リチャード・マーカンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リチャード・マーカンド
Richard Marquand
生年月日 (1937-09-22) 1937年9月22日
没年月日 (1987-09-04) 1987年9月4日(49歳没)
出生地 カーディフLlanishen
死没地 ケントロイヤルタンブリッジウェルズ
職業 映画監督
活動期間 1970年 - 1987年
テンプレートを表示

リチャード・マーカンドRichard Marquand1937年9月22日[1] - 1987年9月4日)は、ウェールズ出身の映画監督

人物[編集]

カーディフスラニシェンで、母レイチェルと父で下院議員のヒラリー・マーカンドの間に生まれる[1]1970年からテレビシリーズなどを手掛けるようになる。

1981年の『針の眼』がジョージ・ルーカスに評価され、『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』の監督に抜擢されることとなる[2]。マーカンド自身も、チューバッカイウォーク達に乗っ取られるAT-STの操縦士、マーカンド少佐役の出演の他にも、EVシリーズ監督ドロイド、EV-9D9役の声の出演を担当している。

1987年にはマーカンドはボブ・ディラン出演の映画『ハーツ・オブ・ファイアー』を監督するが、出来が悪く、ビデオストレートとなる。49歳のとき、ケントロイヤルタンブリッジウェルズ脳梗塞により亡くなる。

息子のジェームズ・マーカンドも映画監督である。

フィルモグラフィ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1978 レガシー
The Legacy
- 監督 -
1979 ビートルズの誕生
Birth of the Beatles
1981 針の眼
Eye of the Needle
1983 スター・ウォーズ/ジェダイの帰還
Star Wars: Episode VI - Return of the Jedi
マーカンド少佐
EV-9D9
出演
声の出演
監督
沢木郁也(ソフト版、マーカンド少佐、EV-9D9)
不明(日本テレビ版、マーカンド少佐)
小島敏彦(日本テレビ版、EV-9D9)
1984 9月まで抱きしめて
Until September
- 監督 -
1985 白と黒のナイフ
Jagged Edge
1987 ハーツ・オブ・ファイヤー
Hearts of Fire
監督
製作
1993 ボディ・ターゲット
Nowhere to Run
原案

脚注[編集]

  1. ^ a b Richard Marquand Biography (1937-)
  2. ^ 公開時の邦題は『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。

外部リンク[編集]