李恢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
李恢
蜀漢
漢興亭侯・庲降都督・安漢将軍
出生 生年不詳
益州建寧郡兪元県
死去 建興9年(231年
益州漢中郡
拼音 Lǐ Huī
徳昂
主君 劉璋劉備劉禅
テンプレートを表示

李 恢(り かい、? - 231年)は、中国後漢末期から三国時代の武将、政治家。徳昂益州建寧郡兪元県の人。子は李遺(または李蔚)。甥は李球。『三国志』蜀志に伝がある。

生涯[編集]

建寧郡の督郵を務めていた時、建伶県令であったおばの夫の爨習が罪を犯したため、連座して免職となりかけた。だが太守董和は、爨習が豪族出身であったことを理由に罪を許し、李恢の免職を認めなかった。その後、董和は李恢を州に推挙した。

ちょうどその頃、劉備劉璋を攻撃するために葭萌城から出陣した(劉備の入蜀)。李恢は劉備が勝利すると考え、郡の使者と称して綿竹に赴いて劉備と対面した。劉備は李恢を気に入ったので雒城まで伴わせ、張魯の下にいた馬超を味方に引き入れるよう命じた。まもなく馬超は劉備に投降した。劉備が成都を降し益州を手に入れると、李恢は功曹書佐主簿に任じられた。

ある時、李恢は謀反の罪ありとして誣告されたが、劉備は事実無根であることを明らかにした上で、別駕従事に昇格させた。

221年、庲降都督鄧方が死去した。誰を後任にすべきか劉備が李恢に問うと、李恢は 「人間には長所と短所があり、それゆえ孔子は『人を用いるには、その能力に応じた使い方でなければならない』と申しております。そして、明主が上にあれば臣下は情を尽くします。このため、先零の役において趙充国は自分を推薦したのです」と答えた。劉備はこの返答を気に入り、李恢を庲降都督・使持節・交州刺史とした。

223年に劉備が死去すると、南中で高定雍闓朱褒が反乱を起こした。225年諸葛亮は呉に使者を送って友好関係を回復させた上で、自ら兵を率いて南中へ親征した(「後主伝」)。李恢は諸葛亮に従って南征に参加し、別働隊を任された。昆明で倍の兵に囲まれたが計略を用いて撃破し、逃げる敵を追って牂牁郡まで至った。この功により、安漢将軍・漢興亭侯となった。

諸葛亮が去った後、南中では再び異民族の反乱が起きたため、李恢は兵を率いて反乱を鎮圧した。また、南中の有力者たちを成都に送り、牛馬・金銀などの貢物を納入させたので、一時的に軍事費は大いに潤った。

229年、交州はに従属したので、交州刺史を解任され建寧太守となった。その後漢中に移り、231年に死去した。

物語中の李恢[編集]

小説『三国志演義』では、馬超を降伏させた功績が大きく取り上げられており、弁舌の士として描かれている。

民間伝承では、子の李蔚(架空人物)は関索の妹(関羽の三女)を妻に迎え、諸葛亮が李恢に派遣して南中へ進攻し、関索・李蔚夫婦は先鋒として反乱を平定した。夫婦が埋葬された墓が雲南省玉渓市に現存している。