エディ・サリバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エディ・サリバン
プロフィール
リングネーム "アウトロー" エディ・サリバン
マイティ・ヤンキー1号
レスリング・プロ2号
ニックネーム 鋼鉄戦車
身長 180cm
体重 115kg - 125kg
誕生日 1941年6月8日
死亡日 (2000-11-24) 2000年11月24日(59歳没)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アリゾナ州の旗 アリゾナ州
マリコパ郡バッカイ[2]
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー プリンセス・トナー・トマー
アイアン・マイク・デビアス
デビュー 1964年[2]
テンプレートを表示

エディ・サリバン"Outlaw" Eddie Sullivan、本名:Rubén J. Huizar1941年6月8日 - 2000年11月24日[2])は、アメリカ合衆国プロレスラーアリゾナ州バッカイ出身のメキシコ系アメリカ人。

メキシコ系のアウトローをイメージしたヒールブルファイターとして、テネシーアラバマなど南部のローカル・テリトリーを主戦場に活動した。リップ・タイラーとのタッグチームでの活躍も知られる。

来歴[編集]

インディアンギミック女子プロレスラー、プリンセス・トナー・トマー[3]のトレーニングを受け[1]1964年にデビュー[2]。地元のアリゾナテキサスオクラホマなどを転戦後、1968年テネシーNWAミッドアメリカ地区にてフランク・モレルとの覆面タッグチームマイティ・ヤンキーズThe Mighty Yankees)を結成[4]。ミッドアメリカ版のNWA世界タッグ王座をはじめ、同地区認定のローカル・タッグ王座を再三獲得した[5][6]

マイティ・ヤンキーズ解散後の1969年11月、素顔のエディ・サリバンEddie Sullivan)として日本プロレスに初来日[7]。その後、アラバマNWAガルフ・コースト地区に参戦し、1971年6月30日にリップ・タイラーと組んでケン・ルーカス&ジョニー・ウエストからUSタッグ王座を奪取[8]。以降も兄貴分タイラーとのタッグチームで活動し、1972年6月にはタイラーと共に新日本プロレスに来日[9]。翌1973年4月23日にはNWAトライステート地区(後のMSWA)にて、ジェリー・ブラウン&バディ・ロバーツハリウッド・ブロンズを破り、トライステート版のUSタッグ王座にも戴冠した[10]

シングル戦線では1974年3月6日、ワシントン州シアトルを本拠地とするスーパースター・チャンピオンシップ・レスリングにてビッグ・ジョン・クインからSCWウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座を奪取[11]。主戦場のアラバマでは、1976年2月3日にボブ・スウィータンを破ってNWAガルフ・コースト・ヘビー級王座を獲得し[12]、同月17日には当時テリー・ファンクが保持していたNWA世界ヘビー級王座にも挑戦した[13]

1976年5月、タイラーとのコンビで国際プロレスに初参戦。6月7日に福山にてグレート草津&マイティ井上を破り、IWA世界タッグ王座を獲得した[14]。翌1977年1月の再来日時には、タイラーと共に千葉真一主演の映画『空手バカ一代』の撮影にも参加している(本郷功次郎演じる柔道家と対戦するプロレスラー役で出演)[15]1980年3月には単独で国際プロレスに来日し、外国人エースのモンゴリアン・ストンパーも一目置くベテラン[16]としてシリーズを引き締めた。

1984年10月には国際プロレスで共闘したことのある上田馬之助の仲介でタイラーと共に全日本プロレスに来日[17]。新日本・国際・全日本と、タイラーとのコンビでの昭和の3団体への参戦を果たした(タッグチームでは、彼ら以前にはダスティ・ローデスディック・マードックジ・アウトローズ、以後にはブッチ・ミラールーク・ウィリアムスザ・シープハーダーズも3団体出場を果たしている)。

1987年、かつての主戦場ガルフ・コースト・エリア(メキシコ湾岸)のフロリダ州ペンサコーラにてタイラーが旗揚げした独立団体WOW(ワールド・オーガニゼーション・レスリング)の運営に参画。トレーナーとしてボブ・ホーリーなどを指導した[1]

引退後は、アリゾナやアラバマのインディー団体が主催するレジェンド選手のリユニオン・イベントに度々出場していた。2000年11月24日、心臓発作のため死去[18]。59歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ガルフ・コースト・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAルイジアナ・ヘビー級王座:1回
  • NWAミシシッピ・ヘビー級王座:3回
  • NWAミシシッピ・タッグ王座:2回(w / プリンス・プリングル、リップ・タイラー
  • NWAガルフ・コースト・ヘビー級王座:3回[12]
  • NWAガルフ・コースト・タッグ王座:8回(w / レスリング・プロ1号、ジャック・モレル、リップ・タイラー×5、ソニー・キング[19]
  • NWA USタッグ王座(ガルフ・コースト版):4回(w / リップ・タイラー)[8]
NWAミッドアメリカ
  • NWA世界タッグ王座ミッドアメリカ版):3回(w / フランク・モレル)[5]
  • NWA南部タッグ王座(ミッドアメリカ版):6回(w / フランク・モレル)[6]
  • NWA USタッグ王座(ミッドアメリカ版):2回(w / フランク・モレル)
NWAトライステート
  • NWA USタッグ王座(トライステート版):1回(w / リップ・タイラー)[10]
スーパースター・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCWウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座:1回[11]
  • SCWウエスタン・ステーツ・タッグ王座:2回(w / リップ・タイラー、ルーク・ブラウン
インターナショナル・レスリング・エンタープライズ

脚注[編集]

  1. ^ a b c Eddie Sullivan”. The Oklahoma Wrestling Fan's Resource Center. 2012年1月7日閲覧。
  2. ^ a b c d Eddie Sullivan”. Wrestlingdata.com. 2012年1月7日閲覧。
  3. ^ Princess Tonah Tomah”. Online World of Wrestling. 2012年1月7日閲覧。
  4. ^ The Mighty Yankees”. Online World of Wrestling. 2012年1月7日閲覧。
  5. ^ a b NWA World Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  6. ^ a b NWA Southern Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  7. ^ JWA 1969 NWA Series”. Puroresu.com. 2016年10月31日閲覧。
  8. ^ a b NWA United States Tag Team Title [Gulf Coast]”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  9. ^ NJPW 1972 Opening Series III”. Puroresu.com. 2015年4月23日閲覧。
  10. ^ a b NWA United States Tag Team Title [Tri-State]”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  11. ^ a b SCW Western States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  12. ^ a b NWA Gulf Coast Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  13. ^ The Records of NWA World Heavyweight Championship Matches 1976”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  14. ^ a b IWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  15. ^ 『Gスピリッツ Vol.17』P71(2010年、辰巳出版ISBN 4777808297
  16. ^ DVD-BOX『国際プロレスクロニクル 外伝』DISC.1(2011年、クエスト)
  17. ^ The AJPW matches fought by Eddie Sullivan in 1984”. Wrestlingdata.com. 2015年9月18日閲覧。
  18. ^ Down for the Count”. Solie's Vintage Wrestling. 2012年1月7日閲覧。
  19. ^ NWA Gulf Coast Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。

外部リンク[編集]