ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャック・リーチャー NEVER GO BACK
Jack Reacher: Never Go Back
監督 エドワード・ズウィック
脚本 リチャード・ウェンク
エドワード・ズウィック
マーシャル・ハースコビッツ
原作 リー・チャイルド
『ネバー・ゴー・バック』
製作 トム・クルーズ
ドン・グレンジャー英語版
クリストファー・マッカリー
製作総指揮 ポーラ・ワグナー
ハーバート・W・ゲインズ
デヴィッド・エリソン
デイナ・ゴールドバーグ
出演者 トム・クルーズ
コビー・スマルダーズ
音楽 ヘンリー・ジャックマン
撮影 オリヴァー・ウッド
編集 ビリー・ウェバー
製作会社 スカイダンス・メディア
TCプロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 東和ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年10月21日
日本の旗 2016年11月11日[1]
上映時間 118分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $96,000,000[3][4]
興行収入 世界の旗 $162,146,076[3]
アメリカ合衆国の旗 $58,697,076[3]
日本の旗 8億6700万円[5]
前作 アウトロー
テンプレートを表示

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(ジャック・リーチャー ネバー・ゴー・バック、原題: Jack Reacher: Never Go Back)は、2016年製作のアメリカ合衆国アクション映画

リー・チャイルド原作の小説「ジャック・リーチャー」シリーズを実写映画化した『アウトロー』の続編。

トム・クルーズは前作に続いて主演(兼・製作)、監督は『ラスト サムライ』でも組んだエドワード・ズウィック

この作品を最後にトム・クルーズは出演しない事を、原作者のリー・チャイルドが明かしている。

あらすじ[編集]

リーチャーの元同僚のスーザン・ターナー少佐が国家反逆罪で逮捕される。彼女の無実を証明し、ターナーの元部下を殺害した真犯人を暴くため、巨大な陰謀に立ち向かう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ジャック・リーチャー トム・クルーズ 森川智之
スーザン・ターナー少佐 コビー・スマルダーズ 本田貴子
アンソニー・エスピン大尉 オルディス・ホッジ 三宅健太
サマンサ・ダットン ダニカ・ヤロシュ英語版 あんどうさくら
ハンター パトリック・ヒューシンガー英語版 前田一世
サム・モーガン大佐 ホルト・マッキャラニー 山野井仁
ジェームズ・ハークネス将軍 ロバート・ネッパー 若本規夫
モアクロフト大佐 ロバート・カトリーニ -
その他の日本語吹き替え 竹内夕己美/大西弘祐/

田村真/寺依沙織/丸山智行/

小林達也/真木駿一/今泉葉子/

岡井カツノリ/石井綾/高宮彩織/

宮本誉之/北島善紀

Blu-ray/DVD[編集]

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンよりBlu-ray DiscDVDが発売。

  • Blu-ray
    • ジャック・リーチャー NEVER GO BACK[4K ULTRA HD + Blu-rayセット] 品番:PJXF-1082 発売日:2017年4月12日
    • ジャック・リーチャー NEVER GO BACK 品番:PJXF-1110 発売日:2017年11月8日
  • DVD
    • ジャック・リーチャー NEVER GO BACK 品番:PJBF-1224 発売日:2017年11月8日

脚注[編集]

  1. ^ “トム・クルーズ主演「アウトロー」続編は11月11日公開!タイトルは「ジャック・リーチャー」”. 映画.com. (2016年6月24日). http://eiga.com/news/20160624/10/ 2016年9月21日閲覧。 
  2. ^ Jack Reacher: Never Go Back (12A)”. British Board of Film Classification (2016年10月6日). 2016年11月13日閲覧。
  3. ^ a b c Jack Reacher: Never Go Back (2016)”. Box Office Mojo. 2016年11月13日閲覧。
  4. ^ 'Jack Reacher: Never Go Back' to battle 'Ouija' sequel and 'Boo! A Madea Halloween' at box office”. Los Angeles Times. 2016年11月13日閲覧。
  5. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.43

外部リンク[編集]