孫瑜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

孫 瑜(そん ゆ、177年 - 215年)は、中国後漢末期の武将。孫静の次男。仲異。兄に孫暠、弟に孫皎孫奐。子に孫弥・孫熙・孫燿・孫曼・孫紘。『三国志』呉志に伝がある。

恭儀校尉となり兵士を預かった。江西出身者を中心に、謙虚な姿勢で人材を求め、鄭重に振舞ったため、人々の歓心を得るようになった。従兄弟の孫策の急死後に兄の孫暠が反乱未遂を起こし失脚し、父の孫静もまもなく引退したが、孫瑜は引き続き孫権に重用された。孫権の弟孫翊が部下に殺された後、204年丹陽太守に任命された。人望が厚く、1万の兵を集めた。

206年周瑜と共に麻と保の砦を破った。周瑜には特に信頼され、後に周瑜が益州を攻め取ろうと画策したとき、攻め取った益州は孫瑜に任すことを想定していた(「周瑜伝」)。作戦が実行に移されると、孫瑜は孫権の命を受けて水軍を率いたが、周瑜の死で益州攻略が御破算となったため、引き返して夏口の守備を固めた。

曹操が濡須に攻め寄せると、その撃退の軍に加わった。孫権は盛んに討って出ようとしたが、孫瑜は自重を奨めた。孫権はその言葉に従わず戦闘を開始したが、結局何の戦果も挙げることはできなかった。

後に孫権が揚州北部に進出するようになると、奮威将軍に地位が進み、丹陽太守のままで駐屯地を溧陽から牛渚に移すことになった。孫瑜は部下を県長に任命し、それぞれに命じて九江郡と廬江郡に降伏を呼びかけたところ、両郡は降伏することとなった。

馬普という学問に長けた部下を優遇し、自身だけではなく他の部下にも学問を学ばせた。古典を諳んじるほどであったという。

215年に39歳で死去。軍権の多くは弟の孫皎が引き継いだ。5人の子は侯となり、孫曼は将軍にまでなった。