アクースモニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アクースモニウムの解説をするピエール・シェフェール

アクースモニウム(Acousmonium)とは、フランスの電子音楽作曲家、フランソワ・ベイルによって1974年につくられ、メゾン・ド・ラ・ラジオフランス語版内のGroupe de Recherches Musicalesで最初に用いられた音響システムである。

概要[編集]

アクースモニウムは、テープの再生用に設計されたもので、サイズと形状の異なるラウドスピーカーで構成されている。 アクースモニウムでは音の空間を「音響スクリーン」と呼んでおり[1]、様々な大きさ、距離、方向に複数の音響スクリーンを形成する[2]

ベイル自身は、1993年に、あるCDのライナーノーツ上で以下のように語っている。

もう一つのユートピアは、純粋に「聴く」ことに専念するものであり、音に浸りやすい「投影領域」として、はっきりと管理され、空間化されたポリフォニーへと変換される。

アクースモニウムは今日でも使用されている、2006年5月には、ロンドン現代芸術研究所英語版での一連のエレクトロアコースティック・ミュージック英語版のコンサートで用いられた。

歴史[編集]

ベイルによる試みの以前にも、1952年にはピエール・シェフェール、ジャック・ポランの発案による4チャンネルの「立体ミキサー」を用いた、オリヴィエ・メシアンらの作品の上演[3]や、5チャンネルの立体音響を用いたカールハインツ・シュトックハウゼンの『少年の歌』の発表[4]が行なわれており、また、1958年ブリュッセル万博の「フィリップス館」ではヤニス・クセナキスル・コルビュジェの手による、400あまりのスピーカーを用いたエドガー・ヴァレーズの『ポエム・エレクトロニック』とクセナキスの作品の上演[5]が行なわれていた。そして、ベイルの「アクースモニウム」発表の直前にあたる1973年には、クリスチャン・クロジエによる「グメバフォン」が公開された[6]

音響エンジニアである、ジャン・クロード・ラルマンの協力のもと、アクースモニウムの構想をあたためてきたベイルは、1974年1月16日にサン・セヴラン教会で非公式にアクースモニウムのコンサートを開催し、同年2月12日パリの「エスパス・カルダン」でのコンサートでアクースモニウムを初公開した[7]

この、ベイルの手による最初のアクースモニウムは、19個程のスピーカーから成り立っており、8チャンネル分の独立した音量操作が可能であった[8]オーケストラを想起させるスピーカーの配置が特徴であり、また、通常指揮者が立つ位置に操作ブースを設置している[9]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ボスール、11ページ。
  2. ^ ボスール、11ページ
  3. ^ 檜垣、16ページ。
  4. ^ 檜垣、17ページ。
  5. ^ 檜垣、17ページ。
  6. ^ 檜垣、20〜21ページ。
  7. ^ 檜垣、29ページ。
  8. ^ 檜垣、29〜30ページ。
  9. ^ 檜垣、33ページ。

出典[編集]