夏木ゆたか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

夏木 ゆたか(なつき ゆたか、1948年12月2日 - )は、日本の男性タレント司会者歌手でもある。本名は馬目豊(まのめ ゆたか)。バウスプリット所属。かつてはサワズ(現在は三木プロダクションに吸収合併されて消滅)に所属していた。2015年にハブ・マーシーに移籍。

来歴・人物[編集]

千葉県銚子市出身。千葉県銚子市立銚子高等学校卒業。1969年クラウンレコードより「愛のかけら」で歌手デビュー(芸名・川口豊)。しかし、歌手としては売れずタレントに転向。

なべおさみなべやかん明治大学替え玉受験問題に絡み、『ルックルックこんにちは』の1コーナー「ドキュメント 女ののど自慢」の司会をなべおさみから引き継ぎ、第2代司会者に就任。陽気で高いテンションの早口トークで知られる。その後、ラジオ日本で演歌番組『夏木ゆたかのホッと歌謡曲』を担当し、演歌への熱意や知識を見せる。また、『いすゞ歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜』で唯一の男性パーソナリティである。

身長180cm。

ディスコグラフィー[編集]

  • 「愛のかけら」(1969年発売) ※川口豊名義
  • 「甲子園の星 紅燃える」(1970年発売) ※川口豊名義
  • 「オー!OSHIRI」(1987年発売) ※高橋亜希子&ミスター(夏木ゆたか名義)
  • 「すごいドラゴンズの歌」(1987年発売)
  • 「女のわがまま」(1994年発売)
  • 「酔いどれララバイ」(1997年発売) ※カップリング曲は「おんなの影法師」
  • 「男と女の別れ道」(2002年発売) ※島津悦子とのデュエット、カップリング曲は「夜のしのび逢い」
  • 「なじみ酒」(2011年発売) ※池田輝郎とのデュエット、カップリング曲は「夕焼け小やけの流行歌」(夏木のソロ)
  • 「ぶって叩いて香水つけて」(2016年7月6日発売)[1] ※カップリング曲は「女は男で花になる」

主な出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

出典[編集]

  1. ^ “夏木ゆたか 19年ぶり新曲はワイルド”. デイリースポーツ. (2016年6月28日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/06/28/0009229376.shtml 2016年6月28日閲覧。 

外部リンク[編集]