高幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
高幹
并州刺史
出生 生年不詳
兗州 陳留郡 圉県
死去 建安11年(206年
ピン音 Gao Gan
元才
主君 袁紹袁尚曹操

高 幹(こう かん、? - 建安11年(206年))は、中国後漢時代末期の武将、または政治家。元才兗州陳留郡圉県の人(『三国志』魏書高柔伝より)。高祖父は高固。曾祖父は高慎。祖父は高賜。父は高躬。従弟は高柔。伯父は袁紹

正史の事跡[編集]

初期の事跡[編集]

袁紹配下。上記のように袁紹と血縁にあった事から重用された。初平2年(191年)、袁紹の命により、荀諶張導郭図らと共に使者として冀州韓馥の下に赴き、冀州を袁紹に譲らせた。建安4年(199年)頃には、袁紹から并州刺史(牧とする記事もある)に任命され、袁紹の子袁譚袁煕と同様に一州の統治を委ねられるという破格の待遇を受けている。

関西進攻[編集]

建安7年(202年)に袁紹が死去し、同年に曹操が袁譚・袁尚兄弟を攻撃すると、袁尚は高幹と郭援に命令して関西方面へ進攻させた。高幹・郭援は、密かに西涼馬騰韓遂と結んだ上で匈奴単于呼廚泉とも合流し、その軍勢を数万にまで膨れ上がらせた。

しかし、関西方面を担当する曹操配下の鍾繇が、張既らを馬騰の下に派遣し、馬騰を説得して曹操陣営に引き戻してしまう。このため高幹・郭援の并州軍は、馬騰が鍾繇の援軍として派遣した馬超龐悳率いる西涼軍と、平陽で決戦を迎える事となった。激戦の末、郭援が討ち取られ、高幹は窮地に陥る事になった。建安9年(204年)、曹操がを陥落させると、高幹は呼廚泉と共に并州を挙げて曹操に降伏した。曹操は高幹を処刑せず、そのまま并州の統治を任せている。

反逆と最期[編集]

その後しばらくは曹操に臣従したが、建安10年(205年)に曹操が幽州烏桓討伐を開始すると反逆し、上党太守を捕虜として壺関を閉鎖した。彼は、河東郡の有力者である張琰や衛固など幅広い者の呼応を受けており、必ずしも突発的で無謀な挙兵ではなかった。但しこの時、高幹は袁尚が同盟の使者として遣わした牽招を拒否し殺そうとしており、袁氏とは別個の独立活動だった事が窺える。

『三国志』魏書荀彧伝によれば、高幹の最終目的は鄴の襲撃だったようである。だが鍾繇・張既・杜畿らは、巧みな政略を駆使して高幹を撃破した。また鄴を守る荀衍や、別働隊の楽進李典らも高幹を攻撃し、劣勢に追い込んだ。翌建安11年(206年)に、曹操が自ら大軍を率いて攻めて来ると、高幹は呼廚泉を頼ったが、この時は援軍を送ってもらえなかった。追い詰められた高幹は荊州劉表を頼って落ち延びようとしたが、その途中で上洛都尉王琰に殺害され、首級を曹操に献上された。

人物像[編集]

高幹は袁紹の甥ではあったが、『三国志』魏書高柔伝注に引く謝承『後漢書』によれば、才能と野心に溢れ、文武に優れた人物だったとされており、単に縁故のみで成り上がった人物ではない事が窺える。その一方で仲長統は、高幹に自信過剰な面があると見ていた。彼は、高幹の招請に応じてその下を訪れた時「あなたは雄志を有しておられますが、雄才を備えておられません。また、士を好んでおられますが、士を選んでおられません」と忠告したが、容れられるところとはならなかったため、仕えずに去った。

高幹は、2度も曹操陣営の背後を衝いて危機に陥れており、しかも、建安7年(202年)の関西進攻・同10年(205年)の上党反逆ともに、事前の準備は周到であった。しかし、曹操の後方に控えていた人材層も相応に厚く、高幹の野心の実現は阻まれた。

物語中の高幹[編集]

小説『三国志演義』では、正史での派手な活躍に比べると、かなり地味な役回りでしかない。史実のように関西を衝いたり、一時降伏して再び叛旗を翻したりといった過程が、完全に欠落しているためである。上党で曹操軍相手に懸命に防戦したが、曹操に寝返った呂曠呂翔の偽降にかかって敗北し、最期は史実通りとなっている。なお呂曠と呂翔は、史実においては高幹と何の接点もない。

参考文献[編集]

  • 三国志』魏書24高柔伝 魏書1武帝紀 魏書6袁紹伝、付・袁譚袁尚伝 魏書7臧洪伝 魏書10荀彧伝 魏書13鍾繇伝 魏書15張既伝、賈逵伝 魏書16杜畿伝 魏書17楽進伝 魏書18李典伝 魏書21劉邵伝 魏書26牽招伝
  • 後漢書』列伝64上袁紹伝上 列伝64下袁紹伝下、付・袁譚伝 列伝39仲長統伝 本紀9孝献帝紀
  • 三国演義