袁煕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
袁煕
後漢
幽州刺史
出生 生年不詳
豫州汝南郡汝陽県
死去 建安12年(207年9月
遼東
拼音 Yuán Xī
顕奕または顕雍
主君 袁紹袁尚
テンプレートを表示

袁 煕(えん き、? - 建安12年(207年9月)は、中国後漢時代末期の武将。は『三国志』魏書袁紹伝では顕奕[1]、『後漢書』袁紹伝では顕雍豫州汝南郡汝陽県(現在の河南省周口市商水県)の人。父は袁紹。母は不明。兄は袁譚。弟は袁尚。従兄弟は高幹。一族は袁買[2]

正史の事跡[編集]

建安年間(恐らくは公孫瓚が滅亡した建安4年(199年))に、袁煕は幽州刺史に任じられている。袁煕が任地に向かう一方で、その妻の甄氏(後のの文昭皇后)はに残って姑を世話していた。

建安7年(202年)、袁紹が後継者を定めないまま病没すると、兄と弟がそれぞれ後継を表明した。家臣団の支持が喰い違い、袁氏の勢力は二分されることになってしまった。しかし実子であるにもかかわらず、袁煕がこの争いに積極的に加わったとされる記載は無い。

建安9年(204年)、弟が曹操および兄に敗れると、これまで曹操と敵対していなかったにも関わらず、袁煕はあえて弟を管轄地の故安に迎え入れて助けた。この行動は幽州の豪族に反感を抱かれ、結果的に焦触張南ら多くの離反を招いてしまう。袁煕は弟とともに遼西烏桓の大人(単于)楼班を頼って逃れた。建安12年(207年)、遼西に進軍してきた曹操を、袁煕・袁尚は烏桓王蹋頓(楼班の族兄)らと柳城で迎撃した(白狼山の戦い)。しかし再び敗れ、最後は遼東公孫康を頼って落ち延びた。

曹操を恐れた公孫康は、袁煕・袁尚を斬って曹操への手土産にしようと企み、2人を偽って歓迎した。これに袁煕は疑いを抱いた。しかし、むしろ公孫康の軍を奪い取ろうと考えていた弟の強弁もあり、ともに公孫康の下に向かった。結果、やはり2人は公孫康の騙し討ちにより殺害され、その首級を曹操のもとへ送られることになった。なお、『三国志』魏書袁紹伝(付、袁譚・袁尚伝)注に引く『典略』によれば、処刑直前に袁尚が寒がって筵を求めたが、すでに覚悟を決めていた袁煕は「首級が万里の旅に出るのに、なぜ今さら筵がいるのか」と弟をたしなめたとされる[3]

袁煕自身が殺害された後、その子孫は生き延びて袁氏の命脈を伝え、代において宰相袁恕己中国語版を輩出している。

曹叡の実父説[編集]

魏の曹丕(文帝)と、曹丕が袁煕から略奪して妻に迎えた甄氏の子である曹叡(明帝)は、景初3年(239年)に36歳で死亡したと『三国志』明帝紀に記されており、逆算すると生年が建安9年(204年)となることから、『三国志集解』の著者盧弼は、曹叡が曹丕から特に冷遇されたことなども傍証に挙げて、曹叡の父は曹丕ではなく、袁煕ではないかと主張している。

ただし一般には『三国志』明帝紀の享年が誤りだと解釈されており、例えば『三国志』の注釈者裴松之は曹叡の享年は34が正しいと主張している。この場合、曹叡の父は曹丕で問題ないことになる。

物語中の袁煕[編集]

小説『三国志演義』では、字を顕奕と設定されている。父からは柔弱で物にならないと評されているが、官渡の戦いでは敗れた父を救うため、幽州の軍を率いて現れる。しかし倉亭の戦いで曹操軍に敗北し、高幹とともに矢傷を負う。袁紹死後の展開は、史実とほぼ同様である。

配下[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ちくま学芸文庫版は「顕突」となっているが、誤り。
  2. ^ 袁買は袁煕の弟という説の他に、袁尚の兄の子という説もある。その場合は、袁煕にとって子・甥のいずれであるかは不明である。
  3. ^ 『後漢書』袁紹伝によると、これは直後に2人を斬る公孫康の言葉である。

参考文献[編集]

  • 三国志』魏書6袁紹伝(付・袁譚袁尚伝) 魏書1武帝紀 魏書5文昭甄皇后伝 魏書14郭嘉伝
  • 後漢書』列伝64上袁紹伝上・下(付・袁譚伝)
  • 三国演義