死に花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『死に花』(しにばな)は、太田蘭三小説。及びそれを原作とした日本映画。2003年角川書店から出版され、翌年には文庫化された。

あらすじ[編集]

高級老人ホームで気ままな生活を送っていた、仲のよい老人6人組。その中の一人の突然の死をきっかけに、自らの死、余生を深刻に考え始めた残りの5人の生き様・死に様を描いたエンターテイメント小説。

映画[編集]

死に花
Blooming Again
監督 犬童一心
脚本 小林弘利
犬童一心
出演者 山崎努
音楽 周防義和
撮影 栢野直樹
編集 阿部亙英
配給 東映
公開 日本の旗 2004年5月8日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 2.8億円[1]
テンプレートを表示

2004年に配給東映で公開された。製作は「死に花」製作委員会。小林弘利犬童一心が脚本を担当、犬童一心が監督、プロデューサーは木村立哉・橘田寿宏・福吉健・松田康史。

なお、青島幸男藤岡琢也森繁久彌は、この映画が遺作となった。

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:犬童一心
  • 製作:横溝重雄、大里洋吉、早河洋
  • プロデューサー:木村立哉、橘田寿宏、福吉健、松田康史
  • アソシエイト・プロデューサー:保田修、西口なおみ
  • 脚本:小林弘利、犬童一心
  • 企画:遠藤茂行、宮下昌幸、木村純一
  • 撮影:栢野直樹
  • 音楽:周防義和
  • 主題歌:元ちとせ「精霊(nomad version)」
  • 音楽プロデューサー:北神行雄、安東義史
  • 美術:磯田典宏
  • 編集:阿部亙英
  • 衣装:波多野芳一
  • 録音:浦田和治
  • スクリプター:中田秀子
  • スチール:西村彩子
  • 音響効果:岡瀬晶彦
  • その他:伊藤満、小笠原宏之、武石宏登、田畑照政、宮本まさ江、浅野秀二、横石淳、北田雅也、伊藤瑞樹、宗理起也
  • 助監督:谷口正行
  • 照明:磯野雅宏
  • 製作:「死に花」製作委員会(東映アミューズテレビ朝日東映ビデオIMJエンタテインメント毎日新聞社

脚注[編集]

  1. ^ 「2004年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2005年平成17年)2月下旬号、キネマ旬報社2005年、 152頁。

外部リンク[編集]