう。しかしながら、もし不運にも勝利を得られなかったならば、わが命を捧げ国家のご恩に報いる所存でありまする」と別れの言葉を述べている。劉禅はその言葉に感動し、彼のために涙を流したという。その死は多くの人々に惜しまれて、(あるいは石碑)を建立され、後の時代まで祀られたといわれている。

逸話[編集]

張嶷は人物を見る目にも優れており、以下のような事蹟が残っている。

236年に、チベット系族の王である苻建前秦の高祖苻健とは別人)が蜀漢への帰順を願い出た。しかし、約束の日になっても氐族の部隊が到着しなかったため、蒋琬はこのことを大いに心配した。その時、張嶷は「苻建の弟(苻双。名前は『晋書』より)は狡(ずる)賢い人物と聞いております。また、苻建の手柄(帰順のこと)に同調できない親族がかなりおり、部族間で分裂が起こったのでしょう」と言った。果たして弟の苻双は、四百戸の部族を率い司馬懿に通じて魏へ降り、蜀漢に帰順したのは苻建ただ一人だったという。一方、『三国志』後主伝及び『華陽国志』では苻建が四百家率い将軍張尉に伴われ広都県に居住したとある。

蒋琬の後任となった費禕は、帰順したばかりの者でも信用するなど、あまりに無防備であった。このため張嶷は、彼に暗殺されることの危険性を忠告した。しかし、費禕は聴き容れなかったため、果たして253年正月の新年祝いの宴の最中に、魏の降将であった郭循によって殺害された。また、同年に諸葛恪が魏に出兵しようとすると、張嶷は諸葛恪の計画の失敗と失脚を予見して、その従弟に当たる諸葛瞻に手紙を送り、諸葛恪に忠告するよう要請した。果たして諸葛恪は惨敗。呉の宗室である孫峻によって、一族を皆殺しにされた。

254年、隴西狄道県の李簡が蜀漢に帰順したい旨の書簡を送ってきた時、蜀漢の群臣らは李簡の降伏を疑った。だが、張嶷はこの降伏を間違いないと主張した。果たして李簡は蜀軍が狄道まで来ると、城門を開いて帰順した。

また、人との付き合い方についても道理を大事にした逸話が残っている。

何祗は若いころからの旧友であったが、たまたま疎遠であった。あるとき張嶷が重病にかかったため、何祗はそれを聞いて名医を派遣した。その甲斐があって張嶷は快方にむかい、生涯として何祗の恩義を忘れなかった。

魏から蜀漢に下り、車騎将軍となった夏侯覇は張嶷に対し「あなた方とは疎遠でありましたが、旧知の者のようにあなたに気持ちを寄せているのです。どうかこの気持ちをはっきりと知ってください」と言い、親交を結ぼうとした。張嶷は「私はまだあなたを理解していないし、あなたも私を理解していらっしゃいません。大きな道は彼方にあるのです。どうして心を寄せるなどとおっしゃるのですか。願わくは、三年経った後、改めてその言葉を言ってください」と言い、窘めた。見識のある人たちは立派な話だと評価したと言う。

物語中の張嶷[編集]

小説『三国志演義』では南蛮遠征からの登場となっているが、目立った活躍はない。祝融一騎討ちを挑み、返り討ちに遭って馬忠と共に捕縛されたり、北伐では王双とも一騎討ちして重傷を負ったりといった描写がある。最後は、魏軍に追い詰められた姜維を助け出すため突撃し、矢の雨を浴び戦死することになっている。