孤狼の血 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
孤狼の血
監督 白石和彌
脚本 池上純哉
原作 柚月裕子
孤狼の血
製作 天野和人
ナレーター 二又一成
出演者 役所広司
松坂桃李
真木よう子
音尾琢真
駿河太郎
中村倫也
阿部純子
野中隆光
中村獅童
竹野内豊
嶋田久作
勝矢
さいねい龍二
MEGUMI
伊吹吾郎
滝藤賢一
矢島健一
田口トモロヲ
ピエール瀧
石橋蓮司
江口洋介
音楽 安川午朗
撮影 灰原隆裕
編集 加藤ひとみ
制作会社 東映東京撮影所
製作会社 「孤狼の血」製作委員会
配給 東映
公開 日本の旗 2018年5月12日
上映時間 125分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 7.9億円[1]
次作 孤狼の血 LEVEL2(2021)
テンプレートを表示

孤狼の血』(ころうのち)は、柚月裕子の小説『孤狼の血』を原作とした日本の映画白石和彌監督、役所広司主演で2018年5月12日に公開された[2]R15+指定

広島県を舞台に暴力団の抗争、警察の癒着・腐敗などを描いた作品で、『孤狼の血シリーズ』第1作。

ストーリー[編集]

昭和49年に広島県で勃発した、呉原市の暴力団尾谷組と広島市に拠点を置く五十子会による第三次広島戦争は、五十子会幹部の死と尾谷組組長の逮捕という痛み分けに終わった。血みどろの抗争が勝者無き結末を迎えてから14年が経ち、ヤクザ組織が群雄割拠する昭和は終わろうとしていたが、呉原市では尾谷組の残党に対し、五十子会の下部組織の加古村組が抗争を仕掛け、新たな火種が燻り始めていた。 昭和63年(1988年)8月、呉原東署のマル暴刑事大上のもとに、県警本部から新米刑事の日岡が部下として配属された。大上と日岡は、加古村組のフロント企業の呉原金融に勤める上早稲という男が行方不明になっていると相談を受け、捜査を開始する。 捜査を初めて早々に加古村組組員・苗代と接触した日岡は、大上から「因縁つけてこい」と命令されて苗代に喧嘩を売り、半殺しにされる。割って入った大上が懲役をチラつかせながら上早稲の居所を尋ねるが、苗代は頑なに口を割ろうとしない。その態度から上早稲は既に殺害されていると推測する。後日大上は広島仁正会系列の街宣右翼・瀧井からの情報により、上早稲が苗代ら加古村組に拉致される瞬間を捉えたビデオテープを入手する。 日岡は、窃盗、侵入、放火などの犯罪行為をもって捜査を行い、その上尾谷組から賄賂まで受け取るというヤクザ顔負けの手段を取る大上に反発するが、不本意ながらも大上の違法捜査に手を貸していることに葛藤を覚える。

警察官としての正義と大上流の正義の間で複雑な感情を抱く日岡は、苗代から暴行を受けた傷を手当てしてくれた薬局の桃子と親しくなる。

そんなある日、尾谷組のシマであるクラブ梨子に挑発に来ていた加古村組の吉田が梨子のママにセクハラをしたことが許せなかった柳田タカシは、短刀を持って吉田を襲うが逆に返り討ちにされ、吉田に拳銃で撃たれ死亡する。 激怒した尾谷組の若頭一ノ瀬は加古村への報復を始めるが、大上はヤクザ同士の間に入り、落としどころをみつけ均衡を保とうと奔走する。しかし、事情を知らない日岡は報復に乗り出した尾谷組の若い衆を逮捕してしまう。一ノ瀬は全面戦争を決意するも、大上は3日の猶予を申し出、呉原金融の上早稲の首(遺体)を見つけ、加古村組を挙げることを誓う。

大上の違法捜査の証拠と尾谷組との関係を記録した日岡は、上層部に大上の不正を訴える。日岡は県警本部から大上の内偵のために配属されたスパイであり、上司の監察官嵯峨に大上の早期逮捕を訴える。しかし嵯峨は内偵を続行するよう命じ、ヤクザとの関係を綴った「大上の日記」を見つけるように言う。 日岡は大上と行動を共にするうちに、14年前の抗争で五十子会幹部の金村が殺害された事と、その死に大上が関与している疑惑を持つ。

大上は梨子ママと共に加古村組の吉田をラブホテルに誘い出して拘束し、睾丸から真珠を抉り取る凄惨な拷問を行う。吉田は上早稲を脅迫して呉原金融の売り上げを横領させていたこと、更に金を要求された上早稲が五十子会が経営する「ホワイト信金」の金庫から金を盗み出したために加古村組から制裁を受けた事を白状する。シッポを掴んだ大上は、加古村の息がかかる養豚場に向かい、そこで働く善田大輝を薬物所持の疑いで引っ張る。これは捜査じゃないと止める日岡を取調室から追い出し、大上は大輝を拷問して上早稲の首がとある島に埋められたことを突き止める。さっそく捜索隊が組織され、島に埋められた上早稲の首と胴が発見され、苗代ら加古村組組員は全国に指名手配される。事件解決も目前と思われた矢先に、大上は安芸新聞社の記者高坂のタレコミで、吉田に対する拷問などが署長の毛利に知れたため謹慎処分となる。

猶予の3日は過ぎ、日岡は何とか抗争を止めようと奔走するが、ヤクザ相手に人脈の無い日岡は相手にされず、尾谷組は五十子会の幹部を銃撃し抗争が勃発してしまう。 ある夜、日岡が家に戻ると、侵入した大上がハイライトを吸いながら酒を飲んでいた。日岡は慌てて大上の不正を記録したカセットテープと日誌を片付けた。安芸新聞の高坂が署長にタレこんだ内容の中には、その場にいた者しか知らないはずの吉田への拷問の詳細までもが含まれていたという。

謹慎の最中も大上と日岡は抗争を止めようと説得するも、五十子会は手打ちの条件として尾谷の引退と一ノ瀬の破門を突きつけ、当然聞き入れない一ノ瀬からは相手にされなかった。 クラブ梨子で日岡はヤクザに深入りしすぎだと大上に忠告する。広島の2大ヤクザの抗争に巻き込まれ、大上に翻弄される日岡は、薬局の桃子の家へ行き桃子に慰めてもらう。その日を境に大上は行方不明となる。

愛媛県内に潜伏していた苗代らが呉原東署に逮捕された時を同じくして加古村組長以下幹部が殺人罪などで大量検挙され、毛利署長は上早稲殺害事件の解決を宣言するも、大上は4日間行方知れずであった。 五十子会に拉致されたと考える日岡は捜索を申し出るが、嵯峨は「大上の日記」を手に入れろと掛け合わない。豪を煮やした日岡は嵯峨を追求する。日岡が報告した内容を漏洩したのは嵯峨であった。

日岡は瀧井と面会し、協力を仰ぐ。ヤクザに深入りしすぎたと言う日岡に対し、大上を良く知る瀧井は、大上にとってヤクザは駒でしかなく、カタギを守ることしか頭にないと告げられる。また日岡は梨子ママに14年前の金村殺しは大上の仕業ではないかと話すが、ママは金村を殺したのは自分であり、大上が庇ってくれたことを告白し、上層部が欲しがっていた「大上の日記」を日岡に渡す。「大上の日記」には県警上層部の不祥事が詳細に記されており、大上はメモを盾に警察上層部さえも抑えていたことが分かる。さらに日岡が初めから監察官であることまで記されていた。

翌日、港で大上の水死体が上がった。遺体には明らかな暴行の痕と十数か所の刺し傷があったにもかかわらず、呉原東署は記者会見で睡眠薬を飲んだ上に酒に酔って海に落ちたと報じる。大上の胃に大量の豚の糞が入っていたことを聞いた日岡は、養豚場へ行き大輝を問い詰め、必死に証拠を探し、豚の糞の中から大上が使っていた「狼のジッポー」を見つけだす。日岡と別れた直後、五十子の説得に向かった大上は逆に拉致されリンチに遭い、拷問を受けたことを根に持つ大輝に豚の糞を食わせられ、ドスで刺され殺害されたのだ。大上を殺害する様子を話しながら半笑いする大輝に日岡は激怒し、口に豚の糞を押し込み、激しく殴り付け半殺しにする。

自宅に戻った日岡は、大上の不正を記録したカセットテープと日誌を破棄しようとする。しかし日誌は大上の手によりヤクザを挙げるために不都合な記録は黒塗りで塗りつぶされ、さらに「こういうとこがダメなんじゃ」「われの目は節穴か」と大上の注釈がビッシリと書かれていた。大上は日岡が監察官であると知りながらも、マル暴の刑事として育てていた。自分の死を悟った大上は、梨子ママに日岡に託すよう日記を預けていた。ダメ出しばかりの注釈の中、最後のページにはこう書かれていた。

「ようやったのう、ほめちゃるわ」

大上なりの教えと思いを知った日岡は、大上が遺したジッポーとタバコを握りしめて号泣する。

日岡は瀧井と、広島の政財界の大物が集まる会合「やっちゃれ会」に出席する五十子を一ノ瀬に殺害させる計画を立てる。 「やっちゃれ会」には五十子、瀧井夫妻のほか、県警本部長も参加しており、その中には嵯峨の姿もあった。五十子がトイレに立つのを確認した日岡は裏に回り、隠れていた尾谷組の一ノ瀬ら一派を引き入れる。トイレで一ノ瀬は五十子を追い詰め、日本刀で首を切断し小便器に突っ込む。一方、瀧井はカチコミに驚く嵯峨ら県警幹部を裏口から逃がす。待機していた呉原東署員がなだれ込み、尾谷組の若い衆の藤岡が一ノ瀬の身代わりとなって殺人を自白するが、日岡は一ノ瀬に手錠をかける。かくして五十子は死亡、一ノ瀬は逮捕となり、日岡は尾谷組を利用し裏切るという手段を使いながらも一連の抗争は幕を閉じる。

後日、大上の葬儀の場で日岡は嵯峨に「大上の日記」を渡す。上機嫌の嵯峨は、内容がヤクザとの癒着ではなく県警幹部の不祥事である事に動揺し、さらに最後のページには嵯峨が五十子殺害の当日逃亡したことが日岡の手で書き加えられていた。弱みを握られた嵯峨は日岡を手元に置こうと本部勤務を命じるが、日岡は呉原東署での勤務継続を申し出る。

日岡が大上の墓参りをしていると、薬局の桃子が現れる。桃子は大上の美人局を手伝っており、さらに日岡を慰めるために大上が引き合わせていたことを知る。日岡は全て吹っ切れたように笑うと、タバコを咥える。その手にはハイライトと、大上の形見である狼のジッポーが握られていた。

キャスト[編集]

警察[編集]

呉原東署
  • 大上章吾:役所広司刑事二課暴力班捜査係主任(巡査部長)。捜査のためなら違法行為も厭わないが、尾谷組や裏社会に生きる人間からは慕われている。14年前の抗争で五十子会の幹部を殺害した疑惑がある。
  • 日岡秀一:松坂桃李…刑事二課・暴力班捜査係・大上班のメンバー(巡査)。県警本部から呉原東署に配属された新人。広島大卒。実は大上の違法捜査を内偵するために送り込まれた県警の監察官。
  • 友竹啓二:矢島健一…刑事二課・暴力班捜査係係長(警部補)。大上の型破りな捜査に理解を示している。
  • 土井秀雄:田口トモロヲ…刑事二課・暴力班捜査係主任(巡査部長)。尾谷組の捜査を仕切っており、加古村組に情報提供者を持つ。尾谷組に肩入れする大上とは犬猿の仲。
  • 菊地:さいねい龍二…刑事二課・暴力班捜査係(巡査)。大上班。
  • 有原:沖原一生…刑事二課・暴力班捜査係(巡査)。大上班。
  • 毛利克志:瀧川英次署長警視正)。物証が無いために加古村組への強制捜査を渋る。
広島県警

広島仁正会[編集]

五十子会
  • 五十子正平:石橋蓮司…会長。尾谷組に抗争を仕掛け、14年以上に渡って対立している。闇金「ホワイト信金」を経営している。
  • 吉原圭輔:中山峻…幹部。抗争に乗り出した尾谷組の永川恭二に撃たれる。
  • 金村安則:黒石高大…元幹部。14年前、尾谷組との抗争で賽本友保を殺害した直後に死亡。その死には大上が関与しているとされる。
加古村組
  • 加古村猛:嶋田久作…組長。
  • 野崎康介:竹野内豊…若頭。上早稲二郎をリンチする。
  • 吉田滋:音尾琢真…構成員。尾谷組の柳田タカシを殺害する。その翌日に大上によって拷問を受け、上早稲に対するリンチを自白する。
  • 苗代広行:勝矢…構成員。元力士で通称関取。大上、日岡と接触した直後、行方不明になる。
  • 島津健太郎…構成員。
  • 西川雄大…構成員。
全日本祖国救済同盟
  • 瀧井銀次:ピエール瀧…代表。浮気癖がある。大上とは旧知の仲で、広島仁正会傘下でありながら情報提供をする。
  • 瀧井洋子:町田マリー…瀧井銀次の妻。浮気癖のある夫に激怒しヒステリックを起こし、猟銃を乱射する。
呉原金融
  • 上早稲二郎:駿河太郎…経理係。加古村組の組員たちに多額の金銭を要求され、呉原金融の本店である「ホワイト信金」の金に手を出す。そのことが問題になったため野崎康介らに拉致されリンチを受ける。その後失踪。

尾谷組[編集]

  • 尾谷憲次:伊吹吾郎…組長。14年前の抗争で逮捕される。現在は鳥取刑務所に収監されている。
  • 一ノ瀬守孝:江口洋介…若頭。尾谷の代わりに組を仕切っている。
  • 備前芳樹:野中隆光…構成員。タカシの仇討ちをしようとした際、事情を知らない日岡により逮捕される。
  • 永川恭二:中村倫也…構成員。血の気が多い。加古村組組員を半殺しにする。抗争が勃発すると、五十子会幹部を襲撃する。
  • 柳田タカシ:田中偉登…構成員。クラブ梨子のママと付き合っている。加古村組・吉田を襲撃し、返り討ちにされる。
  • 藤岡達也:木原真之介…構成員
  • 賽本友保:ウダタカキ…元幹部。14年前、五十子会との抗争で金村安則に刺されて死亡。

その他一般人[編集]

  • 高木里佳子:真木よう子… 広島の裏社会の社交場「クラブ梨子」のママ。
  • 岡田桃子:阿部純子…薬剤師。苗代に半殺しにされた日岡を手当して以来、親しい仲になる。
  • 高坂隆文:中村獅童…安芸新聞社の記者。大上に関して嗅ぎ回る。
  • 上早稲潤子:MEGUMI…上早稲二郎の妹。兄の行方を知るため、呉原東署に訪れる。
  • 善田新輔:九十九一…養豚業者。
  • 善田大輝:岩永ジョーイ…善田新輔の息子。薬物を使用しており、大上に連行され拷問を受ける。
  • 高木友希:込江海翔…高木里佳子(ママ)の息子。反抗期。
  • 菅原健
  • 深華…クラブ梨子ホステス
  • 竹内恵美…クラブ梨子ホステス
  • 横山雄二中国放送アナウンサー)
  • 泉水はる佳(当時中国放送アナウンサー)…昭和63年冬季第32回やっちゃれ会大総会の司会
  • 竜のり子…たばこ屋店主。大上に「狼のジッポー」を売る。
  • 範田紗々…風俗嬢。
  • 小豆畑雅一…大昌旅館支配人。同旅館には広島仁正会の息がかかっている。協力を拒否したために大上によって旅館に放火され、防犯カメラのテープを盗まれる。

スタッフ[編集]

製作[編集]

2017年4月3日、映画『孤狼の血』製作発表会見をグランドハイアット東京(港区六本木)で開催、キャストの役所広司松坂桃李真木よう子石橋蓮司江口洋介、監督の白石和彌、原作小説を手がけた柚月裕子の7人が出席した[3]

同年4月17日よりクランクインし、同年5月20日にクランクアップ[4]。撮影に呉市民約500人がエキストラ参加した[5]

オール広島ロケ作品であり、作品の8割以上が呉市内の各所でロケ撮影[6]されたほか、広島市廿日市市などでもロケ撮影されている[7]

公開[編集]

2018年5月12日、映画『孤狼の血』をR-15指定作品として史上最多の337スクリーンで公開[8][9]。正午に東京・丸の内TOEI(1)で、役所広司松坂桃李江口洋介真木よう子ピエール瀧中村倫也音尾琢真阿部純子、監督の白石和彌、原作者の柚月裕子の10人が登壇し初日舞台挨拶を行った[10]

その後、同日19時に、役所広司、松坂桃李、江口洋介、音尾琢真、阿部純子、監督の白石和彌が広島凱旋し、さいねい龍二沖原一生が合流して8人が、えびす通り商店街(広島市中区)に敷かれた約70メートルのレッドカーペットを練り歩き、イベント優先観覧エリアに招待された公開初日に本編を鑑賞した先着560名(コロウ(孤狼))を中心に会場を埋め尽くした地元ファン約7,000人の声援に応えた。

レッドカーペットでRCCの泉水はる佳アナウンサー(上記の通り映画本編にも出演)にインタビューされた江口洋介は「(イベントが公開初日の)今日出来て、(広島に)来れて僕たちも仁義が通せたな、と」とコメント。レッドカーペット最後の挨拶を求められた役所広司は「この映画ぶち面白い映画じゃけぇ、みんなたくさん宣伝してくれりゃあええんじゃ!」と、広島弁で挨拶し会場は大きな歓声に包まれた[11]。また、8人は同日、広島・八丁座19:40の回の上映開始前に初日舞台挨拶を行った。[12][13][14][15]

反響[編集]

呉観光協会は、2017年12月に「映画『孤狼の血』ロケ地マップ(制作:呉ポポロシアター 発行:(一社)呉観光協会)」を数量限定配布した[16]呉市内のロケ地が掲載されている。2018年4月、「映画『孤狼の血』ロケ地マップVer.2(制作:呉ポポロシアター 発行:(一社)呉観光協会 2018年3月発行)」を数量限定配布した[17]。前回の呉市内ロケ地マップに、広島市内のロケ地をプラスして掲載されたNEWバージョンとなっている[18]

竹野内豊が演じた加古村組の若頭・野崎は、その粗暴かつ野性味あふれる佇まいから『仁義なき戦い 広島死闘篇』(1973年)で、千葉真一が演じた名キャラクター・大友勝利を彷彿させるほどのワイルドな色気がムンムンと漂っていると、評されている[19]

松坂桃李役所広司が演じた大上章吾が劇中で実際に使用した狼が刻まれたジッポーを役所広司から譲り受けて使っている[20]。そのジッポーの柄は当初は狼ではなかったが、原作者の柚月裕子が注文をしてジッポーに狼が刻まれ劇中で実際に使用されたものである[21]。また、そのジッポーのレプリカが映画公開日の2018年5月12日に発売開始されたところ数日で完売、その後、増産決定し東映オンラインショップで期間限定で受注生産となる[22][23]

試写会[編集]

2018年4月25日、映画『孤狼の血』完成披露試写会を、東京・丸の内TOEI(中央区銀座)にて開催。丸の内TOEI前の歩道に寄せられた大型トラックのトラックステージが突如除幕され、キャストの役所広司松坂桃李真木よう子中村倫也音尾琢真阿部純子竹野内豊伊吹吾郎ピエール瀧江口洋介、監督の白石和彌、原作者の柚月裕子の12人がサプライズ登場しフォトセッションが行われた。集まっていた900人以上の観衆だけでなく、偶然通りかかった人々からも歓声が上がった。[24][25]

イベント[編集]

キックオフ
2017年12月27日、役所広司、阿部純子、監督の白石和彌、原作者の柚月裕子が、ホテルグランヴィア広島(広島市南区)で記者会見を行い登壇、4人はその後、広島・EIGHT(広島市中区新天地)にてキックオフパーティーを行い、広島県知事湯崎英彦、呉市長新原芳明、広島市長松井一實、俳優で広島ローカルタレントのさいねい龍二と共に映画『孤狼の血』にちなんだオリジナルカクテル“ブラッディウルフ”で乾杯[26]
club梨子
2018年3月6日、劇中に登場する「club梨子」が広島の呉で撮影された世界観をそのままに一夜限りで東京・丸の内TOEI(2)にオープンし、映画『孤狼の血』「ホステス同伴試写会」を開催。銀座の20店にも及ぶ有名クラブから花が届けられ、銀座の一流クラブに在籍する現役ホステス、エスコート男性の100組200名が観客として招待され、上映前に監督の白石和彌が登壇し「孤狼の血という昭和63年の広島を舞台に、『仁義なき戦い』シリーズを作ってきた東映の“今の時代にそんな映画を復活させたい!”という気持ちに乗っかって、僕も本当に去年気合いを入れて作りました!」などと舞台挨拶した[27]
仁義なき戦い
2018年5月5日、広島・八丁座(広島市中区胡町)が、映画『仁義なき戦い』シリーズ全5作をオールナイトで上映する「孤狼の血 公開記念/仁義なき戦い大会」を21時30分から開催、『仁義なき戦い』と『孤狼の血』の両作品に出演した伊吹吾郎が上映前に登壇し舞台挨拶[28][29][30]。また、同シアターで5月5日から11日まで、シリーズ1作目となる映画『仁義なき戦い』から『仁義なき戦い完結編』までを日替わりで上映[30]
その他イベント・試写会
  • 2018年3月29日、東京・有楽町のよみうりホールで行われた映画『孤狼の血』の報知映画賞・特選試写会に阿部純子がゲストの元プロボクシング世界王者・内山高志と登壇した。劇中でアルバイトの薬剤師役を演じた阿部はオーディションで採用されたこと、また映画を鑑賞した内山は「やはり一流の俳優さんだったので本当に殴っているような感覚で見えましたね…結構練習したんだと思います」などと感想を語った[31]
  • 2018年4月27日、東映本社試写室で映画『孤狼の血』の大学生限定試写会が行われ、東京大学早稲田大学慶応義塾大学上智大学青山学院大学聖心女子大学の現役大学生30人が参加。本編上映後、映画『孤狼の血』プロデューサーの天野和人が登壇、本作の時代背景や概要を説明。その後、学生からの感想、質問を交えたトークセッションが行われた。天野和人は原作から映像化するにあたっての製作秘話や、キャスティングの裏話・作品の豆知識などを語った[32]
  • 2018年5月1日、仙台市東京エレクトロンホール宮城で開催された「第70回スポーツ報知特選試写会」で映画『孤狼の血』トークショー&スペシャル映像上映と銘打ち、伊吹吾郎、阿部純子、監督の白石和彌、原作者の柚月裕子の4人が登壇[33]
  • 2018年5月8日、映画『孤狼の血』外国特派員協会会見を開催。映画『孤狼の血』試写会が開催された後、映画原作著者の柚月裕子と監督の白石和彌の2人が登壇。原作は2017年11月23日に台湾版が出版されており、2018年6月にはフランスでの出版も予定[34]
  • 2018年11月2日、広島バルト11で、映画『孤狼の血』Blu-ray&DVD発売記念一夜限りの特別上映会が行われ、さいねい龍二(呉原東署 菊地巡査役)が登壇[35]

プレスリリース[編集]

  • 2017年4月3日に製作発表会見が行われた[36]
  • 2017年9月、映画『孤狼の血』ポスタービジュアルを解禁[37]
  • 2017年10月4日、映画『孤狼の血』劇場版特報(30秒)を解禁、YouTube「東映映画チャンネル」で公開[38]
  • 2017年10月12日、映画『孤狼の血』Web限定特報(30秒)を解禁、YouTube「東映映画チャンネル」で公開[39]
  • 2017年11月17日、1夜限りの映画『孤狼の血』業界関係者向けお披露目試写、監督の白石和彌によるトークイベント(上映後)を銀座・丸の内TOEIで開催[40]
  • 2018年2月27日、映画『孤狼の血』予告編(1分30秒)を解禁、YouTube「東映映画チャンネル」で公開[41]
  • 2018年3月30日、映画『孤狼の血』公式ビジュアルガイドブック(カドカワムック)を発売[42]
  • 2018年5月9日、映画『孤狼の血』×千鳥コラボスポットをYouTube「東映映画チャンネル」で公開。[43]
  • 2018年10月10日、平成30年7月の西日本地区を中心とした豪雨災害の復興支援において、『孤狼の血』有志一同による募金を日本赤十字社の「平成30年7月豪雨災害義援金」に寄付[44]

受賞[編集]

関連商品[編集]

書籍
CD
  • 映画「孤狼の血」オリジナル・サウンドトラック(2018年4月18日、バップ、VPCD-86169) 音楽:安川午朗
DVD / Blu-ray
  • 孤狼の血 Blu-ray(2018年11月2日、東映、BSTD20139)
  • 孤狼の血 DVD(2018年11月2日、東映、DSTD20139)
    • DVD、Blu-ray共通先着特典 B6ポスターカード2種1セット付。[63]
    • DVD特典映像 - TRAILER
    • Blu-ray特典映像 - メイキング オブ 「孤狼の血」 / 企画発表会見 / キックオフイベント / 完成披露舞台挨拶 / 初日舞台挨拶 / 広島レッドカーペットイベント / 紀伊國屋書店トークイベント / 【スペシャルインタビュー】役所広司/松坂桃李/監督 白石和彌 / TVスポット
    • Blu-rayは、広島・呉限定特別ジャケット仕様も同時発売[64]。収録内容は同じ。

続編[編集]

2018年5月25日、東映が映画続編の製作決定を発表した[65][66][67]

2021年8月20日、続編『孤狼の血 LEVEL2』が公開された[68]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.41
  2. ^ 役所広司が新宿で「孤狼の血」をPR、自ら演じたマル暴は“街にたんを吐く天使””. 映画ナタリー (2018年5月5日). 2018年5月7日閲覧。
  3. ^ “役所広司と松坂桃李がバディに!「孤狼の血」映画化、白石和彌「広島で大暴れしたい」”. 映画ナタリー. (2017年4月3日). https://natalie.mu/eiga/news/227160 2017年9月21日閲覧。 
  4. ^ 映画『孤狼の血』製作現場写真・コメント解禁!”. 東映 (2017年6月30日). 2018年5月12日閲覧。
  5. ^ 中国新聞2018年5月13日 19面 呉・東広島欄.2018年5月13日閲覧。
  6. ^ 呉地域フィルムコミッション ロケ実績”. 呉地域フィルムコミッション. 2018年5月7日閲覧。
  7. ^ オール広島ロケの映画「孤狼の血」予告ムービー公開へ!”. 広島ニュース 食べタインジャー (2018年2月28日). 2018年5月7日閲覧。
  8. ^ 男が男に惚れるやくざ映画「孤狼の血」”. サンスポ (2018年5月16日). 2018年5月19日閲覧。
  9. ^ 【国内映画ランキング】「名探偵コナン」興収67億突破でV5、「孤狼の血」は3位スタート”. 映画.com (2018年5月14日). 2018年5月14日閲覧。
  10. ^ 『孤狼の血』東京・広島での初日イベントをレポート!松坂「忘れられない大切な作品」”. シネマズby松竹 (2018年5月13日). 2018年5月13日閲覧。
  11. ^ 【映画『孤狼の血』】役所広司、松坂桃李、江口洋介ら広島凱旋!”. FLAG! web (2018年5月16日). 2018年6月2日閲覧。
  12. ^ 「孤狼の血」広島レッドカーペットに役所広司や松坂桃李が登場、観客7000人熱狂”. 映画ナタリー (2018年5月13日). 2018年5月13日閲覧。
  13. ^ RCCテレビ『イマなまっ!』2018年5月14日放送
  14. ^ 『孤狼の血』東京・広島での初日イベントをレポート!松坂「忘れられない大切な作品」”. シネマズby松竹 (2018年5月13日). 2018年5月13日閲覧。
  15. ^ 豪華キャストの広島弁に観声「孤狼の血」広島・八丁座で舞台挨拶”. 広島ニュース 食べタインジャー (2018年5月13日). 2018年5月15日閲覧。
  16. ^ 呉観光協会 公式Twitter”. 呉観光協会 KureTourism (2017年12月28日). 2018年5月12日閲覧。
  17. ^ 5/12公開 第2弾「孤狼の血」ロケ地マップvol.2「呉」&「広島」”. 呉観光協会 (2018年4月2日). 2018年5月12日閲覧。
  18. ^ 呉観光協会 公式Twitter”. 呉観光協会 KureTourism (2018年4月4日). 2018年5月12日閲覧。
  19. ^ トライワークス (2018年5月3日). ““悪イイ顔”No.1は誰だ?…役所広司、江口洋介、竹野内豊らのダーティな名演にシビれろ!”. MOVIE WALKER PRESS. 映画ニュース. ムービーウォーカー. 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  20. ^ 東映・天野和人Pが語る “ヤクザ映画”の魅力と今後の可能性”. ニコニコニュース (2018年5月12日). 2018年5月27日閲覧。
  21. ^ キネマ旬報 2018年5月下旬号 No.1779.2018年5月27日閲覧。
  22. ^ 映画『孤狼の血』オリジナルグッズ販売のお知らせ”. 東映 (2018年5月12日). 2018年5月28日閲覧。
  23. ^ 【販売開始!】映画「孤狼の血」レプリカZIPPO受注開始致しました!”. 東映オンラインショップTwitter (2018年5月22日). 2018年5月28日閲覧。
  24. ^ 映画 孤狼の血 公式Twitter(2018年4月25日)”. 映画 孤狼の血 公式Twitter. 2018年5月13日閲覧。
  25. ^ 映画『孤狼の血』完成披露試写会開催のご報告”. 東映 (2018年4月26日). 2018年5月13日閲覧。
  26. ^ 「孤狼の血」役所広司らが広島で会見、白石和彌「命を削って撮ろうと思った」”. 映画ナタリー (2017年12月28日). 2018年5月12日閲覧。
  27. ^ 【業界初】映画『孤狼の血』同伴試写会開催!銀座ホステスからも絶賛! - TSUTAYA(2018年3月9日配信、2021年8月22日閲覧)
  28. ^ 八丁座Facebook(2018年3月23日)”. 八丁座. 序破急 (2018年3月23日). 2018年5月15日閲覧。
  29. ^ 八丁座Facebook(2018年5月3日)”. 八丁座. 序破急 (2018年5月3日). 2018年5月15日閲覧。
  30. ^ a b 広島で映画「仁義なき戦い」全5作をオールナイト上映 伊吹五郎さん舞台あいさつも”. 広島経済新聞. 株式会社クリア (2018年4月27日). 2018年5月15日閲覧。
  31. ^ 阿部純子、元世界王者にクロスカウンターをおねだり!? 映画『孤狼の血』報知映画賞・特選試写会 - TSUTAYA(2018年3月29日配信、2021年8月22日閲覧)
  32. ^ 映画プロデューサーVS現役大学生 やくざ映画『孤狼の血』ティーチイン!”. スポーツ女子の自分磨きを応援するWebマガジン「RanRun」 (2018年5月1日). 2018年6月2日閲覧。
  33. ^ 「孤狼の血」試写会で伊吹吾郎&阿部純子に1200人が大歓声”. スポーツ報知 (2018年5月2日). 2018年5月28日閲覧。
  34. ^ 日本のYAKUZAに外国人記者が愕然 映画『孤狼の血』外国特派員協会会見”. AbemaTIMES (2018年5月9日). 2021年10月12日閲覧。
  35. ^ 映画『孤狼の血』Blu-ray&DVD発売記念 広島バルト11にて一夜限りの特別上映会開催決定!”. 東映 (2018年10月19日). 2018年11月28日閲覧。
  36. ^ “役所広司、ベストセラー『孤狼の血』で主人公・大上役! 松坂桃李、真木よう子ら共演”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2017年4月3日). https://www.crank-in.net/news/49176/1 2018年5月5日閲覧。 
  37. ^ 役所広司×白石和彌「孤狼の血」ポスター到着、キーアイテムのジッポーも”. 映画ナタリー (2017年9月9日). 2018年5月12日閲覧。
  38. ^ 警察じゃけえ、何をしてもええんじゃ!白石和彌監督作「孤狼の血」特報が解禁”. 映画ナタリー (2017年10月5日). 2018年5月12日閲覧。
  39. ^ 白石和彌「孤狼の血」新特報、役所広司が「わしゃ悪魔にも魂売り渡す男じゃ」”. 映画ナタリー (2017年10月13日). 2018年5月12日閲覧。
  40. ^ 『孤狼の血』関係者向け試写で白石監督トークショーに役所広司、松坂桃李のコメントも。公開を期待せずにはいられない!”. シネマズby松竹 (2017年11月18日). 2018年5月15日閲覧。
  41. ^ 正義とはなんじゃ?役所広司が刃物で極道脅す、白石和彌監督「孤狼の血」本予告”. 映画ナタリー (2017年2月28日). 2018年5月12日閲覧。
  42. ^ 「孤狼の血」ビジュアル本発売、役所広司&松坂桃李の1万字インタビュー収録”. 映画ナタリー (2018年3月28日). 2018年5月12日閲覧。
  43. ^ 千鳥ノブTwitter(2018年5月7日)”. 千鳥ノブTwitter (2018年5月7日). 2018年5月15日閲覧。
  44. ^ 映画 孤狼の血 公式Twitter. 東映(2018年10月10日). 2018年11月28日閲覧。
  45. ^ 松坂桃李、ボロぞうきんにされながらも…二人三脚のマネージャーに感謝”. 映画.com (2018年11月17日). 2018年12月14日閲覧。
  46. ^ 第28回映画祭TAMA CINEMA FORUM 第10回TAMA映画賞”. 第28回映画祭TAMA CINEMA FORUM. 2018年11月28日閲覧。
  47. ^ 【報知映画賞】「孤狼の血」の白石和彌監督、作品賞邦画受賞に「率直にビックリ」”. スポーツ報知 (2018年11月28日). 2018-2018-11-28閲覧。
  48. ^ 【報知映画賞】主演男優賞は最多タイ4度目受賞の役所広司「希林さんと一緒」”. スポーツ報知. 2018年11月28日閲覧。
  49. ^ 報知映画賞で『孤狼の血』が作品賞&主演男優賞に、特別賞は「カメ止め」”. 映画ナタリー (2018年11月28日). 2018年11月28日閲覧。
  50. ^ ヨコハマ映画祭で「寝ても覚めても」が6冠、新人賞に唐田えりか、吉沢亮、木竜麻生”. ナターシャ (2018年12月1日). 2018年12月1日閲覧。
  51. ^ 第40回ヨコハマ映画祭 2018年日本映画個人賞”. ヨコハマ映画祭. 2018年12月1日閲覧。
  52. ^ 白石和弥監督が監督賞「これから第2幕」/映画大賞”. 日刊スポーツ新聞社 (2018年12月4日). 2018年12月4日閲覧。
  53. ^ 第42回日本アカデミー賞、「万引き家族」「孤狼の血」「北の桜守」が最多12部門で優秀賞”. エイガドットコム (2019年1月15日). 2019年1月15日閲覧。
  54. ^ 第42回 日本アカデミー賞 優秀賞決定”. 日本アカデミー賞協会 (2019年1月15日). 2019年1月15日閲覧。
  55. ^ a b c d e 速報! 第42回 日本アカデミー賞 最優秀賞 受賞作品・受賞者 決定(2019.3.1)”. 日本アカデミー賞公式サイト (2019年3月1日). 2019年3月2日閲覧。
  56. ^ 白石和彌監督が58年ぶりの快挙 2年連続監督賞受賞…ブルーリボン賞”. スポーツ報知 (2019年1月21日). 2019年1月22日閲覧。
  57. ^ 【東スポ映画大賞】「万引き家族」のリリー・フランキー主演男優賞、主演女優賞は安藤サクラ”. 東スポWeb (2019年1月30日). 2019年2月1日閲覧。
  58. ^ 「孤狼の血」、おおさかシネマフェスティバルで5冠”. SANSPO.COM (2019年2月1日). 2019年2月1日閲覧。
  59. ^ 松坂桃李が助演男優賞、安藤サクラ夫婦は心許せる友”. 日刊スポーツ (2019年2月10日). 2019年2月10日閲覧。
  60. ^ 松坂桃李、映画賞トロフィーに7年分の重み 柄本・安藤夫婦への憧れも”. マイナビニュース (2019年2月10日). 2019年2月10日閲覧。
  61. ^ 第13回アジア・フィルム・アワードで「万引き家族」6部門ノミネート”. 映画ナタリー (2019年1月11日). 2019年1月15日閲覧。
  62. ^ “役所広司、“アジア版アカデミー賞”でダブル受賞!英語&中国語でスピーチ”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2019年3月18日). https://eiga.com/news/20190318/8/ 2019年3月18日閲覧。 
  63. ^ 「孤狼の血」ソフトが11月発売、役所広司と松坂桃李のインタビュー収録”. 映画ナタリー (2018年8月11日). 2018年11月3日閲覧。
  64. ^ 映画『孤狼の血』Blu-ray&DVD発売決定!”. 東映 (2018年8月8日). 2018年11月3日閲覧。
  65. ^ “「孤狼の血」続編製作決定! 役所広司「第1作を遥かに超えるいい作品を期待しています」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年5月25日). https://eiga.com/news/20180525/6/ 2020年7月13日閲覧。 
  66. ^ 「孤狼の血」続編製作決定、「凶犬の眼」がベースに”. 映画ナタリー (2018年5月25日). 2018年5月28日閲覧。
  67. ^ 映画『孤狼の血』 続編製作決定!!”. 東映 (2018年5月25日). 2018年5月28日閲覧。
  68. ^ 孤狼の血 LEVEL2 - 映画.com(2021年8月22日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]