曹彪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

曹 彪(そう ひょう、195年 - 251年)は、中国後漢末期から三国時代にかけての人物。の皇族。朱虎。父は曹操。生母は孫姫。同母兄弟は曹上曹勤。異母兄は曹丕(文帝)・曹植。子は曹嘉

生涯[編集]

建安21年(216年)、寿春侯に冊封された。

曹丕が即位すると、黄初2年(221年)に爵位が昇進し汝陽公となった。

翌3年(222年)に弋陽王に採り立てられ、同年の内に呉王に転封となった。文学を愛好し、曹植と親しかった。翌4年(223年)、曹植と一緒に領国に帰ろうとした際、監国使者に妨害されたため、互いに別の道を通って帰国せざるを得なくなった。この処分に憤激した曹植から詩(「白馬王彪に贈る」)を送られている[1]。また学者の賈洪(白馬国の相)に師事した[2]。翌5年(224年)、寿春王となり、黄初7年(226年)には白馬王となった。

太和5年(231年)冬、洛陽に入朝した。翌6年(232年)、楚王に転封された。青龍元年(233年)、来朝時に禁令を犯したことを咎められ、役人の上奏により3県1500戸の領地を削られた。翌2年(234年)に大赦を得て元の領地を回復した。景初3年(239年)には500戸を加増され、領邑は合わせて3000戸となった。

嘉平元年(249年)、王淩は外甥の令狐愚に唆され、司馬懿の傀儡となった曹芳(斉王)に代えて曹彪を擁立するクーデターを企てた。曹彪もこの話に乗った。しかし嘉平3年(251年)、この計画を察知した司馬懿によってクーデターを阻止されたため、王淩らは逮捕された後に自殺した。曹彪は勅命により自害を命じられ、服毒自殺した。妻子は平民に落とされ、配下の官僚も監国謁者(王の監視人)を含め、事情を知りながら報告しなかったとの理由で、皆処刑された。領国も没収された。

人相見として著名であった朱建平は、過去に曹彪の顔相を見た時、57歳で兵難に遭うことを予言していた。

子は正元元年(254年)の詔勅により罪を許され、皇族に復帰し常山郡真定県の王に封じられた。さらに景元元年(260年)に加増を受け、合わせて2500戸を領した。魏の滅亡後はに仕え、高邑公となった。石崇石苞の子)と親しく、東莞太守を務めた時に、互いに詩を贈り合っている。

白馬王彪に贈る[編集]

  • 異母兄の曹植が曹彪に贈った詩。
(序)
…黄初四年夏五月、白馬王(曹彪)・任城王(曹彰
余と具(とも)に京師(洛陽)に朝し、節気に会す。
洛陽に到りて、任城王薨ず。秋七月に至り
白馬王と与(とも)に国に還らんとす。後に有司(やくにん)
二王の藩に帰るに、道路宜しく宿止を異にすべきことを以てす。
意(こころ)は毒(はなはだ)しく之(これ)を恨めり
蓋(けだし)大別(永遠の別れ)は数日に在るを以てなり。
是を用(もっ)て自ら剖(さ=裂)き、王と辞し
憤りて篇(へん)を成せり…
(其の七)
苦心して何かを慮思する
天命、信(まこと)に疑う可し
虚無、列仙を求む
松子(しょうし=仙人)久しく吾を欺きぬ
変故(受難)斯須(ししゅ=瞬間)に在り
離別すれば永く会う無し
手を執るは、将(は)た何れの時ぞ
王、其れ玉体を愛せよ
具(とも)に黄髪(長寿)の期を享けん
涙を収めて長路に即き
筆を授(と)りて、此れ従(よ)り辞す

脚注[編集]

  1. ^ 『魏志』巻19任城陳蕭王伝注『魏氏春秋』および「白馬王彪に贈る」序より。なお、これらの記述が『魏志』の黄初7年、白馬王転封の記述と矛盾することから、『魏志』を誤りとする見解(黄節『曹子建詩注』、趙幼文『曹植集校注』)がある。一方『三国志集解』の盧弼は、詩題および序文を後人の付加とみなす。
  2. ^ 『魏志』巻13王粛伝注『魏略』に「延康中、転為白馬王相」とあるが、『三国志集解』は「延康中不得称白馬王相」とする。