サッちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
映像外部リンク
サッちゃん - YouTubeハピクラワールド

サッちゃんは、日本童謡である。作詞阪田寛夫作曲大中恩

さっちゃん」は誤記。

概要[編集]

1959年10月10日に開催されたNHKラジオ「うたのおばさん」放送開始10周年記念リサイタル(主催:松田トシ)にて、新曲として発表された[1]

阪田が南大阪幼稚園で出会った一つ年上の幸子という少女が転園したときの思い出が元になっている[2]。このことは該当人物に配慮したため長らく公表されず、質問された際は適当にごまかしていた[3]

同じ団地住まいで阪田家と交流があった阿川佐和子は長年自分がモデルであると思い込んでいた。のちに対談で直接誤りを指摘された[4]

作曲者本人によって混声合唱曲および女声合唱曲に編曲され、混声版は「五つのこどものうた」におさめられている。

歌詞は坂田が「一字一句も直すところがない」と自負するほどの出来栄えであり、外国語詞やCMソングなどの改変の依頼はすべて断っている[3]

こぼれ話[編集]

この曲を録音した主な歌手・演奏者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ピアノ伴奏 子どもの歌名曲選』ドレミ楽譜出版社、2012年2月20日、28頁。ISBN 9784285132748
  2. ^ 「サッちゃんに会えるかな 所縁の幼稚園に詩碑」毎日新聞 2006年10月14日号
  3. ^ a b 内藤啓子著「枕詞はサッちゃん」
  4. ^ 童謡『サッちゃん』のサッちゃんは阿川佐和子さんじゃない!
  5. ^ サッちゃん(斉唱:楽譜)※2006年保育士試験課題曲、東書WEBショップ(東京書籍)。 - 2017年12月24日閲覧。
  6. ^ 『東西寄席演芸家名鑑』東京かわら版、2015年9月5日、84頁。