Y氏の隣人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Y氏の隣人』(ワイしのりんじん)は、吉田ひろゆきによる日本漫画作品。『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて1988年より2002年まで連載された。単行本は全19巻。文庫版全8巻(傑作選)も刊行されている。

続編として『Y氏の隣人R』(ワイしのりんじんアール)が同社『オースーパージャンプ』に2008年現在も不定期連載され、全1巻出ている。

またTBSのテレビ番組『ギミア・ぶれいく』内で竹下景子主演の「竹下景子のY氏の隣人」としてテレビドラマ化、さらにつぶやきシローらの主演で映画化された。

概要[編集]

1話完結の短編オムニバス作品。世の悩める者の元に幸福の伝道師・ザビエールが訪れ、不思議な道具を与えて悩みを解消するが、時としてそれは幸福ではなく不幸な結果を招く事も。悩める者の元にはザビエールだけでなく、死神や天使などの面々も訪れる。世の中の不条理や、人間のエゴを描いた物語である。

登場人物[編集]

ザビエール
幸福の伝道師。その名の通り、フランシスコ・ザビエルのようなおかっぱ頭をしている。悩める人間に不思議な道具を与え、幸せに導こうとする。それは必ずしもハッピーエンドに終わらず、時として不幸な結末も招く。
トヤマ
薬売り。

テレビドラマ版[編集]

「質草」「善行銀行」「恋愛ビデオ」などが『ギミア・ぶれいく』内で放送された。原作のストーリーをほぼそのまま映像化したものと、原作のアイデアをもとにオリジナルストーリーで進行するものがあった。

映画版[編集]

1997年12月18日VHSで発売されたオリジナルビデオ作品。