諸葛喬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

諸葛 喬(しょかつ きょう、204年 - 228年)は、蜀漢の武将。諸葛瑾の次男。は初め、仲慎、後に叔父の諸葛亮の養子となった時に伯松と改めた。諸葛攀の父で、諸葛顕の祖父。

生涯[編集]

諸葛瑾の次男として呉で生まれたが、父の命で当時子供のいなかった叔父・諸葛亮の養子となり蜀に仕える。将来を期待されており、後に劉禅の姉を娶ったと言われ、蜀漢の駙馬都尉に任じられた。

長兄の諸葛恪よりは才能が劣っていたが、性格は父譲りで遥かに上であると評された。若い頃は霍峻の子の霍弋と共に、見聞を広めるため旅をしたという。だが、その才能を発揮することは無く、漢中にて病死した。享年25。

なお、諸葛亮に実子の諸葛瞻が誕生したため、子の諸葛攀は諸葛瑾の末裔の身分を回復し、諸葛恪誅殺後に伯父諸葛恪の後を継いだという。孫の諸葛顕はそのままに仕え、蜀滅亡後に河東へ移されたという。

家系図[編集]

諸葛豊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛珪諸葛玄龐徳公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛瑾諸葛亮諸葛均
 
龐山民龐統龐林諸葛誕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛恪諸葛喬諸葛融諸葛瞻諸葛懐諸葛望龐宏諸葛靚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛攀諸葛尚諸葛京諸葛質諸葛恢
 
 
諸葛顕