ターザン:REBORN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ターザン:REBORN
The Legend of Tarzan
監督 デヴィッド・イェーツ
脚本 アダム・コザッド
クレイグ・ブリュワー
原案 クレイグ・ブリュワー
アダム・コザッド
原作 エドガー・ライス・バローズ
ターザン
製作 ジェリー・ワイントローブ
デヴィッド・バロン
アラン・リッシュ
トニー・ルドウィグ
製作総指揮 スーザン・イーキンス
ニコラス・コルダ
キース・ゴールドバーグ
デヴィッド・イェーツ
マイク・リチャードソン
ブルース・バーマン
出演者 アレクサンダー・スカルスガルド
サミュエル・L・ジャクソン
マーゴット・ロビー
ジャイモン・フンスー
ジム・ブロードベント
クリストフ・ヴァルツ
音楽 ルパート・グレッグソン=ウィリアムズ英語版
主題歌 Better Love
作・歌:ホージア[1]
Nawe, Nawe
演奏:[Alexandros]
(日本版のみ[2]
撮影 ヘンリー・ブラハム英語版
編集 マーク・デイ
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
Jerry Weintraub Productions
Riche/Ludwig Productions
Beaglepug Productions
ラットパック=デューン・エンターテインメント
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年7月1日
日本の旗 2016年7月30日
上映時間 110分[3]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $180,000,000[4]
興行収入 世界の旗 $356,700,000[4]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $126,600,000[4]
日本の旗 6億9000万円[5]
テンプレートを表示

ターザン:REBORN』(ターザン リボーン、原題: The Legend of Tarzan)は、2016年に公開されたアメリカ合衆国2D3D映画[6]

本作はジャングルで動物たちに育てられたターザンが人間の女性と結婚した後の話が描かれる[6]

ストーリー[編集]

1885年、ベルリン会議においてベルギー国王レオポルド2世コンゴ盆地の領有権を確保し、コンゴ自由国が成立する。しかし、コンゴの経営に行き詰まり莫大な負債を抱えたレオポルド2世は、事態を打開するため側近のレオン・ロムをコンゴに派遣し、ダイヤモンドの採掘を命じる。ロムはコンゴ奥地の部族と接触し、族長ムボンガと「ターザンと引き換えにダイヤを渡す」という契約を交わす。

父の名を継ぎグレイストーク卿となったジョン・クレイトンの元に、レオポルド2世からのコンゴ視察依頼が届く。視察を断るジョンに対し、アメリカ特使のウィリアムズは「コンゴで行われている奴隷労働の実態を暴きたい」と協力を持ちかける。コンゴ行きを承諾したジョンは妻ジェーンを連れてウィリアムズと共にコンゴを訪れ、ジェーンと出会った部族の村に到着する。しかし、そこでロムの率いる公安軍に襲撃され、ジェーンが連れ去られてしまう。ジョンとウィリアムズは部族の若者と共にロムを追いジャングルを横断する。途中で奴隷を輸送する列車を襲ったジョンたちは奴隷売買の帳簿を手に入れ、さらに、ロムが2万人の傭兵を雇いコンゴ全域の制圧を計画していることを知る。

部族の若者たちと別れたジョンとウィリアムズはジャングルの奥地に向かうと、そこではムボンガからダイヤを受け取ったロムが船に乗り込んだ後だった。かつて息子をジョンに殺されたムボンガは復讐を果たそうとジョンに襲いかかる。ジョンは育ての母ゴリラのカラをムボンガの息子に殺されたことを告げ、「やがてロムは君たちを皆殺しにやって来る」と語る。そこにジョンの兄弟ゴリラたちが現れ決闘が終了し、ジョンとウィリアムズはロムを追いボマ港に向かう。

ボマ港に到着したロムは、銀行家フラムが約束の傭兵を乗せた船団を引き連れ入港したことに安堵するが、ジョンが率いる動物たちに街を襲撃され公安軍が壊滅する。ロムはジェーンを囮にして船に乗り込み脱出するが、ウィリアムズの機関銃掃射を受け船が座礁する。ジェーンを救出したジョンは船に乗り込みロムへの復讐を果たし、船を爆破する。ダイヤが船ごと海に沈んだことを知ったフラムは船団と共に撤退する。

1890年、コンゴから帰還したウィリアムズは帳簿を元にレオポルド2世のコンゴ経営を弾劾する。それから1年後、ジョンとジェーンはコンゴの部族の村に滞在し、ジェーンの父が暮らしていた家で子供を出産する。

キャスト[編集]

※ 括弧内は日本語吹き替え[7][8][9]

制作[編集]

『ターザン』の新作について、2003年頃からジョン・オーガストによって脚本の執筆が進められていた[10]。2008年頃にはスティーヴン・ソマーズとスチュアート・ビートルズが共同で異なる脚本を執筆していたが、内容が『パイレーツ・オブ・カリビアン』に酷似していたため没となった[11][12]。2011年頃にクレイグ・ブリュワーが脚本を執筆したが受け入れられず、2012年にはデヴィッド・イェーツが監督に起用された[13][14]。しかし、2013年4月に予算の確保が困難となり制作の一時中断が発表された[15]

プロデューサーのジェリー・ワイントローブは、最も有名なターザン俳優のジョニー・ワイズミュラーを意識して、ワイズミュラーと同様に水泳選手のマイケル・フェルプスをターザン役に希望していた。しかし、ワイントローブは『サタデー・ナイト・ライブ』にフェルプスが出演した際の2分間の映像を観て考えを変えた[16]。ターザン役の候補には、他にヘンリー・カヴィルトム・ハーディチャーリー・ハナムなどがいた[14][17]が、2012年11月14日にイェーツはアレクサンダー・スカルスガルドをターザン役に起用し、同時にサミュエル・L・ジャクソンをジョージ・ワシントン・ウィリアムズ役に起用した[18]。2013年3月6日、ジェシカ・チャステインがジェーン役として出演交渉中であることが報じられた[19]が、2014年1月8日にマーゴット・ロビーがジェーン役に決定した[20]。2013年6月4日にはジャイモン・フンスーの出演が決定[21]し、9月26日にはクリストフ・ヴァルツと出演交渉中であることが報じられ、最終的にレオン・ロム役での出演が決まった[22]

2014年6月30日からイギリスハートフォードシャーで撮影が開始され、10月3日に終了した[23][24][25]アフリカのシーンはガボンの映像を合成し、滝と桟橋はハートフォードシャーのスタジオ内で作られたものを使用している[26]

興行収入[編集]

本作は北米で1億2,660万ドル、その他の地域で2億3,010万ドルを記録し、合計で3億5,670万ドルの興行収入を記録した[4]。金融アナリストは「スタジオの想定よりも4,000万ドル少ない記録だった」と指摘している。また、「1億8,000万ドルの製作費を考えれば、続編の製作を承認させるためには4億ドルの興行収入記録が必要だった」という指摘もされている[27][28]。北米では『BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』『パージ:大統領令』と同日公開され、第1週で2,500万ドルから3,300万ドルの収益を上げた[27][29][30]。3,561劇場の6,700スクリーンで公開され、公開初日はIMAXの140万ドルを含む1,400万ドルの収益を上げた[31]。第1週末にはIMAXで3,800万ドル、独立記念日の休日4日間で4,560万ドルの収益を上げた[32]

その後はロシア韓国など19市場で公開された[27]。第1週末には6,700スクリーンで1,930万ドル、122のIMAX劇場で120万ドルの収益を上げた[33]。ロシア・CISでは310万ドル、韓国では400万ドルを記録した[34]イギリスアイルランドでは470万ドルの興行収入を記録した[35]インドインドネシアタイ王国マレーシアでは公開第1週の映画ランキング第1位となった他、メキシコ(460万ドル)、ブラジル(340万ドル)、スペイン(180万ドル)、イタリア(160万ドル)、ドイツ(200万ドル)、アラブ首長国連邦(160万ドル)、日本(150万ドル)の興行収入を記録した[33][35][36][37][38]

中華人民共和国は世界第2の市場だったが、中国当局は自国映画を保護するためにハリウッド映画などの外国映画の上映を制限していた[39][40]。本作は7月19日に公開され、初日に700万ドル、6日間で2,700万ドル、週末3日間で1,200万ドルの収益を上げた[37][41]

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは210件のレビューが寄せられ、支持率36%、平均評価5.1/10となっており、「『ターザン:REBORN』は古典のキャラクターが多く登場するが、それは物語のペースの遅さを補うことはできない」と批評されている[42]Metacriticでは41のレビューに基づき44/100のスコアとなっており、CinemaScore英語版では「A-」評価となっている[43][44]

ノミネート[編集]

部門 対象 結果 出典
女性フィルム・ジャーナリスト同盟英語版 Actress Most in Need of a New Agent マーゴット・ロビー ノミネート [45]
[46]
ジュピター賞英語版 最優秀女優賞 ノミネート [47]
サターン賞 アクション/アドベンチャー映画賞 ターザン:REBORN ノミネート [48]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NEWS”. Better Love - Hozier. 2016年8月1日閲覧。
  2. ^ “[Alexandros]が「ターザン:REBORN」日本版主題歌を書き下ろし、監督も絶賛”. 映画ナタリー. (2016年7月1日). http://natalie.mu/eiga/news/192840 2016年7月6日閲覧。 
  3. ^ The Legend of Tarzan [2D (12A)]”. British Board of Film Classification (2016年5月26日). 2016年7月6日閲覧。
  4. ^ a b c d The Legend of Tarzan” (英語). Box Office Mojo. 2016年7月21日閲覧。
  5. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.43
  6. ^ a b “「ハリポタ」監督が贈る「ターザン」新作が7月公開、主演はA・スカルスガルド”. 映画ナタリー. (2016年3月22日). http://natalie.mu/eiga/news/180354 2016年7月5日閲覧。 
  7. ^ ““浦ちゃん”こと桐谷健太、海から山へ!英国貴族のターザン役で吹替に挑戦”. 映画ナタリー. (2016年5月13日). http://natalie.mu/eiga/news/186984 2016年7月6日閲覧。 
  8. ^ “井上麻里奈が「ターザン」吹替版で妻ジェーン役に挑戦、山路和弘と手塚秀彰共演”. 映画ナタリー. (2016年7月6日). http://natalie.mu/eiga/news/193497 2016年7月6日閲覧。 
  9. ^ ターザン:REBORN”. ふきカエル大作戦!! (2016年7月21日). 2016年7月21日閲覧。
  10. ^ Dunkley, Cathy (2003年6月26日). “August ape for ‘Tarzan’”. Variety. http://variety.com/2003/film/news/august-ape-for-tarzan-1117888576/ 2014年3月9日閲覧。 
  11. ^ McNary, Dave (2008年9月2日). “Sommers in talks to direct ‘Tarzan’”. Variety. http://variety.com/2008/film/news/sommers-in-talks-to-direct-tarzan-1117991480/ 2014年3月9日閲覧。 
  12. ^ Spines, Christine (2008年12月3日). “Tarzan preps big-screen return, 'Pirates of the Caribbean' style”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2008/12/03/tarzan-born-aga/ 2014年3月9日閲覧。 
  13. ^ McNary, Dave (2011年6月2日). “Craig Brewer set to direct ‘Tarzan’”. Variety. http://variety.com/2011/film/news/craig-brewer-set-to-direct-tarzan-1118037950/ 2014年3月9日閲覧。 
  14. ^ a b Brodesser-Akner, Claude (2012年11月7日). “David Yates Committing to Tarzan at Warner Bros.”. Vulture. http://www.vulture.com/2012/11/david-yates-committing-to-tarzan-at-warner-bros.html 2014年3月5日閲覧。 
  15. ^ Fleming Jr, Mike (2013年4月10日). “‘Tarzan’ Dying On The Vine At Warner Bros?”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2013/04/tarzan-dying-on-the-vine-at-warner-bros/ 2014年3月9日閲覧。 
  16. ^ Michael Phelps Was a Frontrunner to Play Tarzan — Until He Hosted 'Saturday Night Live'”. Uprox. 2016年7月9日閲覧。
  17. ^ Brodesser-Akner, Claude (2012年11月7日). “David Yates Committing to Tarzan at Warner Bros.”. Vulture. http://www.vulture.com/2012/11/david-yates-committing-to-tarzan-at-warner-bros.html 2014年3月9日閲覧。 
  18. ^ Kroll, Justin (2012年11月14日). “Alexander Skarsgard swings into ‘Tarzan’ frontrunner”. Variety. http://variety.com/2012/film/news/alexander-skarsgard-swings-into-tarzan-frontrunner-1118062211/ 2014年3月5日閲覧。 
  19. ^ Lussier, Germain (2013年3月6日). “David Yates Wants Jessica Chastain For ‘Tarzan’”. /Film. http://www.slashfilm.com/david-yates-wants-jessica-chastain-for-tarzan/ 2014年3月9日閲覧。 
  20. ^ Sneider, Jeff (2014年1月18日). “‘Wolf of Wall Street’ Star Margot Robbie in Talks for ‘Tarzan’ – She's Jane”. TheWrap. http://www.thewrap.com/margot-robbie-to-star-in-tarzan 2014年3月5日閲覧。 
  21. ^ Fleming Jr, Mike (2014年6月4日). “Djimon Hounsou Joins ‘Tarzan’”. Deadline.com. http://www.deadline.com/2014/06/djimon-hounsou-joins-tarzan/ 2014年6月6日閲覧。 
  22. ^ Kit, Borys (2013年9月26日). “Christoph Waltz in Talks to Play the Villain in 'Tarzan'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/christoph-waltz-talks-tarzan-637398 2014年3月9日閲覧。 
  23. ^ Gallagher, Brian (2014年6月30日). “Warner Bros. Expands Leavesden Studios as 'Tarzan' Begins Production”. MovieWeb. http://www.movieweb.com/news/warner-bros-expands-leavesden-studios-as-tarzan-begins-production 2014年7月2日閲覧。 
  24. ^ Cox, Gordon (2014年6月30日). “Warner Bros. to Expand Leavesden Studios as ‘Tarzan’ Starts Filming”. Variety. http://variety.com/2014/film/news/warner-bros-to-expand-leavesden-studios-as-tarzan-starts-filming-1201254872/ 2014年7月1日閲覧。 
  25. ^ “On The Set For 10/06/14: Liam Neeson Starts A Monster Calls, Alexander Skarsgard Wraps Tarzan”. SSN Insider. (2014年10月6日). http://www.ssninsider.com/on-the-set-for-100614-liam-neeson-starts-a-monster-calls-alexander-skarsgard-wraps-tarzan/ 2014年10月7日閲覧。 
  26. ^ Lucy Feldman (2016年6月23日). “How ‘The Legend of Tarzan’ Got Modernized”. The Wall Street Journal. 2016年6月26日閲覧。
  27. ^ a b c Brent Lang (2016年6月16日). “‘The BFG,’ ‘The Legend of Tarzan’ Failing to Generate Much Box Office Heat”. Variety. 2016年6月23日閲覧。
  28. ^ Anthony D'Alessandro (2017年5月10日). “‘Guardians Vol. 2’ Sending ‘King Arthur’ To The Dungeon — Weekend Box Office Preview”. Deadline.com. 2017年7月24日閲覧。
  29. ^ Pamela McClintock (2016年6月24日). “July Fourth Box Office: Few Fireworks Expected as 'BFG,' 'Tarzan' Track Poorly”. The Hollywood Reporter. 2016年6月24日閲覧。
  30. ^ Brad Brevet (2016年6月26日). “'Finding Dory' #1 Again, Topping All Four of the Weekend's New Wide Releases Combined”. Box Office Mojo. 2016年6月26日閲覧。
  31. ^ Scott Mendelson (2016年7月2日). “Box Office: 'Legend Of Tarzan' Snags Surprisingly Mighty $14M Friday”. Forbes. 2016年7月2日閲覧。
  32. ^ Scott Mendelson (2016年7月3日). “'Tarzan' Box Office: When Best-Case-Scenario Isn't Good Enough”. Forbes. 2016年7月3日閲覧。
  33. ^ a b Nancy Tartaglione (2016年7月5日). “‘Tarzan’ Takes $19.3M In First Offshore Swing; ‘Resurgence’ Rises To $175.8M; China Shells Out For ‘TMNT2’ – Intl B.O. Final”. 'Deadline.com'. 2016年7月6日閲覧。
  34. ^ Vladimir Kozlov (2016年7月5日). “Russia Box Office: 'Legend of Tarzan' No. 1 With Soft $3M; 'BFG' Places Second”. The Hollywood Reporter. 2016年7月5日閲覧。
  35. ^ a b Nancy Tartaglione (2016年7月12日). “‘Ice Age’ Leads Studio Pics; Chinese Summer & ‘Sultan’ Kick Off – Intl B.O. Final”. 'Deadline.com'. 2016年7月12日閲覧。
  36. ^ Nancy Tartaglione (2016年7月17日). “‘Ice Age’ Charts $53.5M Course To Lead Frame; ‘Ghostbusters’ Calls Up $19.1M In Offshore Bow – International Box Office”. 'Deadline.com'. 2016年7月18日閲覧。
  37. ^ a b Anita Busch (2016年7月25日). “‘Star Trek Beyond’ $30M Debut; ‘Lights Out’ $8.5M; Jackie Chan’s ‘Skiptrace’ Nails $64M Bow – Int’l Box Office Final”. 'Deadline.com'. 2016年7月26日閲覧。
  38. ^ Nancy Tartaglione (2016年7月31日). “‘Jason Bourne’ Supreme With $50.1M Bow & Franchise Records – Intl Box Office Update”. 'Deadline.com'. 2016年8月1日閲覧。
  39. ^ Patrick Brzeski (2016年7月24日). “China Box Office: Jackie Chan's 'Skiptrace' Rockets to $60M”. The Hollywood Reporter. 2016年7月26日閲覧。
  40. ^ Patrick Brzeski (2016年8月30日). “China Box Office: Growth Returns in August After Prolonged Downturn”. The Hollywood Reporter. 2016年9月3日閲覧。
  41. ^ Patrick Frater (2016年7月24日). “China Box Office: Jackie Chan’s ‘Skiptrace’ Leaps to $60 Million Opening”. Variety. 2016年7月26日閲覧。
  42. ^ The Legend of Tarzan (2016)”. 2016年8月26日閲覧。
  43. ^ The Legend of Tarzan reviews”. 2016年7月17日閲覧。
  44. ^ CinemaScore”. cinemascore.com. 2017年7月24日閲覧。
  45. ^ Merin, Jennifer (2016年12月16日). “2016 AWFJ EDA Award Nominees”. Alliance of Women Film Journalists. http://awfj.org/eda-awards-2/2016-awfj-eda-award-nominees/ 2016年12月17日閲覧。 
  46. ^ McCue, Michelle (2016年12月16日). “'Arrival', 'La La Land', 'Hell or High Water' Among The Nominees for the 2016 AWFJ EDA Awards”. WeAreMovieGeeks.com. http://www.wearemoviegeeks.com/2016/12/arrival-la-la-land-hell-high-water-among-nominees-2016-awfj-eda-awards/ 2016年12月17日閲覧。 
  47. ^ The Jupiter Awards 2017”. Jupiter Awards. 2016年12月26日閲覧。
  48. ^ McNary, Dave (2017年3月2日). “Saturn Awards Nominations 2017: 'Rogue One,' 'Walking Dead' Lead”. 'Variety'. 2017年3月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]