諸葛攀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

諸葛 攀(しょかつ はん、225年? - 253年?)は、中国三国時代蜀漢、のちにの武将。徐州琅邪郡陽都県(現在の山東省臨沂市沂南県)の出身。祖父は諸葛瑾。父は諸葛喬。子は諸葛顕。伯父は諸葛恪。系図も参照。

生涯[編集]

父は若くして亡くなったので、祖父の弟である諸葛亮の養育を受けた。成人すると従叔父の諸葛瞻と共に蜀漢に仕え、行護軍・翊武将軍(5品官)まで昇った。

諸葛恪ら呉の諸葛氏を策謀で誅殺した孫峻は、諸葛氏の完全なる族滅を望み甘言で諸葛攀を釣ろうとした。その目論見を見抜いていた諸葛攀だが、蜀呉同盟の事情もあり殺害されるのを覚悟で、呉へ単身帰還した。そして諸葛家と爵位の陽都侯を継いだ諸葛攀だが、やはり孫峻派閥に病死を装い殺害された。

子はそのまま蜀漢に仕え、蜀漢の滅亡後の咸熙元年(264年)に、諸葛瞻の次男の諸葛京と共に河東へ移されたという。

家系図[編集]

諸葛豊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛珪諸葛玄龐徳公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛瑾諸葛亮諸葛均
 
龐山民龐統龐林諸葛誕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛恪諸葛喬諸葛融諸葛瞻諸葛懐諸葛望龐宏諸葛靚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸葛攀諸葛尚諸葛京諸葛質諸葛恢
 
 
諸葛顕

参考文献[編集]