神楽坂署生活安全課

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神楽坂署生活安全課
ジャンル 刑事ドラマ
放送時間 水曜 21:00 - 22:48(108分)
放送期間 2005年5月25日 - 2008年10月8日(5回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
BSジャパン
監督 村田忍
津崎敏喜
村松弘之
原作 逢坂剛
脚本 大野武雄
安井国穂
深沢正樹
プロデューサー 瀧川治水(テレビ東京)
小椋正樹
南條記良
青木啓二
出演者 舘ひろし
モト冬樹
金児憲史
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング エンディングテーマを参照
テンプレートを表示

神楽坂署生活安全課』(かぐらざかしょせいかつあんぜんか)は、2005年から2008年までテレビ東京BSジャパン共同制作の2時間ドラマ水曜ミステリー9」で放送された刑事ドラマシリーズ。全5回。主演は舘ひろし

副題は『迷刑事エイジとロク』。

第1作は逢坂剛の小説『配達される女』(集英社文庫)を原作とする。

キャスト[編集]

警視庁神楽坂警察署[編集]

生活安全課[編集]

高岡英治
演 - 舘ひろし
班長[1]。階級は警部補。通称「エイジ」。戸川とは幼稚園の時から、ずっと一緒にコンビを組んでいる。
家族は妻を数年前に亡くし、娘とは第1作では離れて暮らしていたが、第2作以降は娘の高校進学により一緒に暮らすようになる。最近は娘の交際関係と進路が気になっている。犬が苦手で、理由は戸川が犬に噛まれたあと、自分も噛まれたことから。
戸川六輔
演 - モト冬樹
副班長。階級は巡査部長 → 警部補(第4作)。通称「ロク」。高岡とは幼稚園の時から、ずっと一緒にコンビを組んでいる。
子供の時は、ケンカは高岡より強かったと言っている。犬が苦手。その理由は、幼稚園のときに噛まれて以来、トラウマになっているから。
永江昇一郎
演 - 金児憲史
射撃が得意。しかし、高岡、戸川に「うちの署に向いていない」と言われている(第2作より)。
伍代茜
演 - 南野陽子(第1作)
本庁捜査一課から、「人手不足」を理由に助っ人として神楽坂署へ。しかし、本庁へ戻れる目途が立たず、焦っている。
工藤俊彦
演 - 木村昇(第3作 - )
刑事。
牧田仁美
演 - 蒲生麻由[2](第3作 - )
マル暴から転属。気が強い性格。
斎藤憲明
演 - 斉藤岳[3]
署員。
横山正義
演 - 清水章吾(第1作 - 第4作)
生活安全課課長。頼りなさそうにも見えるが、いざという時は部下を守る。警視庁捜査一課課長とは同期で釣り仲間。そのために警視庁捜査一課の捜査に高岡らを参加させるなど、仕事面でもその関係を利用している。
錦戸正春
演 - 小松政夫(第5作)
生活安全課課長。

刑事課[編集]

中村隆夫
演 - 誠直也
刑事課課長 → 刑事課班長(第3作 - )。階級は警部補(第5作)。第1作では役名の下の名前が「隆志」であった。普段は生活安全課を見下ろす感じで話す部分がある。
青野泰三
演 - 新藤栄作(第1作)
中村の部下。
森有造
演 - 千田孝康[4](第2作 - )
中村の部下で、コンビを組む。階級は巡査部長(第2作)。
柳沢直人
演 - 梅宮哲[5](第3作 - )
中村の部下。

警視庁捜査一課[編集]

石上賢
演 - ガッツ石松(第1作)
階級は警部補。本庁捜査一課の班を率い、「石上軍団」とも呼ばれる。高岡の考え方を理解している。
相原梓
演 - 戸田菜穂(第2作)
階級は警視。捜査一課のキャリア組の警視で、今回の事件の指揮を執る。将来の本部長候補の噂もあるほどのやり手といわれるが、現場の刑事の立場もよく理解している。父である耕作は、高岡の交番勤務(神楽坂東交番)時代の同僚警官だった。父亡き後、彼女も警察官へ。

その他[編集]

高岡洋子
演 - 通山愛里
英治の娘。現在は神楽坂高等学校の生徒。第1作では亡き母の実家である仙台で暮らしていたのだが、第2作以降は高校進学により父と同居している。大学進学でなく、ネイリストかメイクアップアーチストを目指している。父の事を慕っているが、進路や男女交際などにいちいち干渉してくる事には閉口気味。
市ノ瀬しのぶ
演 - 白木万理(第3作・第4作)
小料理「神楽庵」の女将。
安達楓
演 - ベンガル(第4作 - )
英治を慕うオカマ。アパート「ひまわり荘」十号室住人。事件に関する情報を流してくれる。ゲイバーを経営しており、第5作のときには開店40周年を迎えた。

ゲスト[編集]

第1作「連続殺人を結ぶ矢」(2005年)
第2作「花街欲望の殺意」(2006年)
第3作「子連れデカ!花街迷宮」(2007年)
第4作「ご近所トラブル殺人事件」(2008年)
第5作「失われた絆・愛犬誘拐事件」(2008年)

スタッフ[編集]

  • 原作 - 逢坂剛(第1作)
  • 脚本 - 大野武雄(第1作)、安井国穂(第2作)、深沢正樹(第3作 - )
  • 監督 - 村田忍(第1作、第3作)、津崎敏喜(第2作)、村松弘之(第4作、第5作)
  • 撮影 - 内田清美(第2作)、宮本幸夫(第3作、第5作)
  • VE - 阿部正美(第2作、第3作)、黒澤智(第5作)
  • 照明 - 中嶋義晴(第2作、第3作、第5作)
  • 音声 - 寺内大太(第2作、第3作)、片岡博司(第5作)
  • 編集 - 目崎和恵(第1作 - 第5作)
  • ライン編集 - 町田光(第5作)
  • MA - 梅沢康二(第5作)
  • 選曲・効果 - 山本文勝(第5作)
  • 美術 - 吉原芳郎(第2作、第3作)
  • 装飾 - 加藤健一(第2作)、長田征司(第3作)
  • 持道具 - 和田浩美(第2作)、横尾正美(第3作)
  • 殺陣指導 - 車邦秀
  • 車輌 - TA・KA
  • 撮影協力 - 湘南藤沢フィルム・コミッション(第2作、第3作)
  • チーフプロデューサー - 太田哲夫(テレビ東京)
  • プロデューサー - 瀧川治水(テレビ東京、第2作 - 第5作)、小椋正樹(第1作 - 第5作)、南條記良(第2作)、青木啓二(第3作 - 第5作)
  • 製作 - テレビ東京BSジャパンニューウエーヴ

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 2005年05月25日 連続殺人を結ぶ矢 大野武雄 村田忍
2 2006年06月14日 花街欲望の殺意 安井国穂 津崎敏喜
3 2007年10月17日 子連れデカ!花街迷宮 深沢正樹 村田忍
4 2008年04月30日 ご近所トラブル殺人事件 村松弘之
5 10月08日 失われた絆・愛犬誘拐事件

備考[編集]

  • 第2作の回想シーンでは、舘ひろし演じる高岡が制服警官姿で登場する。舘は刑事役が多いが、警察手帳の顔写真以外で制服警官の姿をするシーンは珍しい。
  • 第2作での高岡が永江に対し、「お前、もっとあぶない署に行けよ。横浜港署とか。西部署とか。」というセリフを口走っている。横浜港署とは「あぶない刑事」で舘ひろしが演じた鷹山敏樹、西部署とは「西部警察」で舘ひろしが演じた鳩村英次が勤める警察署である。

遅れネット[編集]

  • 山陰放送では第1作を2005年8月2日に、第2作を2006年8月13日、第3作を2007年12月6日、第4作を2008年6月4日、第5作は2008年11月6日に、いずれもBSSアフタヌーンスペシャル枠(15:00 - 16:50)で初放送している。

脚注[編集]

  1. ^ 第2作では係長の表記もある。
  2. ^ プロフィール - クィーンズアベニュー
  3. ^ プロフィール - 手力プロダクション
  4. ^ 午後のサスペンス 神楽坂署生活安全課迷刑事エイジ&ロク2 花街欲望の殺意 - テレビ大阪
  5. ^ プロフィール - 夏木プロダクション(アーカイブ)
  6. ^ 読み方「しぶたに みよじ」
  7. ^ ロケ終了 - 古本新乃輔 オフィシャルブログ 2007年4月5日
  8. ^ プロフィール - 希楽星
  9. ^ 午後のサスペンス 神楽坂署 生活安全課 迷刑事エイジ&ロク - テレビ大阪
  10. ^ TV - 中山忍 オフィシャルサイト
  11. ^ a b activity - kyosuke-mukai.net
  12. ^ プロフィール - 太田プロダクション
  13. ^ 神楽坂署・生活安全課 - PentHouseだより 2006年4月17日
  14. ^ プロフィール - サンミュージックブレーン
  15. ^ プロフィール - サンミュージック(アーカイブ)
  16. ^ プロフィール - サイトウルーム
  17. ^ プロフィール - 希楽星
  18. ^ 出演作品 - 須永慶のホームページ
  19. ^ プロフィール - 希楽星
  20. ^ プロフィール - セントラル
  21. ^ プロフィール - SRプロダクション
  22. ^ プロフィール - オフィスPSC
  23. ^ works - ニュートラルマネジメント
  24. ^ プロフィール - ハルク・エンタテイメント
  25. ^ お知らせo(^-^)o - 竹中有希 ブログ 2008年9月28日

外部リンク[編集]