袁夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

袁 夫人(えん ふじん 生没年不詳)は、三国時代の大帝孫権の妃嬪。豫州汝南郡汝陽県(現在の河南省周口市商水県)の人。後漢の名門である汝南袁氏の出身。父は袁術。兄弟は袁燿。姉は黄猗の妻。叔父は袁胤

略歴[編集]

建安4年(199年)6月、父が死亡し一族が没落すると、袁夫人は袁胤・黄猗らに守られ、かつての部下であった劉勲の元へ身を寄せた。同年12月、孫策周瑜・孫権らを率いて劉勲を破り廬江に入ると、袁夫人は家族とともに捕虜となっている。庇護を受けた橋公の娘たち(大橋小橋)や劉勲の妻子らと共に、呉郡へ送致された。

孫権の後宮に入り、夫人となった。誠実で品行方正な人柄であったが、子を成すことがなかった。そのため孫権は他の側室らが生んだ子を幾人も彼女に養育させたが、何れも夭折してしまった。なお、姪が夫の息子である孫奮に嫁いだ。

赤烏元年(238年)、孫権の後宮筆頭であった歩夫人が亡くなると、孫権は袁夫人を皇后に立てようと考えたが、子が無いことを理由に固辞して受けなかった。後に潘皇后の嫉妬を買い、潘皇后は袁夫人を中傷したというが、袁夫人の後の動静は不明である[注釈 1]

小説『三国志演義』には登場しない。なお、袁術の遺族が徐璆によって殺される設定になっている。

[ヘルプ]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 袁夫人が殺されたという説は誤訳である。

出典[編集]

参考文献[編集]