西遊記〜はじまりのはじまり〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西遊記〜はじまりのはじまり〜
タイトル表記
繁体字 西游·降魔篇
簡体字 西游·降魔篇
英題 Journey to the West: Conquering the Demons[1][2]
各種情報
監督 チャウ・シンチー
脚本 チャウ・シンチー、デレク・クォック、ローラ・フオ、ワン・ユン、ファン・チーチャン、ルー・ゼンユー、リー・シェン・チン、アイビー・コン
製作 チャウ・シンチー、アイビー・コン
製作総指揮 エレン・エリアソフ、ドン・ピン、ビル・コン
出演者 ウェン・ジャン
スー・チー
音楽 レイモンド・ウォン
撮影 チョイ・サンフェイ
編集 チャン・チーワイ
アクション指導 クー・フェンチウ
美術 ブルース・ユー
製作会社 中華人民共和国の旗華誼兄弟
香港の旗比高集団
配給 日本の旗 日活
東宝東和
公開 中華人民共和国の旗 2013年2月10日[1]
香港の旗 2013年2月7日[1]
日本の旗 2014年11月21日
上映時間 110分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
香港の旗 香港
言語 普通話
興行収入 215,000,000USドル[3]
2億4600万円[4] 日本の旗
次作 西遊記2〜妖怪の逆襲〜中国語版
テンプレートを表示

西遊記〜はじまりのはじまり〜』(原題:西遊 降魔篇)は、2013年公開の中国・香港合作映画。チャウ・シンチー(周星馳)監督作品。後に三蔵法師となる玄奘と孫悟空らの出会いが描かれる[5]

エンディングに「Gメン'75」のオープニングテーマ曲が使用されている[6]

2017年にはキャストを一新した続編『西遊記2〜妖怪の逆襲〜中国語版』(原題:西遊 伏妖篇ツイ・ハーク監督)が製作された[7]

あらすじ[編集]

妖怪ハンターを生業とする青年・玄奘は、川で謎の妖怪(後の沙悟浄)によって窮地に陥っていたところを、美人の同業者・に救われた。その後、また別の妖怪(後の猪八戒)相手に悪戦苦闘していたところ再び段に救われ、一度はその妖怪を生け捕りにするも、逃げられてしまった。師匠から「五指山の麓に封印されている孫悟空がその妖怪を倒せるが、性格に難があり注意の必要な人物である」と教えられ、同業者たちとの接触や妖怪たちの妨害が発生する中、玄奘は五指山へ行った。そして、玄奘は、久々の来訪者に喜ぶ悟空に妖怪退治の協力を要請した。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:チャウ・シンチー
  • 共同監督:デレク・クォック
  • 製作:チャウ・シンチー、アイビー・コン
  • 製作総指揮:エレン・エリアソフ、ドン・ピン、ビル・コン
  • 脚本:チャウ・シンチー、デレク・クォック、ローラ・フオ、ワン・ユン、ファン・チーチャン、ルー・ゼンユー、リー・シェン・チン、アイビー・コン
  • 撮影:チョイ・サンフェイ
  • 美術:ブルース・ユー
  • 音楽:レイモンド・ウォン
  • 編集:チャン・チーワイ
  • アクション指導:クー・フェンチウ
  • 日本語版スタッフ
    • 字幕翻訳:岸田恵子
    • 吹替翻訳:税田春介
    • 吹替演出:打越領一
    • 日本語吹替版制作:ACクリエイト

公開[編集]

本作は中国で春節の2013年2月10日に公開され、初日興行収入8,165万元の中国国内新記録を樹立[9]。2月14日には1日の興行収入で中国史上最高の1.256億元を記録した[10]。公開から5週連続で中国国内1位の興行成績を記録。2013年の年間興行成績で中国国内1位の12.46億元を記録。

日本では2014年11月21日に、アジア映画の新レーベル『GOLDEN ASIA』の第1弾として日活東宝東和の共同配給により公開された[11]

全世界の興行収入は2.15億ドルを記録している。

影響[編集]

本作は監督が熱烈なファンであるドラゴンボールに影響を受けたと述べており[12]、本作を絶賛したドラゴンボール原作者の鳥山明がポスターを描き下ろした[13]

評価[編集]

批評家からは好評だった。Rotten Tomatoesには24のレビューが寄せられ、レーティングは92%だった[14]。 加重平均値を求めるレビューサイト Metacriticでは13のレビューが寄せられ、平均点は 68点だった[15]

盗作疑惑[編集]

玄奘と孫悟空の戦いが決着する本作のラストシーンが、カプコンのゲーム『アスラズ ラース』のシーンの盗作ではないかとユーザーの間で話題になった[16][17]。ゲーム業界関係者によれば、カット割りやイメージの類似性の高さから「盗作と言える」と指摘されている[16]

この件について、監督や配給会社からのコメントは出ていないが[17][18]、映画の関係者は、製作の過程で日本のゲームを参考にしたと監督が語ったことがあると述べている[18]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ イメージキャストの2人は、イメージのみで台詞は無い。

出典[編集]

  1. ^ a b c Edmund Lee (2013年2月4日). “Journey To The West: Conquering The Demons”. Screen International. 2015年1月3日閲覧。
  2. ^ Journey to the West: Conquering the Demons (2013)”. Hong Kong Movie Database. 2015年1月3日閲覧。
  3. ^ Top 10 Chinese films in 2013 - "Journey to the West: Conquering the Demons" (西游降魔篇)”. 2015年1月3日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 94頁
  5. ^ a b c d e f g h i j k 斎藤工、映画『西遊記』は「吹替版の方がおもしろい!」と自信|ニュース”. ぴあ株式会社 (2014年11月4日). 2019年8月18日閲覧。
  6. ^ チャウ・シンチー、『西遊記』を引っさげ来日!Gメン75テーマ曲を使用した理由語る (2014年7月22日) - エキサイトニュース(2/2)”. ハリウッドチャンネル株式会社 (2014年7月22日). 2019年8月18日閲覧。
  7. ^ チャウ・シンチー製作「西遊記2」、櫻井孝宏や山寺宏一ら吹替キャスト発表(コメントあり) - 映画ナタリー”. 株式会社ナターシャ (2017年7月28日). 2019年8月18日閲覧。
  8. ^ チャウ・シンチー最新作『西遊記』に山寺宏一ら豪華声優陣が集結!|ニュース”. ぴあ株式会社 (2014年10月8日). 2019年8月18日閲覧。
  9. ^ 《西遊降魔篇》周星馳造星秘訣解密”. 新浪娛樂. 2013年2月16日閲覧。
  10. ^ 《西遊》票房超6億 華誼股價噌噌大漲”. 錢江晚報. 2013年2月19日閲覧。
  11. ^ チャウ・シンチー、『西遊記』を引っさげ来日!Gメン75テーマ曲を使用した理由語る (2014年7月22日) - エキサイトニュース”. ハリウッドチャンネル株式会社 (2014年7月22日). 2019年8月18日閲覧。
  12. ^ チャウ・シンチー監督、自身の新作『西遊記』は「『ドラゴンボール』からひらめきを受けた」”. Walkerplus (2014年7月22日). 2018年3月11日閲覧。
  13. ^ 鳥山明が映画「西遊記−はじまりのはじまり−」のポスターを書き下ろし―中国紙”. Record China (2014年11月11日). 2018年3月11日閲覧。
  14. ^ Journey To The West (2014)”. Rotten Tomatoes. 2015年1月4日閲覧。
  15. ^ Journey to the West : Reviews”. Metacritic. CNET Networks, Inc. 2014年4月14日閲覧。
  16. ^ a b チャウ・シンチー新作に盗作疑惑、日本のゲームを参考に?―中... - レコードチャイナ”. 株式会社Record China (2013年2月18日). 2019年8月18日閲覧。
  17. ^ a b 中国映画が日本のゲーム盗作? チャウ・シンチー監督最新作が物議。 - ライブドアニュース - レコードチャイナ”. Narinari.com (2013年2月17日). 2019年8月18日閲覧。
  18. ^ a b チャウ・シンチー新作に盗作疑惑 日本のゲームを参考に?_中国網_日本語”. チャイナネット (2013年2月17日). 2019年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]