ドS刑事シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドS刑事から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドS刑事シリーズ』(ドエスでかシリーズ)は、七尾与史による日本推理小説ユーモアミステリー)のシリーズである。殺人現場で「死体に萌える」ばかりのやる気ゼロな美人刑事・黒井マヤが数々の現場で暴れ、事件を引っかき回す。

2015年、『ドS刑事』のタイトルでテレビドラマ化された。

概要[編集]

著者の初のシリーズ作品。これまでの作品は全て文庫本だったが、初めてハードカバーでの発売となった[1]。1作目の『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』は本屋大賞2012の35位にランクインし、発行部数は10万部を超え[2]、2作目の『ドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件』も4万部を超えるベストセラーとなっている[2]

表紙のイラストはワカマツカオリが手がけているが、著者の七尾はそのイラストを見て、「もしこのシリーズが映画化されるなら黒井マヤは栗山千明、代官山は堺雅人のイメージ」と話し、「ドM刑事の浜田は濱田岳。実はそれを意識して名前をつけました。」と明かしている[2]

2015年9月、JTが運営するWEBサイト「ちょっと一服ひろば」で浜田学を主人公としたスピンオフ作品『哀愁のドM刑事』(全5話)が公開された[3]

登場人物[編集]

黒井マヤ
警視庁捜査一課殺人犯捜査第三係 → 静岡県警捜査一課警視庁捜査一課殺人犯捜査第三係。階級は巡査部長。25歳。
日本人形を思わせる切れ長の瞳に通った鼻筋、艶やかな漆黒の長い髪と、白磁を思わせる滑らかな肌の美人刑事。千里眼の持ち主で誰よりも早く事件の真相を突き止める。しかしその本性は「死体が見たいから刑事になった」という、正義感ゼロ、傍若無人、高飛車な性格。殺人現場マニアであり、凶器や遺留品から被害者の指や耳や折れた歯など色々な物をコレクションしたり、死体に点数をつけたりするなどして、たとえ真相が分かっても現場を見たいがために犯人を見逃し、決して解決するまで真相を口外しない。また、サディスティックな性格で犯人のコンプレックスや幼少期のトラウマを執拗にあぶり出し、全人格を否定するような言動でなじったりもする。また、子供にも容赦はしない。ダリオ・アルジェントの大ファン。携帯電話の着信音は『サスペリア』のテーマ。コーヒーはブラック派。
代官山脩介
浜松中部警察署強行犯係 → 警視庁捜査一課殺人犯捜査第三係。階級は巡査。33歳。
本シリーズの実質的な主役。一人称は僕、俺。マヤからは初対面時から「代官」とあだ名を付けられ、いつしか他の刑事からも呼ばれるようになった、なかなかの「イケメン」。上司からはマヤをグレース・ケリーオードリー・ヘプバーンだと思ってわがままを全面的に受け入れるよう厳命され、ダリオ・アルジェントのDVD鑑賞に付き合わされたりなど、傍若無人なマヤの行動に翻弄されている。
人一倍正義感が強いが、それだけが売り。「マヤの推理したことを推理することが仕事」というとおり、極秘に単独捜査を行い、真相を口外しないマヤの行動を推理することで事件の真相に迫っていく。コーヒーはミルクたっぷりのカフェオレしか飲めない。
浜田学
警視庁捜査一課殺人犯捜査第三係。階級は警部補。23歳。
シリーズ第2作『朱に交われば赤くなる殺人事件(クイズ王殺人事件)』で初登場。すべすべした頬にそばかすが広がり、純粋でつぶらな瞳が特徴の青年。大きすぎて身体に合わないバーバリーのトレンチコートを着ている。東京大学法学部卒業のエリート[3]。しかし、現場で被害者の顔に嘔吐する、足を引っ掛けて転ぶ、尋問中に容疑者に凄まれて泣き出す、凶器のナイフを洗うなど、ありえない行動を取ってしまう。マヤを「姫様」呼ばわりし、全人格を否定するような言動で非難されたり、額が割れるほどのデコピンを食らったりしているが、本人はそれさえもありがたく思うほどのドM体質。「クイズ王殺人事件」では犯人ともみ合い、マンション9階のベランダから転落して心肺停止(幽体離脱までしている)、全身複雑骨折、内臓がグチャグチャな状態から生還するという不死身の体質でもある。
渋谷浩介
警察庁捜査一課第三係の係長。
飯島昭利
浜松中部警察署強行犯係。階級は警部補。57歳。
正義感が強く、若手からの信望も厚い。面倒見がよく気さくな性格。
神田輝明
静岡県警捜査一課所属。階級は警部
昭和の銀幕スターを思わせるシャープな目鼻立ちで若い女性に人気がある。経験豊富な捜査員としてその実力は代官山や飯島も十分に認めている。
ダンディな見た目に対し、実は無類のアニメオタクで、『機動戦士ガンダム』や『SLAM DUNK』などの台詞を言い出したり、『プリキュア』のネクタイをしたり、「痛車」を走らせているのを目撃されていたりしている。
黒井篤郎
警察庁次長にして、黒井マヤの父親。ガマガエルを思わせる体型とニキビ痕の広がる顔をしている。
マヤを溺愛するあまり、娘の猟奇行動を批判したり、楯突いたりする刑事に対しては、強権を発動して僻地に飛ばすことをいとわない。

シリーズ一覧[編集]

テレビドラマ[編集]

ドS刑事
ジャンル テレビドラマ
原作 七尾与史
『ドS刑事』シリーズ
脚本 川崎いづみ
監督 中島悟
演出 中島悟
川村泰祐
松永洋一
出演者 多部未華子
大倉忠義
吉田羊
八乙女光
中村靖日
石井正則
ミッツ・マングローブ
勝村政信
伊武雅刀
岸本加世子
エンディング 関ジャニ∞強く 強く 強く
製作
プロデューサー 森雅弘
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2015年4月11日 - 6月20日
放送時間 土曜 21:00 - 21:54
放送枠 土曜ドラマ (日本テレビ)
放送分 54分
回数 11
公式サイト

特記事項:
初回は、6分拡大放送(21:00 - 22:00)[4]

ドS刑事』(ドエスでか)のタイトルで2015年4月11日から6月20日まで毎週土曜日21時 - 21時54分に[注 1]日本テレビ系の「土曜ドラマ」枠で放送された。主演は多部未華子[5][6]

多部は役作りのため、監督曰く映画『レオン』のイメージで前髪ぱっつんのボブスタイルに髪型を変え、映画『スター・ウォーズ』のダース・ベイダーのイメージで黒のパーカーに黒のコートを合わせるファッションに挑戦している[7][8]

キャスト[編集]

詳細な人物設定は原作の登場人物を参照。本項ではドラマ独自の人物設定を記載する。

川崎青空警察署刑事一課強行犯捜査係[編集]

黒井 マヤ〈25〉
演 - 多部未華子
本作の主役。着任したばかりの巡査部長。父は警察庁次長の黒井篤郎警視監。いつも「強力接着剤S」をポケットに入れている。研三郎からは「マヤヤ」と呼ばれている。
刑事を志した理由は「犯人をいたぶりたいから[9]と公言しており、犯人の恥ずかしい過去を暴露して精神的に追い詰めるのを好む。往生際の悪い犯人を逮捕するときはを使う[9]。ボウリングはかなり苦手。「バッカじゃないの?[9]、「代官様、行くわよ!!」「ファイト!!」が口癖。「臨時捜査会議」と題して代官山と共に公園の回転遊具に乗り事件の捜査状況を振り返った後右脳が働き、事件解決に至るというのが毎回定番となっている。一方で原作にあった「遺体マニア」の要素は削除されている。
代官山 脩介〈29〉
演 - 大倉忠義[10]
巡査。青空みなみ交番勤務から、マヤが抜擢し、バディを組む。一人称は私。1985年6月17日生まれ[注 2]。父とは死別していて、理容室を営む母と妹との3人暮らし。一課では「代官様」(マヤ命名)と呼ばれている。何かに気づいた時に「えー」「あー」と大きい声で叫ぶ癖を持つ。高所恐怖症へたれな一面があり、マヤに良いようにこき使われている。また、暗所恐怖症でもある為、暗い場所を歩く時に「どんぐりころころ」を歌う癖がある。
不二子からは「代官山巡査」、有栖川からは「代官」「お代官」と呼ばれている。
白金 不二子〈39 → 40〉[注 3]
演 - 吉田羊[11]
課長。階級は警部。現在禁煙中。基本的に丁寧な言葉で話すが、時折博多弁を話すことがある。
エビを食べると頭が冴えるらしい。
浜田 宗一郎〈24〉
演 - 八乙女光
巡査。マヤの振る舞いを見て、自分もあんな風に虐げられたいと思い、ドMになる[注 4]
中根 昌信〈37〉
演 - 中村靖日
巡査。クールでマイペース。3人の姉がいる為、ガールズトークは得意。
有栖川 恒夫〈45〉
演 - 勝村政信
係長。階級は警部補。いつも白金課長に判断を仰いでいる優柔不断な性格。ピンク・レディーの元ファンクラブ会員。最近では気の小さい面が目立つ為、代官山から「ちょっとごめんね」と言われる等、軽く見られている。意外に銃の腕前は良く、警察学校で唯一1番になった事がある[注 5]
近藤 徳二〈58〉
演 - 伊武雅刀
巡査部長。定年間近。柔道の達人。大らかな性格だが、無神経な言動を取る中華屋ケンちゃんに対しては厳しい態度で接しており、怒鳴りつけて追い払う様子が見られた。不二子とベンチで共にコーヒーを飲みながら語る事が多い。

その他[編集]

由良 文男
演 - 石井正則
マヤの情報屋。登場する度に恰好が毎回異なる。情報提供料としてお金を渡すと、必ず領収証を渡す。
乾 研三郎〈38〉
演 - ミッツ・マングローブ
京浜医科大学医学部の法医学准教授。いわゆる女装男子。白衣の下は派手な服。愛称は「ケンケン」。代官山を「ファニフェストボーイ」と呼び、気に入っている。
代官山 かおり〈23〉
演 - 瀬戸さおり[12]
脩介の妹。母のBARBER「代官山」を手伝っている。兄の事は尻に敷いているが、優しい性格を尊敬している。
中華屋ケンちゃん
演 - 菅裕輔
中華料理「来来軒」の従業員。「チーッス」の掛け声とともに捜査一課に出前する。言動が軽薄で捜査係の面々からは嫌われており、近藤を激怒させたこともある。前は不良だった。
代官山 啓子〈53〉
演 - 岸本加世子
脩介・かおりの母。BARBER「代官山」のオーナー。マヤの父・篤郎は昔の交際相手。夫は既に亡くなっている。

ゲスト[編集]

第1話[編集]
五十嵐
演 - 矢柴俊博
御浜信用金庫、副支店長。女装バー「ハニービーンズ倶楽部」によく出入りする。そこではユリアと名乗っている。
前原 雄一
演 - 川原一馬
不良グループのリーダー。傷害罪の前科がある。
青山 真一郎
演 - 小林健一
元警備会社「久津和セキュリティー」社員。
シニアカーを押しながら歩く老婆
演 - 森康子
交番勤務の代官山に歩道橋を上るのを助けられる。
田中
演 - 波岡一喜
ビルの5階にあるフィギュア店に店員を人質にして立て籠もる。その理由は、1体だけ特別販売の「永遠のびちびち17才 末永みらい」の人形を買えなかったため。
麗子
演 - 丸若薫
脩介の潜入捜査先の女装バー、「ハニービーンズ倶楽部」の女装店員。
久野 静香
演 - 本人役(日本テレビアナウンサー)
立て籠もり事件の現場のテレビキャスター
その他
演 - 山上賢治サカモトワカコ剛州矢崎まなぶ
第2話[編集]
荒木 弘文〈32〉
演 - 中村憲刀
佐々木を恐喝していた元暴力団関東御子柴会構成員。
宮坂 由衣〈23〉
演 - 西田麻衣
荒木の恋人。荒木と一緒に佐々木に対して美人局をやっていた。
江沢
演 - 光宣
暴力団員。
福本 浩二
演 - ダンカン
婚活パーティーを取り仕切っている男。
佐々木 佑哉
演 - ナカムラユーキ(第3話)
結婚詐欺師。婚活パーティーに参加していた男。
暴力団「関東御子柴会」会長
演 - 徳井優
関東御子柴会の総本部に居住。
暴力団員
演 - 小峠英二バイきんぐ
カツラの下に覚醒剤を隠しているところを逮捕される。
火事があったアパートの大家
演 - 川俣しのぶ
第3話[編集]
前園 時枝
演 - 中尾ミエ
人形作家。ドワーフの森工房で仕事をしている。半年前、焼身自殺した凛子の母。
西川 英俊
演 - 相馬圭祐
酒を飲んで公園近くで道に急に飛び出して道路の大渋滞を起こした男。
神宮司 尚義
演 - 若松力
神宮司デンタルラボの歯科技工士。西川英俊に酒を飲ませた男。
松浦 健一郎
演 - 小村裕二郎
セントラル楽器のオーナー。上原伸子の上司。
上原 伸子〈39〉
演 - 丸山優子
セントラル楽器のOL。松浦健一郎の部下。
九条 保奈美
演 - 藤井沙央理
セントラル楽器のOL。上原伸子の部下。
第4話[編集]
真島 マヤ〈8〉
演 - 鈴木梨央
雅史・真美の一人娘。青空第一小学校3年生。下校途中でペットの"マヤ"と間違えられ誘拐される。黒井マヤと同様、ドSな性格で日常では女王様のような態度をとるため「リトルマヤ」の異名をつけられている。犬塚たちに拉致された際も2人を召使いの如くあしらっていた。
真島 雅史
演 - 林泰文
マヤの父。
真島 真美
演 - ちはる
マヤの母。
犬塚 優一
演 - 近藤公園
犬塚家へ誘拐したマヤの身代金の金額変更要求を電話した男。二人組の誘拐犯の一人。
猫田
演 - 岡山天音
犬の"マヤ"を誘拐するはずが、間違えて娘の"マヤ"を誘拐してきた男。二人組の誘拐犯の一人。
神崎 学〈36〉
演 - 金時むすこ
弁天荘で暮らしている。10年前に少女誘拐未遂事件を起こした後、別件で未成年者略取及び誘拐未遂事件を起こして2か月前に出所した。今回の真島マヤ誘拐犯だと間違われる。
オリンピックプラザ101号室で、被害にあった女性
演 - 志冬美
オリンピックプラザ101号室で、傷害罪器物損壊罪で現行犯逮捕された男
演 - 小多田直樹
KONDOH どうぶつ病院の獣医師
演 - 武発史郎
迷い犬"ベッキー"を見つけた飼い主の女性
演 - 松下恵
愛犬"ポロリ"を誘拐された被害者の女性
演 - ステファニー
BARBAR「代官山」の客
演 - 木下貴夫
第5話[編集]
大隣 志郎
演 - ダイアモンド✡ユカイ
IT企業勤務の社長。誕生パーティーの最中、アナフィラキシーショックで急死。
脇本 司
演 - 柏原収史
大隣の部下。誕生パーティーの催し物を担当。次期社長候補。
佐伯有美香
演 - 入山法子
有田 サチ
演 - 赤間麻里子
女性社員。ワンマン気質の大隣のせいで昇進を阻止されたことで、大隣に恨みを持つ。男性に辛くあたるところがある。
第6話[編集]
河東 めぐみ
演 - 恒松祐里
亡くなったヴィクトリア女学院の女子生徒。電車内の痴漢を突き出す等、優等生の一面が在る一方、自身が通うバレエ教室のライバルを蹴落として主役を得ようとするなど、ブラックスワンの一面があった事が語られる。
水上 香奈
演 - 森川葵
亡くなっためぐみの友人。最近は学校を休みがちでカメラを持って出かける事が多い。痴漢容疑で逮捕された父の冤罪を信じている。
水上 透
演 - おかやまはじめ
香奈の父。痴漢容疑で逮捕されたが、裁判のときに見た映像から痴漢をしていないことが分かったため不起訴となった。
小松原 てつこ[注 6]
演 - 吉田羊
ヴィクトリア女学院の女性教師。マヤの学生時代の恩師。不二子に瓜二つ。
安東 理恵
演 - 玄覺悠子
香奈が追って写真を取る相手。元々は彼女の父の透に痴漢されていた。香奈の父の裁判ではそれが切っ掛けで心的外傷後ストレス障害になったと言ったが、実は「見に覚えのない罪を認める男の姿」を見るのを快楽で楽しんでおり、マヤの証明によりその事実がばれ、さらに彼女の挑発で法廷内で大暴れしたことにより傷害罪で逮捕された。
バイト先で皿を100枚割る、リンゴの皮を剥くのに30分もかけた、就職後も大事なプレゼン資料を削除してしまったりと、数々の失態を繰り返していたことがマヤの証言で明らかになっている。
第7話[編集]
田宮 ユウホウ
演 - 手塚とおる
UFO研究家。銀髪のボブカットに紫のジャケットが特徴的。
武藤 祐貴
演 - 松嶋亮太
田宮のイベントに現れた不審な男。
戸崎 友一
演 - やべけんじ
第8話[編集]
草壁
演 - 遠山俊也
近藤が10年前に冤罪で逮捕した男。当時は小学生向けの理科実験教室を開いていた。今では日雇いの土木作業員になっている。近藤をとても恨んでいる。
小山田 あきら
演 - 矢野聖人
草壁の元教え子の大学生。現在は付き合っていた彼女に対するストーカーがもとで停学になり、引き籠っていた。
第9話[編集]
海江田 ちさと
演 - 北浦愛
殺害されたアルバイト店員。地味で控え目な性格。生前は居酒屋、おもちゃ会社のギャラクシートイズでアルバイトをしていた。また、コスプレが趣味で、コスプレイベントでは有名で人気者だった。
墨田 緑
演 - 寉岡萌希
亡くなったちさとの小学校からの友人。マヤと代官山の捜査に協力する。
ざわちん
演 - 本人役[13]
藤田〈29〉
演 - 金児憲史
おもちゃ会社「ギャラクシートイズ」の社長。
第10話[編集]
赤沢 久
演 - 小林且弥(最終話)
KDFのリーダー。KDFのメンバーに無差別殺人の前科のある男を殺すように指示をしていた。川崎青空警察署刑事一課強行犯捜査係に逮捕された。後に榊警視正に身柄が移されて釈放された。
榊 礼子
演 - 青山倫子(最終話)
警視正。不二子の同期。殺人容疑で逮捕された。
最終話[編集]
東野 清正
演 - 石黒賢
審議官。殺人容疑で逮捕された。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各章 放送日 サブタイトル 演出 視聴率[15]
第1話 4月11日 攻撃系女子とピュア巡査バディの痛快ポリス・コメディー!潜入捜査で女装しなさい 12.7%
第2話 4月18日 連続放火殺人!だけど合コンに潜入しなさい!?爆走ポリス・コメディ! 08.0%
第3話 4月25日 恐怖の連続放火にマヤの怒り爆発!恨みの連鎖の謎を解く涙のドS攻撃! 11.0%
第4話 5月02日 囚われの少女人を見下す金持ちを斬れ!幕末最強タッグが乙女の純愛を守る 09.0%
第5話 5月09日 サプライズパーティ殺人事件!マヤも逆上・横暴上司に復讐したのは誰だ 11.1%
第6話 5月16日 女子高生殺人に仕組まれた罠にマヤ怒りの法廷乱入!もう女装はイヤです 10.1%
第7話 5月23日 代官さまがエイリアンに誘拐?マヤ大激怒・インチキUFOを撃ち落とせ 07.2%
第8話 5月30日 卑劣な連続爆弾魔を追え!恩師への裏切りは許さない人情刑事の涙の理由 07.2%
第9話 6月06日 コスプレ少女の悲しい叫び・孤独な心につけ込む犯罪に怒りのムチ炸裂! 08.8%
第10話 6月13日 え!マヤがお見合い!?ついに最終章へ・連続殺人の魔の手が代官山家に! 08.4%
最終話 6月20日 最大の敵がマヤを監禁大ピンチ!最後のバッカじゃないの 08.8%
平均視聴率 9.3%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)
日本テレビ 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
学校のカイダン
(2015年1月10日 - 3月14日)
ドS刑事
(2015年4月11日 - 6月20日)
ど根性ガエル
(2015年7月11日 - 9月19日)

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 初回は21時 - 22時の6分拡大放送。
  2. ^ 免許証キャプチャ画像より。ただし、第1話では12月31日生まれと発言している。
  3. ^ 第4話で40歳の誕生日を迎えた。
  4. ^ 第4話で犬が大の苦手だと判明した。
  5. ^ 第9話。
  6. ^ 小松原役で出演していたが、ドラマ内でフルネームが分かった。

出典[編集]

  1. ^ 七尾与史 (2011年7月29日). “死亡フラグが立つ日記by77044”. 2014年2月27日閲覧。
  2. ^ a b c 千街晶之 (2012年6月22日). “栗山千明に演じてほしい、ドSお嬢様刑事”. ダ・ヴィンチニュース. 2014年2月27日閲覧。
  3. ^ a b 多部未華子主演でドラマ化『ドS刑事』!スピンオフ作品の主人公はドMなキャリア警察官”. ダ・ヴィンチニュース (2015年9月5日). 2015年9月12日閲覧。
  4. ^ “注目ドラマ紹介:「ドS刑事」 多部未華子と関ジャニ・大倉の異色バディードラマ”. MANTANWEB. (2015年4月10日). https://mantan-web.jp/article/20150410dog00m200011000c.html 2015年4月11日閲覧。 
  5. ^ 多部未華子、ドSな女刑事に 関ジャニ∞大倉忠義を攻める”. モデルプレス (2015年2月5日). 2015年2月10日閲覧。
  6. ^ a b ドSな多部未華子が大倉忠義をいたぶる!!”. Smartザテレビジョン (2015年2月5日). 2015年2月6日閲覧。
  7. ^ “多部未華子:前髪ぱっつんボブヘアに イメージは「レオンのマチルダ」”. MANTANWEB. (2015年3月5日). https://mantan-web.jp/article/20150304dog00m200072000c.html 2015年4月11日閲覧。 
  8. ^ 多部未華子 (2015年4月10日). 多部未華子「ドS刑事」. インタビュアー:原田和幸. YOMIURI ONLINE.. オリジナルの2015年4月10日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20150410214155/http://www.yomiuri.co.jp/culture/tv/interview/20150404-OYT8T50017.html 2015年4月11日閲覧。 
  9. ^ a b c 『ドS刑事』多部未華子、最強&カワイすぎる“ドSっぷり”に反響”. クランクイン!! (2015年4月26日). 2015年4月26日閲覧。
  10. ^ 関ジャニ・大倉、多部未華子に“ドS”役を助言「覚悟しておいた方がいい」”. ORICON STYLE (2015年2月5日). 2015年6月21日閲覧。
  11. ^ 吉田羊 (2015年6月20日). ドSぶり全開の吉田羊「バッカじゃないの」は癖になる. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/60256/ 2015年6月21日閲覧。 
  12. ^ 瀬戸さおり (2015年6月6日). 「ドS刑事」“ドSな妹”熱演中の瀬戸さおりの素顔1. (インタビュー). Smartザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/59663/ 2015年6月15日閲覧。 
  13. ^ ざわちん、『ドS刑事』でドラマデビュー! 監督に「演技の勘褒められた」”. マイナビニュース (2015年5月31日). 2015年6月15日閲覧。
  14. ^ 関ジャニ∞新作は「強く 強く 強く」ドS刑事主題歌”. 音楽ナタリー (2015年4月20日). 2015年6月21日閲覧。
  15. ^ 多部未華子&関ジャニ大倉がコンビ「ドS刑事」最終回8.8%”. スポニチアネックス (2015年6月22日). 2015年12月24日閲覧。

外部リンク[編集]