郭援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

郭 援(かく えん、? - 202年)は、中国後漢時代末期の武将。叔父は鍾繇。従兄弟は鍾毓・鍾劭・鍾会ら。

正史の事跡[編集]

姓名 郭援
時代 後漢時代
生没年 生年不詳 - 202年建安7年)
字・別号 〔不詳〕
出身地 〔不詳〕
職官 河東太守
爵位・号等 -
陣営・所属等 袁尚
家族・一族 叔父:鍾繇、従兄弟:鍾毓・鍾劭・鍾会

袁尚配下の河東太守

202年、曹操が袁譚・袁尚を黎陽に討った際、袁譚らは南匈奴単于呼廚泉に曹操を裏切らせ、河東郡の平陽城を占拠させた上で、郭援と并州刺史高幹に数万の軍勢で侵攻させた。この時、馬騰も曹操を裏切って袁譚らに内通しようとしていた。司隷校尉鍾繇がこれに対応したが、諸将は撤退を考えた。しかし鍾繇は自身の甥である郭援の弱点を分析して撤退を拒否し、張既傅幹に馬騰を説得させて味方に引き戻した。馬騰は馬超龐徳に兵一万人余りを預け、鍾繇の援軍に派遣した(「鍾繇伝」・「張既伝」)。

郭援は平陽城を目指して進軍する道中で、絳邑以外の全ての城を降伏させたが、絳邑県長の賈逵は籠城して抵抗した。郭援は勝てなかったので、呼廚泉を呼び出して激しく攻撃し、絳の父老は賈逵を殺害しないことを条件に降伏した。郭援は賈逵の名声を聞いて将軍に取り立てようと思い、脅迫して土下座させようとしたが、賈逵は「賊に土下座する国家の長吏がいるか」と怒鳴った。郭援は怒って賈逵を殺そうとしたが、絳の官吏民衆は城壁に登って「約束を違えるなら共に死ぬだけだ」と叫び、郭援の側近も多くが賈逵を義士であると請願したので、取り止めた。賈逵は皮氏が河東郡の要衝であり、先に占拠したほうが勝つと見ていた。そこで、郭援に包囲されると郡へ密かに使者を送り、「急いで皮氏に拠るべし」と告げさせていた。郭援は絳を降すと皮氏へ進軍しようとしたが、賈逵が計略を用いて郭援の参謀である祝奥を混乱させたので、七日間足止めされた。河東郡の軍勢は賈逵の言葉に従って先に皮氏を占拠し、敗北を免れた(「賈逵伝」)。

汾水に至った郭援は、鍾繇の予想通り敵を軽視し、諸将の諫言を無視して渡河しようとした。半分しか渡りきらないうちに鍾繇軍の攻撃を受け、郭援は乱戦の中で馬超を負傷させたが、龐徳に斬首された。高幹と呼廚泉は降伏した。帰陣した龐徳が弓袋から郭援の首級を取り出すと、鍾繇が号泣したので龐徳は謝罪した。鍾繇は「郭援は我が甥とはいえ国賊です。貴公が謝る必要はありません」と答えたという(『魏略』)。

三国志演義[編集]

なお、小説『三国志演義』には登場しない。

参考文献[編集]

  • 三国志』魏書18龐悳伝 魏書15張既伝・賈逵伝 魏書13鍾繇伝 蜀書6馬超伝