廷尉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

廷尉(ていい)とは、中国の官名である。九卿の1つ。日本の検非違使唐名にもあたる。

  • では、「刑辟」すなわち刑罰・司法を管轄し、正、左右の3監を有した。秩禄はいずれも千石である。
  • 前漢でも、秦とほぼ同様の管轄である。景帝の時代にいったん大理と改称されたが、武帝建元4年(紀元前137年)に再び廷尉に戻され、哀帝元寿2年(紀元前1年)に再び大理とされた。宣帝地節3年(紀元前67年)に、左右の平を置いている。
  • 王莽は、大理を作士と改称している。
  • 後漢では、再び廷尉の名に復している。秩禄は中二千石。正、左の監各1人、左平1人(秩禄六百石)を有した。
  • 三国時代の三国でも、廷尉の地位は残存した。

参考文献[編集]

  • 班固漢書』表第七上「百官公卿表」上
  • 司馬彪続漢書』「百官志二」
  • 孟昭華・王涵編著『中国歴代国家機構和行政区画』中国社会出版社、2003年