楊洪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楊 洪(よう こう、? - 228年)は、中国後漢末期から三国時代の武将。字は季休(ききゅう)。益州犍為郡武陽県の人。

経歴[編集]

最初は劉璋に仕え、諸郡の官吏を歴任した。劉備の益州平定後、犍為太守となった李厳から功曹に任命される。李厳が郡役所を移転したいとの意向を示すと、これに反対している。後に李厳の推薦により、蜀郡従事に任命された。劉備の命令で人員の徴発を命じられた時は、諸葛亮に相談を持ちかけられ、その事務処理能力を高く評価された。また、蜀郡太守代行となり、まもなく正式な蜀郡太守となった。後に益州治中従事に転任した。

夷陵の戦いでの敗戦後、劉備は白帝城において重病となり、諸葛亮も見舞いのため成都を留守にしていた。この報を聞いた黄元が謀反を起こすと、留守を守る太子劉禅に黄元討伐を進言し、適切な助言を行ない、陳曶・鄭綽に黄元を捕らえさせた。

劉禅即位後、223年関内侯に封じられ、蜀郡太守・忠節将軍となった。のちに、蜀郡太守のままで越騎校尉になった。

227年、諸葛亮から留府長史に張裔を任用したいとの相談を受けたが、張裔の能力を高く評価するもその性格に難があると、これに異を唱え向朗を推薦した。二人はかつては友人であったが、楊洪が子の張郁が微罪で罰を受けた際に特段の温情をかけて赦すことはなかったため、彼の恨みを買っていた。そのため時の人は楊洪の推薦は張裔が出世することを望まなかったのではないか、自分こそが長史になろうとしているのではないかなどと疑った。後に張裔が岑述と揉めごとを起し、諸葛亮に叱責されると時の人は楊洪が私心を持って張裔の任官を反対したわけではなかったことを悟ったという。

228年、在任中に亡くなった。

人物[編集]

三国志蜀書「楊洪伝」によれば、「若いころは学問を好まなかったが、忠義・清潔・誠実・明晰な人物であり、公事を憂えること、正に自分の家事を憂えるようであった。」とある。また「継母に仕えて孝行の限りを尽くした」ともある。

何祗という人物の才能を見抜き採り立てたところ、あっという間に楊洪と同格の郡太守にまで出世したため、人々は楊洪と彼を見い出した諸葛亮を賞賛した、という記録もある。

参考文献[編集]