ガーラタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ガーラタウン
GaLaTOWN
マエダガーラモール店 正面
マエダガーラモール店 正面
店舗概要
所在地 038-0006
青森県青森市三好2丁目3-19
座標 北緯40度49分58.8秒東経140度42分9.3秒
開業日 2000年(平成12年)6月23日
(ハイパーモール・ジョイシティ開業時)
正式名称 ガーラタウン・青森ウエストモール
施設所有者 株式会社東日本不動産
商業施設面積 17,590 m²
中核店舗 マエダガーラモール店
営業時間 平日・土曜 10:00 - 21:00
日曜・祝日 9:00 - 21:00
(一部店舗をのぞく)
前身 ハイパーモール・ジョイシティ
最寄駅 新青森駅
最寄IC 東北自動車道青森IC
外部リンク http://www.galatown.jp/
Maeda logo.svg

ガーラタウンGaLaTOWN)は、青森県青森市にある複合型大型ショッピングセンター。正式名称は「ガーラタウン・青森ウェストモール」(ガーラタウン・あおもりウェストモール)。地域住民からは「ガーラ」と言われている。

青森市有数のショッピングセンターの一つであり、青森西バイパスの中心となるショッピングセンターでもある。

概要[編集]

ジョイシティ時代[編集]

2000年(平成12年)に「ハイパーモール・ジョイシティ」としてオープン。キーテナントは「ジョイフルシティみなみ」であった。しかし、「ジョイフルシティみなみ」を運営していた「亀屋みなみチェーン」が2001年(平成13年)に経営破綻し、同年末、開業からわずか1年で閉店した。その後、1年6か月もの間キーテナントがいない状態が続いた。

「ガーラタウン」へ改称~現在[編集]

2003年(平成15年)に店舗を地元企業の宝来商事(みちのく銀行の実質関連会社)が買収、現在のキーテナント「マエダ」になったのと同時に、「ガーラタウン」に改名した。テナント構成にまとまりがなく、あまり魅力的ではなかったジョイシティ時代に比べて、来客のニーズに応えたバランスの良いテナント構成により、安定した客数を維持している。

キーテナントのマエダの食品売場では、マエダ発祥の地である下北の強みを生かし、新鮮な魚介類を揃えている。また不定期に「マグロ解体ショー」を行い、新鮮なマグロの試食をふるまったり、目の前でさばいたばかりのマグロをそのままパックして販売したりする。

主なテナント[編集]

メインテナント[編集]

ガーラタウン構内図

ガーラモール(専門店街)[編集]

ATM[編集]

  • マエダ1階:夢味だこ前
  • マエダ正面入口前
    • みちのく銀行・石江支店ガーラタウンマエダ西バイパス店第2店出張所

沿革[編集]

  • 2000年(平成12年)6月23日 - 「ハイパーモール・ジョイシティ」(当時亀屋みなみチェーンがキーテナント)としてオープン。
  • 2001年(平成13年)12月24日 - 「亀屋みなみチェーン」が破綻し、キーテナントだった「ジョイフルシティみなみ西バイパス店」が閉店。
  • 2003年(平成15年)6月27日 - 「ガーラタウン」に名称変更する。
  • 2005年(平成17年) - 家電量販店「ベスト電器」が撤退、数ヵ月後にゲームセンター「クラブセガ」が入店する。
  • 2007年(平成19年)7月 - 青森コロナワールドの立体駐車場の利用開始。これにより、休日のパチンコ客などによる渋滞が緩和される
  • 2008年(平成20年)
    • 11月8日 - 「クラブセガ」が撤退。撤退直後はクラブセガ建物内の「自遊空間」のみ営業していた。
    • 12月20日 - 旧クラブセガに、青森コロナワールドのゲームセンター「青森メトロポリス新館」が入店(のちに新館は閉館)。
  • 2011年(平成23年)7月1日 - 「青森コロナワールド」内の天然温泉施設・カラオケスタジオが、同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により閉店。カラオケ店舗は2013年12月21日に再開オープン。
  • 2013年(平成25年)11月24日 - 「ニトリ」が近隣地へ移転のため撤退。
  • 2015年(平成27年)9月20日 - クラブセガ建物内の「自遊空間」が閉店[1]
  • 2017年(平成29年)
    • 8月15日 - 「アメリカ屋」が閉店。
    • 10月6日 - 「スイートデコレーション」が開店。
    • 11月16日 -「西松屋」が開店。

名前の由来[編集]

「ガーラ」とは、ラテン語で「お祭り」や「ハレ(非日常)」と言う意味の言葉である。ガーラタウンのロゴの「G」は、津軽三味線の弦をイメージしたものである。

近隣[編集]

アクセス[編集]

関連項目[編集]

かつて入店していたテナント[編集]

  • ジョイフルシティみなみ(かつてのキーテナント) - 前述の「亀屋みなみチェーン」の倒産により撤退。
  • ベスト電器 - 他店に遅れてオープン。しかし、業界1位のヤマダ電機が青森進出した事等が一因となり撤退。
  • クラブセガ - ベスト電器の建物を大幅改造してオープン。同時に建物内にマンガ喫茶の「自遊空間」もオープンした。「自遊空間」は、クラブセガ閉店後も営業を続けていたが、2015年9月20日24時をもって閉店した[1]
  • サンデー - ジョイシティからのテナントであったが、時期的・地理的なすれ違いから自然離脱した。現在も営業中。
  • ニトリ

その他[編集]

  • ジョイシティ時代、旧ジョイフルシティみなみの正面口の風除室に亀の石像が置いてあった。
  • ジョイシティ時代には、フードコートにはマクドナルドミスタードーナツケンタッキーフライドチキン築地銀だこといった有名ファストフード店が出店していた(ケンタッキーは2013年に再出店)。
  • かつてはCMを放映していた。ガラガラとガーラをかけた「うがい篇」、「赤ちゃん篇」、モール内を親子が探検する「冒険篇」の3作。
  • 「青森コロナワールド」内の天然温泉施設が、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による地殻変動等により温泉が枯れてしまうというトラブルに見舞われ、地震当日から休業に追い込まれていた。結局、営業再開の目処が立たず同年7月1日に温泉施設は閉店した。跡地はカラオケBOXになっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 青森西バイパス店閉店のお知らせ”. 株式会社スコーレ (2015年9月5日). 2016年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]