張嶷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
張嶷
成都武侯祠の張嶷塑像(中央)
成都武侯祠の張嶷塑像(中央)
蜀漢
関内侯・盪寇将軍
出生 生年不詳
益州巴西郡南充国県(現在の四川省南充市南部県
死去 延熙17年(254年
拼音 Zhāng Ni
伯岐
主君 劉備劉禅
テンプレートを表示

張 嶷(ちょう ぎょく、または ちょう ぎ、生年不詳 - 254年)は、中国後漢末期から三国時代にかけての武将。蜀漢に仕えた。伯岐[1]益州巴西郡南充国県(現在の四川省南充市南部県)の人。子は張瑛・張護雄。孫は張奕。

生涯[編集]

貧家の生まれだったが、若い頃から士気勇壮な人物として知られた。

20歳の時に県の功曹となった。215年夏5月、劉備が益州を平定した時に山賊が県を襲った。県令は家族を捨て逃亡したが、張嶷は自ら白刃をかい潜り県令の家族を助け、これを避難させた。このことを劉備から高く評価され、従事に任じられた[2]。時に同郡の士人龔禄姚伷二千石の位で名声があり、張嶷は彼らと親しく付き合った[3]

227年広漢郡綿竹付近が山賊張慕らに襲われ、張嶷は討伐の任に当たった。山賊は攻めても逃げ散ってしまうため、これを戦って討伐するのは難しいと判断した。そこで和睦と偽って賊を酒宴に招き、自ら側近を率いて張慕ら50人余りの首を斬った[4]

後に牙門将軍に任じられ、馬忠の副将として西南夷族などの異民族を討伐したが、その勝利は張嶷の武勇・計略に拠るところが大きかった。南夷の劉冑が反乱を起こした際には、張嶷は馬忠に属して常に軍の先陣として戦い劉冑を斬った。牂牁興古の異民族が反乱を起こした際には、馬忠に軍の指揮を任され、彼らを降伏させ兵二千を得、これを漢中に送った。

諸葛亮の死後も南中に駐屯し続けた。当時の越巂郡は異民族が勢力を拡大していたため、太守に任じられた者も恐れて郡内に入らず、郡として機能していなかった。張嶷は太守として赴任すると、恩徳と威信を示して多数の部族を帰順させ、従わない部族は計略を持って撃ち破り、郡の機能を回復させた[5][6]

蘇祁族の族長である冬逢と弟の隗渠らは、降伏した後に再び反乱を起こした。張嶷は冬逢を討ち取ったが、冬逢の妻は旄牛族の王女であったため、張嶷は一計を案じこれを許した。隗渠は勇猛にして捷悍で、諸部族に深く畏敬されていた。隗渠は西境に逃亡したものの、側近の二人を張嶷に偽って降伏させ、張嶷の内情を探らせていた。これに気付いた張嶷は手厚い恩賞を与えて離反させ、二人は隗渠を謀っておびき出した上で殺した。隗渠が死ぬと、諸部族は安定を取り戻した[7]

漢嘉郡の旄牛族の狼路は四千戸余りを率いている王であったが、父の姉妹の夫の冬逢の怨みを晴らそうとしており、叔父の狼離に冬逢の手勢を率いさせ対峙させた。張嶷はこれに対して近親者を派遣して牛や酒を振舞い、冬逢の妻を狼離のもとに返し懐柔させようとした。狼離は張嶷から恩賜を受けていたこともあり、姉に再会できたことを喜び、配下とともに張嶷に服属した。張嶷は厚く賞賜・待遇を加えて帰らせた。旄牛族はこれによって遂に反乱を起こすことはなくなった。さらに張嶷は部下を派遣して狼路に貨幣を贈り、姑を通じて狼路を懐柔した。狼路は一族を率いて張嶷に服属し、張嶷はこれと盟誓して100年間あまり途絶えていた旄牛領内を経て成都に至る旧道を開通させ、亭駅を復活させた。上奏して狼路を旄牛㽛毗王に封じ、使者を遣わして狼路に朝貢させた。張嶷は撫戎将軍に昇進し、引き続き郡の統治を任された[8][9]

また、斯都の耆帥の李求承は、当時の越巂太守であった龔禄を殺しており、張嶷はこれを捕縛して罪状を数え立て処刑した[10]。張嶷は郡の城が破損していたので、代わりに小さな砦を築いた。在官三年にして郡から去るころには、郡城の修復に尽力しない異民族の男女はいなかった。

張嶷は辺境の異民族が長らく独占していた塩鉄および漆を産出する定莋・台登・卑水の三県の統治に乗り出し官吏を派遣した。定莋の異民族を率いていた狼岑は槃木王の母の兄弟で、蛮夷に大いに信任されており、張嶷が自らの権益を侵しにきたことに怒り従おうとしなかった。張嶷は壮士数十人派遣し、狼岑を捕らえて処刑した。遺体は異民族へ還し、彼らに厚く賞賜を加え、狼岑の悪事を明らかにし、加えて反乱を起こせば殲滅すると脅しをかけた。異民族たちは平伏し過ちを陳謝した。張嶷は牛を殺して饗宴を催し、重ねて恩信を与えて塩鉄を獲得し、軍資を豊かにした[11]

その後も軍事・行政面において大いに功績を立て昇進を続け、盪寇将軍に任じられ、関内侯を賜った。異民族の統治に尽力し、彼らから大いに慕われた。張嶷が中央へ召還されることになった際には、異民族の民は車にすがり涙を流して悲しみ、また百余人もの部族の王が張嶷に従って蜀へ朝貢した[12]

晩年は重病で歩行も困難な状態に陥ったが、姜維が北伐を再開した254年、重病の身を押して従軍した。この戦いにおいても、狄道李簡の帰順を成功させるなど(後述)知略は衰えず、最後は徐質と戦って戦死したが、張嶷の部隊は味方の損害の倍以上の敵を殺傷し、徐質を戦死させた。恩顧を受けた多くの異民族は張嶷の陣没を聞き、涙を流して慟哭を繰り返し偲んだ。

また、最後の戦役の出立に際して、張嶷は劉禅に対し「臣は陛下の恩寵を受けながら、病によっていつ死ぬかわからぬ身となってしまいました。急に世を去りでもして、ご厚恩に背きはしないかといつも恐れておりましたが、今日こうして願いが叶い、出陣する機会を得ました。仮に涼州を平定したならば、臣は外にあって逆賊を防ぐ守将となりましょう。しかしながら、もし不運にも勝利を得られなかったならば、わが命を捧げ国家のご恩に報いる所存であります」と別れの言葉を述べている。劉禅はその言葉に感動し、彼のために涙を流したという。

その死は多くの人々に惜しまれ、を建てて祀られた。張嶷の孫の張奕は西晋に仕え、梁州刺史となった。

逸話[編集]

張嶷は人物を見る目にも優れており、以下のような事蹟が残っている。

236年族の王である苻健は蜀漢への帰順を願い出た。しかし、約束の日になっても氐族の部隊が到着しなかったため、蔣琬はこのことを大いに心配した。その時、張嶷は「苻健の弟[13]は狡猾であると聞いております。また、苻健の手柄(帰順のこと)に同調できない親族がかなりおり、部族間で分裂が起こったのでしょう」と言った。果たしての苻健の弟は四百戸を率いて魏へ降り、蜀漢に帰順したのは苻健ただ一人だったという[14]。一方、『三国志』後主伝及び『華陽国志』では、苻健が四百戸を率いて将軍張尉に伴われ広都県に居住したとある[15]

蔣琬の後任となった費禕は降伏したばかりの者でも信用するなど、あまりに不用心であった。このため、張嶷は暗殺の危険性を忠告した。しかし、費禕は聴き容れなかったため、果たして253年正月の宴で、魏の降将であった郭循によって殺害された[16]。また、同年に諸葛恪が魏に出兵しようとすると、張嶷は諸葛恪の計画の失敗と失脚を予見して、その従弟に当たる諸葛瞻に手紙を送り、諸葛恪に忠告するよう要請した。果たして諸葛恪は惨敗し、呉の宗室である孫峻によって、一族もろとも皆殺しにされた[17]

254年、隴西郡狄道県長の李簡が蜀漢に帰順したい旨の書簡を送ってきた際、群臣は李簡の降伏を疑ったが、張嶷はこの降伏を偽りではないと主張した。果たして蜀軍が狄道に至ると、李簡は城門を開いて帰順した。

また、人との付き合い方についても道理を大事にした逸話が残っている。

何祗は若いころからの旧友であったが、たまたま疎遠であった。あるとき張嶷が重病にかかったため、何祗はそれを聞いて名医を派遣した。その甲斐があって張嶷は快方にむかい、その恩義を生涯忘れなかった。

魏から蜀漢に亡命し車騎将軍となった夏侯覇は、張嶷に対し「あなたとは疎遠でありましたが、旧知の者のようにあなたに気持ちを寄せているのです。どうかこの気持ちをはっきりと知ってください」と言い、親交を結ぼうとした。張嶷は「私はまだあなたを理解していないし、あなたも私を理解していません。大きな道は彼方にあるのです。どうして心を寄せるなどとおっしゃるのですか。願わくは、三年経った後、改めてその言葉をおっしゃってください」と窘めた。見識のある人たちは立派な話だと評価したという[18]

物語中の張嶷[編集]

小説『三国志演義』では南蛮遠征からの登場となっているが、目立った活躍はない。祝融一騎討ちを挑み、返り討ちに遭って馬忠と共に捕縛されたり、北伐では王双とも一騎討ちして重傷を負ったりといった描写がある。最後は魏軍に追い詰められた姜維を助け出すため突撃し、矢の雨を浴び戦死した。

墓所[編集]

『陝西通志』巻七十によると張嶷の墓は漢中市褒城県柏香街の中部北側の民家の中にあり、現在その墓碑は漢中市博物館に搬入され保存されている[19]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『三国志』張嶷伝より「嶷字伯岐,巴郡南充国人。」
  2. ^ 『三国志』張嶷伝より「弱冠為県功曹。先主定蜀之際,山寇攻県,県長捐家逃亡,嶷冒白刃,携負夫人,夫人得免。由是顕名,州召為従事。」
  3. ^ 『三国志』張嶷伝より「時郡内士人龔禄・姚伷位二千石,当世有声名,皆与嶷友善。」
  4. ^ 『三国志』張嶷伝より「建興五年,丞相亮北住漢中,広漢綿竹山賊張慕等鈔盗軍資,劫略吏民,嶷以都尉将兵討之。嶷度其鳥散,難以戦擒。乃詐与和親,剋期置酒。酒酣,嶷身率左右,因斬慕等五十餘級,渠帥悉珍。尋其餘類,旬日清泰。後得疾病困篤,家素貧匱。広漢太守蜀郡何祗,名為通厚,嶷宿与疏闊,乃自輿詣祗,託以治疾。祗傾財医療,数年除愈。其党道信義皆此類也。拜為牙門将。」
  5. ^ 『三国志』蜀志・後主伝より「(延熙)三年春,使越巂太守張嶷平定越巂郡。」
  6. ^ 『三国志』張嶷伝より「初,越巂郡自丞相亮討高定之後,叟夷数反,殺太守龔禄・焦璜,是後太守不敢之郡,只住安定県,去郡八百餘里,其郡徒有名而已。時論欲復旧郡,除嶷為越巂太守,嶷将所領往之郡,誘以恩情,蛮夷皆服,頗来降附。北徼捉馬最驍勁,不承節度,嶷乃往討,生縛其帥魏狼。又解縦告喩,使招懐餘類。表拜狼為邑侯,種落三千余戸皆安土供職。諸種聞之,多漸降服。嶷以功賜爵関内侯。」
  7. ^ 『三国志』張嶷伝より「蘇祁邑君冬逢・逢弟魄渠等,已降復反。嶷誅逢。逢妻,旄牛王女,嶷以計原之。而渠逃入西徼。渠剛猛捷悍,為諸種深所畏憚,遣所親二人詐降嶷,実取消息。嶷覚之,許以重賞,使為反間,二人遂合謀殺渠。渠死,諸種皆安。」
  8. ^ 『三国志』張嶷伝より「漢嘉郡界旄牛夷種類四千餘戸,其率狼路,欲為姑婿冬逢報怨。遣叔父離将逢衆相度形勢。嶷逆遣親近齎牛酒労賜,又令離姉逆逢妻宣暢意旨。離既受賜,並見其姉,姉弟歓悦,悉率所領将詣嶷,嶷厚加賞待,遣還。旄牛由是輒不為患。」
  9. ^ 『三国志』張嶷伝より「郡有旧道,経旄牛中至成都,既平且近。自旄牛絶道,已百餘年,更由安上,既険且遠。嶷遣左右齎貨幣賜路,重令路姑喩意,路乃率兄弟妻子悉詣嶷,嶷与盟誓,開通旧道,千里粛清,復古亭驛。奏封路為旄牛㽛毗王,遣使将路朝貢。後主於是加嶷撫戎将軍,領郡如故。」
  10. ^ 『三国志』張嶷伝より「又斯都耆帥李求承昔手殺龔禄,嶷求募捕得,数其宿悪而誅之。」
  11. ^ 『三国志』張嶷伝より「在官三年,徙還故郡,繕治城郭,夷種男女莫不致力。定莋・台登・卑水三県去郡三百餘里,旧出塩鉄及漆,而夷徼久自固食。嶷率所領奪取,署長吏焉。嶷之到定莋,定莋率豪狼岑,槃木王舅,甚為蛮夷所信任,忿嶷自侵,不自来詣。嶷使壮士数十直往収致,撻而殺之,持尸還種,厚加賞賜。喩以狼岑之悪,且曰:「無得妄動,動即殄矣。」種類咸面縛謝過。嶷殺牛饗宴,重申恩信。遂獲塩鉄,器用周贍。」
  12. ^ 『三国志』張嶷伝より「在郡十五年,邦域安穆。屡乞求還,乃徴詣成都。夷民恋慕,扶轂泣涕,過旄牛邑,邑君襁負来迎,及追尋至蜀郡界,其督相率随嶷朝貢者百餘人。嶷至,拜盪寇将軍。」
  13. ^ 苻双。名前は『晋書』より
  14. ^ 『三国志』張嶷伝より「十四年,武都氐王苻健請降,遣将軍張尉往迎,過期不到,大将軍蔣琬深以為念。嶷平之曰:「苻健求附款至,必無他変。素聞健弟狡黠,又夷狄不能同功,将有乖離,是以稽留耳。」数日,問至,健弟果将四百戸就魏,独健来従。」
  15. ^ 『華陽国志』巻七より「健弟果叛就魏。健率四百家随尉,居広都県。」
  16. ^ 『三国志』費禕伝より「禕資性泛愛,不疑于人。越巂太守張嶷嘗以書戒之日:「昔岑彭率師,来歙杖節,咸見害于刺客。今明将軍位尊権重,待信新附太過,宜鑒前事,少以為警。」禕不従,故及禍。」
  17. ^ 『三国志』張嶷伝より「呉太傅諸葛恪以初破魏軍,大興兵衆以図攻取。侍中諸葛瞻,丞相亮之子,恪従弟也,嶷与書曰:「東主初崩,帝実幼弱,太傅受寄託之重,亦何容易!親以周公之才,猶有管(管叔鮮)・蔡(蔡叔度)流言之変,霍光受任,亦有燕(燕王劉旦)・蓋(蓋長公主、鄂邑長公主)・上官(上官桀)逆乱之謀,頼成(周成王)・昭(漢昭帝)之明,以免斯難耳。昔毎聞東主殺生賞罰,不任下人,又今以垂没之命,卒召太傅,属以後事,誠実可慮。加呉・楚剽急,乃昔所記,而太傅離少主,履敵庭,恐非良計長算之術也。雖云東家綱紀粛然,上下輯睦,百有一失,非明者之慮邪?取古則今,今則古也,自非郎君進忠言于太傅,誰復有尽言者也!旋軍広農,務行徳恵,数年之中,東西並挙,実為不晩,願深采察。」恪竟以此夷族。」
  18. ^ 『益部耆旧伝』より「時車騎将軍夏侯覇謂嶷曰:「雖与足下疏闊,然託心如旧,宜明此意。」嶷答曰:「僕未知子,子未知我,大道在彼,何云託心乎!願三年之後徐陳斯言。」有識之士以為美談。」
  19. ^ “張嶷将軍墓”. 毎日頭條. (2017年2月16日). https://kknews.cc/history/x55q84r.html 2020年10月4日閲覧。 

参考文献[編集]